WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

うちの息子は世界一

POTEは小梨で、

おまけに先頃、子宮卵巣全摘、リンパ節郭清までしてしまったので、

完全に「母」にならない人生を生きているわけで、

妊娠も出産も子育ても経験していない立場で、母なるものにモノ申すには些か不適格とは存じますが、


地元デイの利用者さんで うちの婆さまと仲良くしてくださってるヤマグチ(仮名)さんという方が居られるんですが、

この方は息子さん(独身・50代)が世話しておられてて、

デイの手荷物支度も、送迎の送り出しと受け取り(笑)もその息子さんがしてくださって、

ヤマグチさん「うちの息子は愛想がなくて、職員さんに挨拶もしないし、『お願いします』の一言もなくて、恥ずかしくて嫌になっちゃう」

という愚痴を聞き、

婆さま「その点、うちのじゃっくちゃんは遅出や土曜休みの時は必ず玄関に顔を出して挨拶するからいいわよねえ」
と自慢顔。





… そぉ?(と思っただけで、実際には言ってません 笑)


同居して、
食事の世話して(お惣菜買ってくるという内容らしい)、
デイの支度して、
送り出しも受け入れもしてくれる(無職じゃないのでフルタイムじゃないようだけど、デイの日は遅出早帰りにしてもらってると推察)
不器用で、口数少ない息子さんの評価が低くて、
(無い物ねだりっつーか、親の引き目だよね)

送迎車までの介助とバッグ・専用座布団(褥瘡予防のジェルクッション)を座席に積むのは職員と運転手さんの役目で、
検温数値や体調報告、発車時の手を振る係はヨメの仕事(長男のヨメなんだから当然てやつ 笑)で、
身支度から荷造り、時間の配分まで一切合切ヨメに丸投げして、送迎で職員が玄関内に来た時だけリビングから出てきて、愛想よく「お願いします」と一言かけて、また引っ込む 息子の評価が異様に高いって


ど う よ 。


故爺さまも生前、義姉上や甥君の持参する洋菓子やプレゼントを絶賛してたけどねー。
親心ってそんなもんなのかなー。

義姉上と一緒に普段食べないチーズケーキ美味しい美味しいって食べるもんだから、好み変わったのかと思って翌日のおやつに残りの分出したら、ちょっと口に入れたら吐き出さんばかりの渋面で「何だ、これ。こんなもんは口に合わない」とか騒いで皿押し返してきて、
これが娘マジックか と実感したもんす(苦笑)



ヤマグチさんの息子さんは凄く立派な方だと思います。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

息子じゃなくて嫁じゃない? 

只今ブラック中なので失礼します

いや!そこ!その誉める所は嫁でしょ!
術後も在宅介護して、なんだかんだと
やって来て御客様扱いの娘の接待だってこなして
口だけ星人の人達の手足となって働く嫁を誉めなくて誰を誉めるんでしょうねー!

あーすみません!フラッグ立てちゃいました
  • posted by ツンデレ 
  • URL 
  • 2017.03/28 12:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ツンデレさま 

いやいやいや(笑)
大正生まれの御方にとって、ヨメなんか「褒めるに能わぬ」存在ですから。
娘や息子がしてくれたことは実子フィルターでBGM入りの照明効果ありですけどねー。
うぷぷぷ。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2017.03/29 08:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

男なんてねえ 

そういうのを世間ではええかっこしいといいます
男性介護者の人って心配になるくらい献身的な人と口先だけの人に大きく分かれるみたいです
知り合いの母上が要介護になり、夫である父上が在宅介護するというので、いろいろ用具を揃えたんですが、ポータブルトイレを使わず失敗が多いので不思議に思い、使いたくないのかと聞いたそうです
すると、使用後のバケツを父上が気持ち悪がって処理してくれないんだそうで、体が不自由な母上が自分で片付けていた事が判明
ケアマネさんと相談して今はヘルパーさんに入ってもらってるとか
それでも父上は自分は手厚く介護しているという自負があるんだそうですよ
  • posted by 花見酒 
  • URL 
  • 2017.03/30 11:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

>花見酒さま 

男女で適性が分かれるとは限りませんが、成果主義(結果主義)の人には行き詰まり易いかもしれません。
また、男性は女性と違って会社(勤務関係)以外での交友関係を膨らませるのが不得手で、それにより情報弱者に陥りがちです。
不幸な孤立でいたましい事例も幾つもありました。
そういう不幸が一つでも無くなり、苦労の無い介護はあり得ないけれど、それでもいつか卒業できた後に支えてくれた人に感謝し、自分で自分を褒められる介護である事を願うばかりです。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2017.03/30 21:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード