在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

真の強さとは

「人生に勝敗なんてないし、どっちがいいとか悪いとか、
そんな判定みたいなことなんてどうでもいいんだ。
大切なこと、それは引きずらないことだ。
乾杯すればそれで仲良し。
やったことはすぐ忘れる。
それが大事。
人間なんて、そんなものだ」
byタモリ



強さとは相手を完膚なきまで叩きのめすことではなく、
不遇であっても諦めず、
裏切られても自暴自棄にならず、
倒れても倒れてもまた立ち上がること。

人生は思うより遥かに短い。

不平不満を漏らすなとは言わないが、
そのことだけに終始し、来る日も来る日もそのことに縛られすぎては勿体無い。

ワタシ以上に怒り、嘆き、応援してくださった皆様の熱い声がワタシを支え、冷静さを取り戻させ、
今年の元旦宴会を無事遂行させてくださいました。

ありがとうございました。



それでは黒記事をお楽しみにねっっ!!
(少し休んだ後になると思いますが)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

コメント

あけましておめでとうございます。
今日はゆっくりされていますか。
本当にお疲れ様でした。
POTEさん、お年玉たくさんもらいましたか。
病身のお嫁さんにここまで労働させておいて、まさか義姉さんからお年玉も何もないなんてことありませんよね、ね?、ね!?
うちも身内の訪問には毎回苦労してますが、POTEさんのところのおばあさまや義姉さんのやり方ほどではないです。
淡々と書いてらっしゃいますが、ぞっとするくらい酷い扱いです。
知っている人で、義理家に気の毒なくらいないがしろにされてた奥さんは家族が外食に行った晩、一人で家を出て行かれましたよ。
皆で「当然だよねー」「良かったねー」「幸せになれるといいねー」って陰で話したものです。
だって、よく働くいい奥さんだったのに、誰が見ても女中扱いだったから。
POTEさんにとってじゃっくさんは大切な人かもしれませんが、だからといって姑さんや義理姉までがこんなに世話してもらって、それを当たり前と思ってるのが読んでいてとても辛いです。
自覚がない。e-451e-451e-451
そういうことなんですかー。
だったら反省なんかするわけないわ。
せめてPOTEさんの苦労分が倍返しで義姉に行けばいいのに。

お疲れ様でした。
今日は全部旦那さんに動いてもらって、こたつにみかんでのんびりまったりお昼寝して疲れをとってください。

大変なお正月でしたね。
病後なのに無理してこんなによくしてくれるお嫁さんなのに。
どうして誰も感謝して大事にしてくれないのでしょう。
家族だから当然だなんて詭弁です。
私なら耐えられません。
爆発して、離婚届叩きつけて、そのまま出て行きます。

どうぞ、お大事に。
タモさんの言うことも
POTEさんの頑張りも
立派ですけど
義理家には天罰が下ればいいと願ってしまう私がいます

お灸でもいいけど、ちょっとやそっとじゃ忘れないくらいキッツーイやつ熱望
昨日は愚痴話をコメしてしまった、さざ波の娘です。POTEさんの足元にも及ばない愚痴です。
少しゆっくりしたせいか、愚痴コメをしたせいか、今は落ち着きました。
甥夫婦の若さゆえの無神経、厚かましさ、そして私自身の加齢による体力の衰え、認知母の介護の疲れ…つい、少しだけでいいからいたわれよ、と甘い考えがよぎってしまうのです。
若くして未亡人になった義姉、幼くして父を亡くした甥達、私なりに大切にしてきたし、親達を大切にしてもらい感謝もしています。でも、でもです、状況が変わったのです。解ってほしいのです。
またまた、愚痴が止まらなくなってしまいそうです。(苦笑)
私も国賓御一同様に天罰を下すに一票を投じます。というか、POTEさんに何かご褒美をと思います。
一番のご褒美は休養ですね。とにかく、ゆっくりして下さい🍀
以前、美輪明宏氏と江原氏が

介護に感謝を求めちゃならぬ

と発言された事がございます

美輪明宏氏は某誌の連載でも数々の名言を残されておりますが


人間関係において当然な物はございません
互いを労り思いやる
それなしにはあり得ない訳です
世の姑さんの中には嫁は無給の女中、姑に仕えて当然等と仰有ってる時代錯誤な⚪ン⚪ンタンな方が
昔の家系制度で守られた長男の嫁ならいざ知らず
あんたは他人だと言い切る姑に身も心も捧げて仕える理由なんて無い訳です
まぁ梨園やら、特殊な家業の家ならば百歩譲って家のしきたり云々もあるでしょうが

一般サラリーマンの家庭において義親を介護しているのは嫁の崇高なる精神の元にボランティアとして行われるのです

それを勘違いしちゃあいけないし、蔑ろにするのは今の法律の下ではおかしいんです

私は姑と舅を介護したのは嫁を家族としてちゃんと育んでくれた姑への恩返しから
それでも姑はありがとうの一言を決して忘れなかった
だから耐えられた
姑との約束で舅の介護もギリ自宅介護もした
それは当然じゃないし、私を女中扱いしなかった姑への感謝の現れ

感謝も労りも無い関係なんて(口だけの労りも含む)
主従関係じゃないんだから!いい加減世の旦那達は気付いて欲しい
ねぇじゃっくさん!結局は旦那次第なんだぞ!
あけまして おめでとうございます
  & 何とか終わって おめでとうございます

お世辞でも「一緒に行こうよ かには食べる人がむけばいいから」
と 言えんものか!!  と歯噛みしています
(行ったら行ったで お腹に力の入らない嫁に
 「上手だから」とか言って 車椅子押させそうだけど(怒))

私も客(といっても私より後輩)が手伝おうとすると
「いいのよ あの子は料理が好きなんだから」と
座敷の真ん中で母が言ってましたのぉ ...( = =) トオイメ

体力と財力と精神力に限界を感じ
罵倒されながらも 正月放棄宣言をしてからは
「家にいるなら ちょっと行くわ」 怖さに(笑)
正月はずっと 家を留守にしていますが 
よる年波に旅も大変
このまま 〇病の四国遍路のように 死ぬまで廻るのか…とも(涙)

正月そうそう 自分のグチをすみません<(_ _)>

月並みな事しか言えないけど 休んで下さい
「どうしたんでしょう 今年は ひどく疲れてしまって…」
位のイヤミは(響かなくても)言ってからね 

  
ふと思ったのですが?ばあ様が亡くなっても?
その生活は続くのでしょうか?まさかね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
またまた古いエピ掘り起こしてすいません。
法要の席で、一人だけの出席って返事しておきながら当日夫婦で来た人いましたよね。
それで、POTEさんの分のお弁当が提供されたと記憶してます。
あれ、親戚ってボカした書き方でしたけど、あれも義姉さんだったんじゃないんですか。
その後、お詫びとか食べた分の支払いあったんですか。まさか食い逃げ?
POTEさんのご実家の母上がお塔婆立ててくださったのに、それも「これ誰、知らなーい」な言い方でしたよね。
あれも、「ふーん」とかでお礼もなかったんじゃないですか。

一つ一つは些細なことですけど、お嫁さんとそのご実家がしてくれてることに対して、これほど無礼な対応もないと思います。
私も忘れられない義姉さん語録があります。
「オムツ以外ならなんでもやります」と、
おばあさまとPOTEさんがぶつかり合うことがあった時「私が二人の架け橋になるから」のくだり。
無責任なズレっぷりに噴きました。
あなたがやるのは架け橋じゃなくて介護義務の方でしょ。
POTEさんはよその家の娘さんなのに。
どうして小姑って手伝いやお見舞いと称して息抜きに来るんでしょうね。
まだ社会人になったばかりの独身者でもあるまいし。
一家どころか独立した甥っ子まで家族引き連れてくるなんて。
おばあさまの教育の結果なんでしょうけど、他の方も書いておられますが、子供の顔見せれば喜ぶだろうなんて浅はかすぎます。
本当にお疲れ様でした。
まずはゆっくり休養なさってください。ブログ更新は気になさらずに(笑)

why meではなくtry meの心意気なんですね。
ほんとにPOTEさんっていう方は(涙) 
参りました。ほんとに頭が下がります。
・・・じゃっくさんにも是非下げて頂きたいですが。
(義母様と国賓一家には期待しません。無理なんで)

もしかしたら、今回中止してそれで最後になった場合(ゴニョゴニョ)に色々言われる事をお考えになってとか・・まあ、あらゆる事をお二人で熟考された上での開催だったのかもしれませんが。
そもそも外野が人様のお正月恒例行事(←納得いかないけど)に口出すのも間違いですが。

それでもやはり、じゃっくさんにはPOTEさんへの「感謝と労いのお言葉+α」を是非宜しくお願い致します。
・・あ、当然ですよね。余計な事申しました。大変失礼いたしました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/1704-9e74cd0f
<< 業務連絡 | TOP | 終 わ り ま し た … >>