WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP子宮体ガン記録 ≫ 術後3日目・1・赤認定

術後3日目・1・赤認定

10/10(月祝)術後3日目にして、朝食後、トイレで待望のBenあり。いーい感じのが2本(ビロウな話題でごめんあそばせ)。

キョウヅカさん同行で、歩行器なしで病棟内を一周。
(緊張したし、息も切れがちだったけど、ここで歩行器延長されてなるものかと、必死に平静な素振りでガンガン歩いて見せましたわよ)

で、目出度く歩行器卒業の通達げと。(T^T)ヒュルルル...

その日の昼食からルンルン気分で配膳車の行列に並び、自分の食事を受け取る。

で、ですねー。

ふと気づいたら、
病室入口の患者名プレートが↓こーなってまして、

name.png

Σ(|||▽||| )あり?

通常は、同室のお二方のように、氏名前の□マークが黄色で、

退院間近になると、□マークが緑色になるんですが、


…?


重篤の患者さんの場合と、
高齢で徘徊とか麻酔の無意識下で点滴抜いちゃうとかの、
指示入らない問題行動の患者さんの時も赤マークがつくみたいで…

やっぱり後者だよなー。
ナースコール無視と、歩行器置き忘れで、この時点では相当な要注意患者認定だったみたいです。
(これじゃあワタシってば、まんま、自分も役に立とうとして手ェ出して失敗して「よけいなことすなー!!」って介護者に怒られてる要介護者じゃないかー)
ヾ(_ _。)ハンセイ…

教訓、病棟での行動がバレないなんて幻想を持ってはいけません。
看護師さんたちの監督監視体制って半端ないすよ。
(つか、おまいはもうちょっとご迷惑にならないよう大人しくしとれ)


術後下着として持参したリハパンの2枚目を履いたが、まだドレーン跡や縫合跡から体液?が滲出するので、
じゃっくさんに今日面会に来てくれるなら、リハパン持って来てくれるようメールで依頼。

じゃっく『階段下の物入れ見た。これサイズでかいけどいいのか?』
POTE『まだ腹帯巻いてて、その上から履くからそれでいいの。3~4枚あれば足りると思うんでよろしく』
じゃっく『了解』

その日はシャワーはパスし、
(昨日シャワー使って、まだそんなに汗もかいてないし)
熱いタオルだけもらえればいいですってお願いしたら、別の看護師さんがビニールに4~5本持ってきてくれたので、
ベッド縁に腰掛けて、首回りや背中、腕をざっと拭いたんですけどね。

足も拭こうと思ったら、

持ち上がらない。
(・_・o)あり?

重いというより、腹筋が全然力入らなくて膝が動かない。上がらない。

寝ようとして、ベッドの上に両足を持ち上げるのはできるんですよ。

それはできるので、横臥起床は問題ないんですが、靴下履く時みたいな、軽く足を持ち上げるという行為ができないことに驚き。

まあ、これもおいおい腹筋を鍛えて戻していけばできるようになるんでしょうけれど。


しょうがないから、ベッドの縁じゃなくて上に座って、足や指の間ぐりぐり拭いておしまいにしました。

で、しばらくしたら、妙に周囲が塩素臭い。


? ? ?

何が塩素臭いんだろうと、あちこち嗅ぎまわって、自分だと気づく。
Σ(`・д・ノ)ノ


…看護師さんが持ってきてくれたホットタオル…

改めて匂いを嗅ぐと、強烈な塩素臭がする…

これ、濯ぎ抜かしてませんかー?
(〃 ̄ω ̄)σ

綺麗に消毒してあるんでしょうけれど、確かに所々絞りすぎて擦り切れてるようなタオルもありましたし、う〜ん。

お陰で暫く自分がテーブルになったような気分だった。
( ´△`)イヤン





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL