ミュシャ展

実は6(月)から婆さま、ショート中です。

前回が2/20(月)〜24(金)だったので、隔週ペースになってしまいましたが、勿論ワタシがどこぞへ弾丸狙ってその週指定したとかではなく、

あくまで施設からの回答です。
(希望は3月下旬つーたのに)
(新卒新入学等々で皆さまからの要望が年末年始並みだったようで)
(特にこれといって明確な予定や事情が無い我が家は抽選に敗れたと)

で、まあ、相変わらず痛む腹抱えて(別に始終のたうちまわってるわけでは無いんですが)(今朝は久々にのたうちまわって、10時頃ようやく治まったけど、本気で救急車呼ぶか考えた)ぐでたまってたワタクシですが、

一昨日3/8(水)から六本木の国立新美術館で、ミュシャ展が開催されてまして、
IMG_0313.png

母国チェコ以外の国で、超大作「スラブ叙事詩」20点が一挙に公開される世のは界初。

しかも、それを特集した番組(某公共放送)が3/15(水)に放送されるとかで、真っ先に脳裏に浮かんだのは上野のあの若冲騒動(笑)
(あの時は結局、待ち時間の異常さに諦めて行けんかったわ)
(真夏の猛暑下で待ち時間300分ておかしいやろ、それ)

で、気付いたのが開催当日夕方ということもあり、前売り券は買えなかったので、
(チケット屋にはまだあるかもしれませんが、そっちに回る時間の余裕がなかった)

近所コンビニで当日券買って、昨日9(木)朝イチで行ってまいりました。

美術館チケット売り場に並ぶことなく、黄門さまの印籠の如く、当日券を提示しつつ美術館内に入り、

2F展示室前の、入場待ち行列(4列横隊で100人くらい居たよ)の最後尾に着くことが出来た。

会場は10時だったけど、列がどんどん長くなって隣の書道展入口を塞ぐくらいになった時点で、5分くらい前倒しで開場。

スラブ叙事詩についてはこちらの方が詳しく解説なさってます → 

中の混雑はこんな感じ。
空いているとは言い難いですが、さりとて身動きでき無いほどの芋洗いでもなく、ま平日の午前中ですから、土日はもうちょっと混雑するかも。
C6coptoU8AUx1ce.png
とにかくメインの作品が6M×8Mとゆー特大サイズなので、離れていても充分鑑賞できますし、逆に近づきすぎると全体像がわかり難い。
(その分、限界まで接近して描かれている人物の表情や仕草を見る楽しさもあります)
(習作やデッサン、ミュシャがデザインした硬貨や紙幣といった小ぶりの展示もあります)

スラブ民族 チェコという国はヨーロッパの大国に囲まれた地理にある為、幾度となく戦火に見舞われた人々ですが、
その怒りと悲しみと虚しさにあってなお、人として「あるべき誇りと持ち続けなければならない志」を訴えかけている(とワタシは感じました)
ペトル ヘルチツキー   ― 悪をもって悪に報いるな ― 
は一見地味な作品ですが傑作です。

ミュシャ好きな方もミュシャをご存じない方も、会期は6/5(月)までですので、東京六本木にお出かけの際には是非お立ち寄りください。

美術展には珍しく、撮影可能なエリアもありますので、カメラをお忘れなく。
ただーし!
全作品が撮影可ではありませんのでご注意を。
IMG_0309.jpg
話半分だけ聞きかじって全作品撮影して良いと勘違いしてるらしく「スラブ叙事詩」に向かって感動しながらスマホでパシャパシャやってるおっさんが居たよ。
派手なシャッター音響かせてるからバレバレで周りの人からガン見されてんのに本人だけが全然分かっていなくて、結構混雑してた分警備員や学芸員さんがすぐ制止に来れなくて、

そのうちおっさん、ワタシに(邪魔だからそこどいて頂戴)みたいな手の動きなさったもんですから、ここは撮影不可で、撮影して良いのは別の展示室でございますわよ、おほほ に近い言い回しで進言させていただきましたわ。

そーいえば、昔友人が「POTEちゃんてこの画家さん好きなんだよね」とお土産にアートマグネットくださったことがあったんですが、

Yちゃん、これ
220px-The_Kiss_-_Gustav_Klimt_-_Google_Cultural_Institute.jpg
クリムト だよね…(せっかくのお土産だったのでありがたく頂戴しましたけど)

そうそう、展示会場はそれほど混んでませんでしたけど、

物販コーナーはどこのバーゲン開場かはたまたコミケでしたっけ?というくらい大混雑でした。
図録だけお求めの方はB1の売店でも購入できます。
一筆箋やクリアブックを購入される方はかなりの気合と忍耐が必要になるかと思われます。
(ワタシは買うの諦めて退散しました)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

  • ツンデレ
  • URL

大人気の様ですね
遥か昔にミシャは拝観させて頂きました
まだ肩パットの入ったジャケットにワンレン、真っ赤なルージュを引いていた若い若い頃に
図録もその時は買いました
あの女優を描いたポスターとは違うスラブの一連の作品見たいですー
姪が春コミに行くから着いていって私も上野をブラブラしようかしら(と言ったんですけど仕事が入りました)
羨ましいー羨ましいー
でもまだまだ寒さもぶり返します
無茶だけはしないでくださいね

  • ぱぱらぱあ
  • URL
ミュシャはともかく

>今朝は久々にのたうちまわって、10時頃ようやく治まったけど、本気で救急車呼ぶか考えた
…って、さらっと書かれてらっしゃいますが、
え?のたうつような激痛?救急車?
いつもがまん強いPOTEさんですが、大事になってませんか?
病後なんですから、安易に考えず不調な時はちゃんと病院に言ってください。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback