2017. 03. 11  
銀座SONYビル。

その日、海は大地を飲み込んだ。
5階以上の安全な高さに避難できなかった人たちをもろともに。
母なる海、実り豊かな海、ひねもすのたりな穏やかな海はあの日、全く別の異形の災厄に変貌した。
IMG_0298.png

広告の赤いラインは津波の実際の高さだと。
SONYビルの4階天井の高さです。
yahoo311.jpg
クリックすると拡大します。

もし、あの大地震が東京で起こり、銀座に津波が押し寄せたなら、
逃げ惑う大勢の人達でごった返す中、足の悪い人や小さい子供を連れた人が、果たしてこの高さまで上がることができるでしょうか。


あれから6年。
もう6年、
まだ6年。

被災された人たちが少しでも心穏やかに明るく前向きに生きておられますように。

被災して、
それまでの生活が根こそぎ奪われて、
要介護の家族や乳幼児を抱えて避難所生活を送って、トイレも食事の配給も日用品もオムツも行列して受け取っておられた方のご苦労の足元にも及ばないながら、

東京下町の片隅で、ダンナは当夜帰宅できず、一晩中旋回してた防災ヘリ、服のまま眠った夜、
その後の当番停電も、がら空きスーパーも、米やパン、トイレットペーパーが買えなくて何軒もスーパーを回った不安を押し殺しながら過ごしていたあの日を思うと、

ちょっとだけ自分を褒めたい気持ち。
(当時は爺さまも健在で)
(車椅子の年寄り二人抱えて一人踏ん張ってた2011、まだ春遠い頃)
(交通網大混乱で爺さまのデイ施設は職員さんが半分も出社できず、独居の方以外は休みになったんだっけ)


今年もyahooで「3.11」と検索すると、10円の募金ができます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝
NEXT Entry
死闘11回
NEW Topics
更に傾聴
20分×2の傾聴
結果は己に返ってくる
火中の栗は掃除トングで
YellCard
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9に95才で逝去 要介護4の車椅子)
子供なし
生来のずぼら・てけとー・スーダラ人間オニヨメにつき、こまめなレスや相互訪問を求められましても、お応えできぬ場合がしばしばございます。
基本きまぐれ更新、きまぐれコメレスの大雑把。
ここはそうゆうところなのね…と生温ーく受け入れて下さる方歓迎。

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード