2017. 03. 18  
じゃっくさんが早出で出勤、

婆さまが9:00迎えでデイに出発した後、

菩提寺に走り(徒歩3分)、墓石をスポンジで擦り洗いし、花立の容器の底に淀んだ汚れを洗い、
(法要直前だとお参りの人で混雑するし、スポンジや水桶、蛇口(1個)が奪い合いになる 笑)

商店街の花屋で買った仏花を備え、お線香を焚き、

寺の事務所にて彼岸法要で依頼しておいた塔婆代金を支払い、

法要後、塔婆を立て、

今度はチャリでソラマチ(スカイツリーショッピングモール チャリで20分)に走り、

和菓子と煎餅買って、

馴染みのイタリアンに、4種類の野菜メインオードブルを注文、翌日の昼前に引き取る約束で、

これでお彼岸法要と翌日の来客に備えた準備半分完了。
(後はペット茶とか寿司とか唐揚げ屋で唐揚げとか、近所のスーパーや商店街で済むもの)


したら、ですねー。

婆さまの夕飯の最中、よめ子ちゃんから確認のメール(「お婆ちゃん、体調如何ですか?」って、ホンによう気がつく子で)頂いて、

返信メール送ってた



ら、


婆さま「義姉子は何時に来るって言ってるの?」









 は い ?


…えーと、義姉上からは何のご連絡も申し入れも頂いてませんので、

今回おいでになるのは甥君一家だけだとワタクシ解釈しておりますが。



婆さま「そんな訳ないでしょう。お彼岸なのよ、お彼岸に親の墓参りにも来ないなんて、そんな筈ないでしょう」

はあ、しかし、メールくれてるのはよめ子ちゃんだけで、義姉上からは何の連絡もないんですよ。
(お正月宴会の後だってよめ子ちゃんからはお礼と労いのメール来たけど、あの方からは無しのつぶてだよン)

婆さま「だから、それはあの子が今、電話恐怖症になっちゃってるからなのよ。甥君からうちに来るって義姉子には言ってる筈だから、じゃあ一緒に行ってお墓参りしようってことになってる筈だよ」

まじすか?
来るなら来るで構いませんが、そんな何の連絡もなしでいきなり当日皆さんで登場するんですか。

でも、来ないんじゃないかなー。
つか、この流れで「義姉子一家が来る」って解釈ができる婆さまが凄いですわ。

婆さま「滅多に会えないんだから、お彼岸くらい来るわよ、絶対」

…滅多に、ですか。元旦からふた月での訪問が「滅多に」なんですか。


でもこれ以上、「来る」「来ない」で押し問答してると、せっかくのひ孫王子来訪前に大喧嘩に発展しそうだったので、てけとーにあしらってTVに集中するフリでやり過ごしましたけど。


本当に義姉上逹が来たら、凄いネタ降臨だけどな。


じゃっくさんが帰宅してから、婆さまが甥君たちだけじゃなく義姉上一家も来るって信じてて困っちゃったって訴えたら、

じゃっく「別に否定しなくていいんじゃない。来たらいいね〜って言っておけば」

…は あ ?

だって、99%来ないのに、そんな気を持たせるようなことしたら、婆さまの中で「来る」確定しちゃうよ。
そしたら、来なかった時の落胆と失望をどーすんのよ。
つか、そのとばっちりがワタシに飛んできたらどーすんだよっっ!!
(アンタが何か余計なこと言ったからあの子が来れなくなった とかさー)
(当たらずとも遠からじなのは認めますが)
(面と向かって「来るな」と言ったことはただの一回もありませんし、おいでになった時はちゃんとおもてなししてるつもりですが)
(不信心で不心得で悪党な同居介護ヨメですが、お礼言われてもあんたのせいだと責められる覚えはありませんから)


…義姉上、来るのかな…来ないよね…

違う意味でドキドキしてきたわ。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝
NEXT Entry
たのひい一日でふた…
NEW Topics
結果は己に返ってくる
火中の栗は掃除トングで
YellCard
術後半年
距離事情
Comment
おばあちゃんの気持ち
わかるけど
義姉さんは来なくていいです
まさかと思うけど
ホントに来たらタダじゃおかない
ひ孫ちゃんが頻繁に来るのだって正直ムカついてるのに
時代は変わった
どこまでも欲望に忠実なワガママおばあちゃん。
お嫁さんは使用人じゃないのに。
その尻馬に乗ってる図々しい子供と孫。
POTEさんから見限られないといいですね。
嫁は使用人じゃないし
婆様ぶっとんでますわ(じゃっくさんもちと嫁への心配り最近少くないですか?)
そりゃ会いたい気持ちも有るのは判るけれどPOTEさんの気持ちとか体調への配慮無さすぎ
あぁ世の姑とはこんな人って典型的ですよね(それなのに私は嫁に気を使ってる良い姑よって感じがひしひしと感じられるのはちとキツイ)
本当に無理なら無理をしないでください
なんて外野が言ってもそれは出来ないPOTEさんですから
甥嫁さんが空気を読んでなるべく早くお帰り頂く事を祈るばかりです
本当に
無理だけはしないでください
いや、しそうだな…
No title
小姑の訪問を喜ぶ嫁なんかいませんよ。
お小遣いたーくさん、お土産たーくさんならまだ我慢できますけど。
自宅療養中の人の家に一家全員引き連れて食い専するようなら、「来るなー!」「とっとと帰れー!」と念じるのは普通のことです。
でも面と向かってそうは言えませんね。
せっかくの三連休なのにお疲れさまです。
おばあちゃんはお嫁さんでお姑さんの世話してたこともあるようなのに、嫁の味方はしてくれないんですね。
残念です。
No title
う~ん!(汗)
幸せなおばあ様ですね
我が家の婆さんは2人の娘(義姉と義妹)
全く来てくれませんでした(涙)

POTEさん休み休みですよ
って動いちゃうんですよね
ご自愛ください
No title
聞くなら「義姉子は来るのかな?」でしょうがっ
ほんでもって 来ると言われたら お返事は
「あれ買って来い これ買ってこい」 じゃなく
「いつもいつも 迷惑かけてごめんね」 でしょうがっ

百歩譲って 娘に会いたい気持ちは汲んでも
来なかったら 嫁のせいって どの口が言うんやっ!!

よめ子ちゃんはとってもいい子だと思うけど
一緒に育ってきた訳でもない 婆さんに会っても
本気で楽しいとは思えないから 
(私10代20代の頃は 自分のばあちゃん以外の年寄りと
 食事するの イヤだったもん)
POTEさん セーブして歓迎して 早く帰らせてあげてね
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9に95才で逝去 要介護4の車椅子)
子供なし
生来のずぼら・てけとー・スーダラ人間オニヨメにつき、こまめなレスや相互訪問を求められましても、お応えできぬ場合がしばしばございます。
基本きまぐれ更新、きまぐれコメレスの大雑把。
ここはそうゆうところなのね…と生温ーく受け入れて下さる方歓迎。

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード