2017. 02. 07  
「“原発避難いじめ”をなくせ」(時論公論)

残念な事件である。

もとより、いじめという行為は卑怯卑劣にして許しがたい暴力であるが、

悲しいかな、人を人たらしめているのは無意識のうちに相手を見定め、組み易しと判断するや全力を注ぎマウンティングしかける凶暴性と、

序列を定めることによって集合体を調停する智恵の両刃を巧みに使い分ける特性にあるといえる。

強いものはより強く権勢を振るい、弱いものはより虐げられ底辺に甘んじ、

独裁・軍国主義・王政を経て、民主主義が生まれてきたのだが、

国際政治のニュースを紐解くまでもなく、ごく身近にですら自分より弱く、抵抗できない相手を標的にした暴力(直接・間接)は枚挙にいとまがなく、

連日、虐待、いじめによる自殺、ハラスメントの事件が報道されるも、おそらくはこれらは氷山の一角に過ぎず、実際にはより多くの事件が多発しているであろうことは想像に難くない。

にしても、

福島からの避難生徒に対し、「放射能が伝染る」だの「(汚いから)さわるな」「近付くな」というあからさまな仲間はずれのやり方はあまりにも聞きなれた古くからのいじめの常套句ではあるのだけれど、非常に凶暴な刃であり、その刃に切り裂かれた心は何10年経っても決して癒されることはない。
(しかし、切りつけた側にとってはあくまで面白半分の行為に過ぎず、相手がどれだけ傷つき打ちのめされたかまでは微塵も気づかないし、それゆえ反省もありえない。相手に悪いことをした自覚すらないのだから)

気の毒なのは被害生徒自身も「避難者だから仕方ないと思っていた」と話していることで、

本来なら受ける必要もない理不尽な避難を強いられ、挙句ようやく県外に住居を得られたと思ったら、非道にして残酷な「原発避難いじめ」に遭い、それすら「福島から来たのだから仕方がない」と本人が諦め忍従するしかないという現実は、


断じてあってはならないことだと思います。



福島にボコボコ建てられた原発は福島の人が使う為じゃないんですよ。


東京や関東の他県が不夜城よろしく活動し、より便利で暮らしやすい都市が作られ、4,000万を超える7都県の人口の快適な住環境を支える膨大な電力を生み出す為に、福島に原発が作られた。

しかし、この電力の恩恵を受ける7都県に福島は入っていない。

だから、ワタシは(個人的にはそんな莫大に使ってたわけじゃありませんが)、24時間眠らない大東京に住む者として、ワタシたちのせいで福島に原発が建ち、あの震災によって原発周辺の人たちがいきなり生活を奪われ、避難民となってしまったことに土下座して謝罪したい気持ちをずっと抱えてきた。

ワタシ達のせいで、という言い方は烏滸がましいかもしれない。

しかし、東京が変わりなく機能する為に、そこに働き住まうワタシ達の生活を守る為に、福島の人たちは住み慣れた故郷に帰れなくなった。

自分と全く無関係の人たちが原発事故で避難してきたけど、しょうがないから受け入れてやろうなどと、間違ってもそんな上から目線で考えてはいけないのだ。


福島からの避難者だから酷いことを言われても仕方がない と被害者が諦めてしまうような、そんな悲しい、絶望に満ちた言葉を言わせてしまう、時代錯誤な偏見や誤解、無知が一刻も早く解消されることを切に願う。

「避難とは、住民に生活を根こそぎ捨てさせることだ」
 シン・ゴジラ 里見祐介 - 内閣総理大臣臨時代理

p1_3_s1.jpg
世界に誇れる美しい東京の夜景。
この電力がどこからどういう設備で生み出されているのか、みなさんご存知ですか。

打ち出の小槌振ったり、魔法の杖振って「パパラパア!」って呪文唱えれば電気がつくわけじゃないんんですよ。

自分たちの街に幾つも原発が建てられ、それでも東京の人たちがそれで助かるならと受け入れてくれていたのに、事故が発生し、土地も家も日常の一切を奪われ、避難民となったら無知な誤解と偏見から迫害に近い被害を受けている人や子供たちが大勢いるというのは

恩を仇で返す って奴ですわ。

綺麗な夜景やプロジェクションマッピングを楽しみながら、その後でもいいから、ワタシたちはこれだけの光の洪水がどこから生まれているのか、ちょっとだけ考える必要もあるのではないだろうか。
(いや、別にせっかくのデートや家族のイベントの幸せな思い出に無粋に乱入して福島を忘れるなー!とかプラカード持って騒ぐつもりはないんですけどね)


更に、被災者は着の身着のままの避難となり、家族が分かれて生活したり、ローンを払い続けながら避難先の新居の家賃を払わなければならないといった経済的負担にも苦しんでいるのに、

被災者は多額の賠償金を受け取っている 等という、己の升で相手を図るような誤解と偏見から、大人の無責任な放言を真に受けた子供が「金をもらっているんだろう」と被害生徒に集り、

福島から来たことを伏せていれば、「バラされたくなければ金を払え」と巻き上げたという、


立派な強迫行為を犯していながら、合計150万もの大金を巻き上げられ、被害生徒の両親が学校にいじめ(恐喝です!)を訴えたところ、

本件は被害生徒が自分から払っていたので、いじめには当たらないと回答した とゆー。









バカなの?


これ、高校生とか大学生じゃないんですよ(いや、その場合でも大いに問題ありだけど)。

小学2年生で転入してきて、3、4年で学校を休みがちになって、両親が気付いて学校に訴えたのが5年生。

小学生が3年間、合計金額150万ものお金を集られ続けてきたのに、「自発的なおごりはいじめに当たらない」って…


10円だって、相手の弱みに付け込んだり暴力で取り上げたら、恐喝であり強奪です。

相手も同い年の未来ある青少年だから、「こんなこと」で将来に傷をつけてはならないと?


「こんなこと」って、犯罪行為が「こんなこと」なの?


何の責任もない、たった7歳の子供がにいきなり生まれ育った町から追い立てられて、

よその土地で新しい生活を始めようとしたら、脅されて金巻き上げられて、

(恐らくは)担任も頼りにならず、親には心配かけたくなくて、

自分の貯金から払い続けて、それも尽きると親のお金にまで手を出して、それで両親の知るところとなった訳で。

本当に、そこに至るまでに誰かどうにかできなかったのか、クラスの他の子は、担任は、恐喝加害者側の親は何してたんだとやり場のない怒りでいっぱいですし、

そこまでやってしまった被害少年にももっと早くこんな目に遭っていると言って欲しかった気持ちもありますが、
今は彼が絶望の果てに最悪の結末を選ばなかったというだけでも良かったと思いたい。
(震災でたくさんの人が亡くなったから、どれだけいじめられても絶対生き抜いていこうと思ったそうです)

そして、傷つけられ、裏切られ、失望し、誰も信じられなくなったとしても、

いつかは信じるに足る誰かと出会い、

この世界を諦めてしまうには早過ぎる、卑怯で卑劣で愚劣なのも人間だけれども、優しく温かく尊敬し語り合い学び合うことのできるのもまた人間なのだと知ってほしいと切に願う。


「なぜ誰にも相談しなかったのか」三秋縋氏tweet



第三者委員会の報告書が、学校と教育委員会の対応に「教育の放棄に等しい」と厳しく非難したという報道はせめてもの大人の良心だと感じた。
(横浜市長も教育委員会の対応について謝罪してたね)

恐喝加害者の子達は正直どう思ってたんだろう。

福島から来た奴は「バイ菌」だから何やってもいいんだって?
名前に「菌」つけて呼んで、金巻き上げて、その金でゲームで遊んで好きなもの買って、
楽しくて面白くて都合が良かったから、そのまま続けていた「だけ」?

これマズいんじゃないかとか、いつかバレたらどうしようとか、思わないのかな。

自分たちのやったことが卑怯で卑劣な犯罪行為だったって、いつか心から悔い改める時は来るんだろうか。



かつて、御巣鷹山に日航機が墜落し、500人以上の働き盛りのビジネスマンが命を落とされ、

その際も日航から補償金8,000万が支払われ、

一家の主人を失い悲嘆にくれる家族に対し、「(大金もらえたんだから)ダンナさん死んで良かったわね。うちの亭主も死んでくれないかしら」と言ってのけた人がいたというが、

悲しむ遺族を励まそう、笑わそうと思っての発言だとしたら、あまりにもズレまくりだし、
高額補償をやっかんでの発言だとしたら、無神経極まりない。

そりゃあ、中には死んでくれて大金もらえて良かったと思う人もいるかもしれないけど、8,000万要らないから夫を、父を返してくださいって思うのが普通でしょ。

(それでも、現実問題、稼ぎ頭を失った家族の今後の生活のためにお金は必要だし、一時の感情で受け取り拒否するよりは受領した方が良かったとは思います)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝
NEXT Entry
あの空に瞬くは
NEW Topics
結果は己に返ってくる
火中の栗は掃除トングで
YellCard
術後半年
距離事情
Comment
POTEさん ありがとう
実は私は福島県在住なのです。原発おひざ元の住人ではないので声高にいうのは避けてきました。

しかしながら、未だに原発避難者、特に子供に対して差別が存在する事実に憤りを感じていました。

どこかの大臣が、「避難解除区域が増えて福島県の復興もマラソンで言えば30キロ地点にきた。」
なんて事をほざかれたのです。

その場に居合わせた福島県知事が、「それは違います。」はっきり異議を唱えていましたが、その大臣は理解できたのか不明です。

そんな折にPOTE様の今回の投稿を読み、感謝と深い同意を示さずにはおれませんでした。

福島原発の発電は関東の人々の便利な生活維持のために存在していたのです。それを指摘していただきありがとうございました。

福島県出身者は結婚する時も差別されるかもしれません。。。
かなしいですね
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9に95才で逝去 要介護4の車椅子)
子供なし
生来のずぼら・てけとー・スーダラ人間オニヨメにつき、こまめなレスや相互訪問を求められましても、お応えできぬ場合がしばしばございます。
基本きまぐれ更新、きまぐれコメレスの大雑把。
ここはそうゆうところなのね…と生温ーく受け入れて下さる方歓迎。

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード