WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 松も取れまして

松も取れまして

学校はまだ冬休みのところもあるようですが、

ほぼ世間は通常モード再開。

そして、晦日も新年もカンケーねー!という境遇の同志同胞戦友の皆々様、
お疲れ様でございました。
(/TДT)/あうぅ・・・・

コンビニや元旦初売りのお店もあるので、
(昔は8日過ぎまで平気で商店って休んでたよねー)
(パン食べたくても10日にならないと入荷しないとかあったわー)
(ワタシ餅も嫌いだったし、そもそもクリスマスから正月にかけて毎年夫婦げんかしてる家だったんで、冬休みって地獄だった)
(自営の家って、公私の区別つけにくいから嫌だぜ)
(つか、家に帰ってまで揉めてるってところでもうそこが大人としてどうよ)
(未熟な親(大人)ってほんと子供に迷惑)
(婆様も国賓もお幸せな家庭の人だから、一生懸命私に話し振って、子供時代の思い出話させようとしますけど)
(メシマズになるようなエピしかありませんから)

買い物はともかく、

やはり在宅介護の身にキツイのは医療関係が年末休みに入ること。

要介護者はぴんぴん壮健なのに、介護者がエライコッチャだった方もおられたことと推察いたします。
夜間休日診療なんざ、アレ、体力のある人が行くトコだよね。

ともあれ、我が家もタイトでヘビーな正月が終わり、じゃっくさんは今日から出勤。
明日以降成人式撮影なのに、東京の天気が絶望的(8日9月は雨)で泣いてます。

婆様は「色々やり残した不満はあるけれど、みんなが来てくれたし、ご馳走も食べたし、こんなのんびりした良いお正月は初めてだった」だそうです。








ま、いっかー。(#^ω^)ピキピキ…


それでは今年もよろしくお願いいたします。
torieto.png


寝ます。

…と思ったら、今日うちの前の車道、舗装仕上げ工事で、

古いアスファルト剥がしてやってるから、すげー振動と騒音ですた…
(婆様帰って来るまでやってたよ 泣)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

編集
失礼ながら、認の入られた方は本人の都合の良いある時期で時間が止まり、延々と繰り返されますのでいつも初めてなんですよね。(私の実両親は認知症です)
・・まあ、そんなに喜んで頂けたのなら、大変な思いをなさった甲斐もあったというものですが。
しかし。
孫のいるいい歳した大人が、未だに実家で上げ膳据え膳の宴会を何の疑問も感じずに当然の様に続けるって、やっぱりおかしいですよ。
しかもそれがどういう労力と犠牲の下に成立しているのか、一度も考えてみた事も想像してみた事もないということですよね。(←一緒に黙ってついて来るそのご主人と息子もどうかと思いますけど。嫁は立場上逆らえないでしょうから。)
まして今回は、ほんの2か月少し前に大手術を受けた方に、むしろ休ませてあげるべき方に、それを強いているのですよ。(そのご主人達、手術のことをまさかご存じないとか・・ないですよね?)
非常識+想像力のなさ+ずうずうしさ。
↑のような人達には、はっきり言わないと絶対に伝わらないと思います。
POTEさん。
じゃっくさんの当日やその後の対応について書かれていないのが心配です。
どうかご自分を追い詰めないで、吐き出してくださいね。ブログに綴るのが憚られるのでしたら、日記か、または紙に書いて破って捨ててもいいんです。
溜め込むのは身体に毒ですよ。
2017年01月08日(Sun) 22:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL