WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

術後3日目・2・サプライズ

塩素の臭いが気にならなくなる程度に乾燥し始めた頃、じゃっくさん登場。

↓なボディバッグ背負って
bodybag.jpg
両手は手ぶらだったので、頼んだリハパン持って来なかったのかと思ったら、

得意そうな面持ちで、ボディバッグ下ろして、

ぱっつんぱっつんになったバッグから、小さく丸めたリハパンLLサイズが

1つ、2つ、3つ…と出てきて、
( (´゚ω゚):;*.':;ブッ おまいは鳩出すマジシャンか!)

全部で6枚、目の前に積まれた時は、



笑い死ぬかと思った。
・゚・(ノ∀`)σ・゚・=o(*≧□≦)o
アヒャヒャヒャヒャ〜〜アダダダ〜〜〜

(可笑しいのと痛いのとで忙しい)

POTE「何で?3~4枚って言ったよね」

じゃっく「だって、足りないとお前が困るかと思って、一生懸命詰めてきた」

還暦男がリハパン丸めて、6枚ボディバッグに詰めてる図想像して、また笑いが止まらず傷が痛い。
(ひいひい)
(まだ笑うのも咳き込むのもくしゃみも痛くて出来なかった)

あんまり笑いすぎて同室のみなさんにご迷惑だろうと、メモ帳に「デイルーム」と書いて、移動する。


普段は出産待ちのご家族に占領されることが多いデイルームだが、この時はワタシ達だけで誰もいなかったので、

給湯器のお湯でドリップパックの珈琲を淹れ、紙コップのコーヒータイムと洒落込んで、あれこれ喋っていたところ、

「ああ、良かった、お会い出来て」と何方か手を振りながらデイルームに入って来た。

ワタクシ、実はど近眼でして、今回、常用してるコンタクトレンズは持参せず、術後は専らメガネ使用でしたが、

この時はじゃっくさんと一緒だったので、油断してメガネもかけておらず、
mimai.png
↑な感じにしか世界が見えていなかったので、

誰?ワタシに?どなた?と戸惑ってたら、

かなり近づいて頂いて、

「ナカノです(仮名)」と名乗って頂いて初めて気づいた。

ガン友の
ナカノさん!!




もーね、吃驚しました。
そして大変失礼いたしました。

親しくさせていただくきっかけになった某会員限定の掲示板には、予めワタシが入院手術することを書き込んでおいたんですが、

事情があって、その掲示板はワタシが書き込んだ2~3日後に閉鎖になってしまったので、

掲示板主催の方にはお見舞いの言葉をいただきましたが、書き込んでまもなくの閉鎖だったし、もしかしたらどなたも気づいていないかもしれないと思っていたから。

POTE「どうして?どうして?」
ナカノ「掲示板見ましたよ、POTEさん、お疲れ様。大変だった。よく頑張った、頑張った」

と優しく肩を抱かれ、ぽんぽんしていただき、

その瞬間、張り詰めていたものが一気に砕け散ったように、

じゃっくさんそっちのけで、

ワタクシ、
涙腺決壊で
ナカノさんに抱きついて号泣。
。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。
うぇぇ~~~~~ん


ナカノさんはS県にお住まいの方ですが、

都内に用事があって、その前にわざわざワタシのお見舞いに立ち寄ってくださいました。

その翌日には、同じくガン友のアカマさん(仮名)も面会に来てくださり、
(色々、お願い事を快く引き受けてくださりありがとうございました)
夜にはM県のガン友のカズさん(仮名)からメール。
(ああもう、何年ぶりでしょう)

他にも、今回の手術については婆さまの介護関係以外はそんなにおおっぴらに周囲に知らせていませんが、
急に音信不通になっては皆さん心配なさるだろうと、極々何人かの介護ともには予めワタクシの方から先にお知らせしてありましたので、そちらの方々からもお見舞いメール等頂きました。

ありがとうございます。
ありがとうございます。


持つべきものは
ガン友&介護友

と心に刻んだ嬉しい嬉しいサプライズでした。

いつもですけれど、本当に慰められ、励まされました。
ありがとうございました。



>12/18 12:28拍手からコメ下さったYさま
続きでお返事させていただいてます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝




>12/18 12:28拍手からコメ下さったYさま

家族の病気であるということも辛く苦しいことと推察いたします。
ワタシの忘備録がどの程度お役に立つか、甚だ疑わしい、ただのおばさん日記ですが、参考になれば嬉しいです。
どうぞお大事になさってください。
ワタシもおかげさまで、ブログを通じての皆さまや家族以外の人達から、それはもう優しく心配していただいております。
ありがたいことです。
(家族は宴会さえ引き受けてくれれば、後はゆっくり休んでいいから だそうです 笑)
(でも、そのゆっくりってせいぜい2~3時間の休憩で、食事の支度や風呂の準備はやってくれってことですから)
(嫁なんだか使用人なんだかわからなくなってきましたわ)

コメントありがとうございました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード