WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP子宮体ガン記録 ≫ 入院当日・4

入院当日・4

病室に戻ったワタシはまたもすっかり遅くなった夕食を食べ、
(確か魚の粕漬けとおひたし、豚汁だったような)
(これからお腹の中すっからかんにしないといけない割には案外普通の米食だった)
(最後の晩餐だなーなんて思いもちょっとだけ)

これから浣腸も控えているし、だけど脱水にならないよう水分補給しておく必要があるのと、

術後は幾ら何でも動けないだろうから、手元に飲水確保しておかないと辛いだろうと、ネットで得た情報に従い、自販機でスポーツドリンクやペット茶を何本か買っておく。

昼番のシゲちゃんに代わり、夜番のサクラさん(仮名)が挨拶に来てくれ、

買ってきたスポドリを見て、手術の絶飲前に飲んでいいドリンクとダメなドリンクがあるとかで、

病院から飲んでいいドリンク「清澄水」2本(術前患者に配布される飲水)と、セーフなドリンクとアウトなドリンクの一覧を持ってきてくれた。


それによると、爽健美茶、ヘルシア緑茶、烏龍茶は◯
普通の十六茶は◯だが、十六茶Wは食物繊維が入っているので×

リプトンリモーネのストレートティーは◯だが、ミルク入りは×

ポカリスエットは◯だが、DAKARAはアミノ酸が配合されているので×

コーラは◯だが、ペプシスペシャル(特定保健用食品)は食物繊維入りなので×

CCレモン、キレートレモンは◯だが、オロナミンCはアミノ酸入りなので× とまあ、

銘柄別ではないので、正直
わかりにくい。(=n=;)ムムゥ



結局、買ってきたドリンクと表を照らし合わせ、これ大丈夫こっちダメと選り分けるしかない。

幸い、ワタシが自販機で買ってきた爽健美◯とソルティラ◯チはどちらもセーフだったので良かった。
(飲水成分に注意しなきゃいけないのは術前だけで、術後は何飲もうと自由なんですけどね)
(もっとも、術後は飲む元気があるかが問題)

そして、20時に浣腸。

以前は看護師さんとトイレに行って、そこで壁に手をついて、パジャマズボン下着ごと下げて、お尻出した格好でヤられたんですけど、

今は病室でやるそうです。Σ(゚∀゚ノ)ノ

で、カーテン締め切って、看護師さんの方にお尻を向けて、パジャマズボン下げてベッドに横になって、

ヤられました。(///ω///)ボッ


サクラさん「10分くらい我慢して、それからトイレに行ってください」

ふえ〜い、ありがとうございまひた〜〜〜。

と返事したものの、3分も保たず、トイレ目指して小走り。

このトイレがねー、ワタシの病室から離れてるんだよ。
o><)oモォォォォ〜ッ!!

中央にスタッフルームがあって、囲むようにドーナツ状に病室があって、半分が周産、半分が婦人科疾病なんだけど、

ワタシの病室は婦人科病室4人部屋の一番端で、トイレが一番奥のほぼドンつき。

他の病室5部屋通過してトイレに到着って、結構距離ある。

21時消灯なんですけど、この後、腸がグルグル言いっぱなしで、常夜灯の明かり頼りに10回くらいトイレ往復。

最後はもうブツは出なくて水様状だったけど、それでもなかなかお腹が落ち着かなくて、

痛いわけじゃないんだけど、ベッドに戻ってはトイレに走るの繰り返し。
(ウォシュレットって神だわ (*´∀人)ありがとうございます♪)
(ペーパーで拭いてると、最後は擦れて痛くなるってネットで聞いてたので、5回目以降はウォシュレット洗浄メインで、ペーパーは抑えるくらいにしておいた)

23時くらいまで延々往復してた。


いやーいい運動で、お陰で術前の不安で眠れない夜を過ごすことも、
明日にはもう、ワタシの身体から子宮がなくなっちゃうんだ…とガラにもなく、しんみりすることもなく、

お腹が落ち着くと、もー疲れて即、爆睡でした。
_ノフ○ グッタリ

長い1日だったわー…。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL