WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP子宮体ガン記録 ≫ 入院前日 主婦が家を空けるということ

入院前日 主婦が家を空けるということ

10/3月 地元行きつけの美容院でカットカラー(毎月染めないと白髪が凄いんだ)。

担当美容師Mくん「カットはどの程度切りましょう」

POTE「(ちょっと小声で)今週入院して手術なんで、坊主ってほどじゃないけどベリーショートで」

9月に来た時、かいつまんで事情は話しておいたので、直ぐに察してくれて、余計なことも言わず、「もうすぐ死んじゃうんだ かわいそー」光線も出さず(大笑 悪気はないんだろうけどガンって聞いて出す人大杉)、吉瀬美智子さんくらいのショートに仕上げてくれました。
(髪型ですよ、髪型)
(別にワタシが吉瀬さんになる訳じゃないすよ)
(どっちかっつーと、ハリセンボン、森三中、おかずクラブ、今くるよ路線だから)

術後いつぐらいに入浴(シャワー)できるか、聞いてなかったんだよなー。

これくらい短ければ2~3日身動きできなくとも、それほどぐちゃぐちゃになるまい。

ただ、動ける人は結構すぐにガンガン動けちゃうらしくて、

どの程度動けるかっつーと、

入院前の説明してくれた看護師さん「中には黙って外出しちゃって後から『表参道まで行って来たのー』なんて方がいたんですけど、そういう場合はドクターに諮って『外出許可』を取って頂かないと困るんです」

いやー、うちのじゃっくさんもTO大病院でしょっちゅう病室からほっつき歩いて(それでもいちおー院内敷地には居た)主任さんから怒られてたけど、無許可で御茶ノ水から表参道かえ?
(まー地下鉄千代田線一本で10分掛かんないけどさー)
(ツワモノー)


10/4火 開腹範囲はおへそ横から縦切りとのことで、入浴前におへその掃除と陰部剃毛。

クレンジングオイルを多めにへそ穴に垂らし、化粧コットンで軽く抑え5分放置。

オイルに馴染んで汚れが浮いてくるので、へそ周りはティッシュ、奥は綿棒で汚れを拭い、

剃毛はワタシレディスシェーバー持ってないので、気持ち短めにハサミで切って完了。
(入院後、担当看護師さんがおへそも陰部も確認して仕上げてくださいます)


10/5水 婆さま、18火までのステイ出発。

ようやく自分の荷造り。

留守を任せるじゃっくに注意事項書いて玄関内に貼る。
tyuuijikou.png
おかーちゃん、いないんだから忘れものしちゃダメだからね!!
(洗濯機の使い方も書いて貼っておいたけど、ちゃんと使えるのかすごく心配 汗)
(この家に来てから、ワタシが入院しても当時は婆さまが健在だったこともあって、じゃっくは自分で洗濯機使ったことがなかったという驚きの事実)
(うちの洗濯機は自分で洗濯量測って、自分で水の量決めるコだから、その水の量に合わせて洗剤投入するんだよ、基本、洗剤は少なめでいいからね とか)
(洗剤は洗濯槽に直接入れてもいいけど、柔軟剤は専用の投入ポケットに入れないと時間差投入にならないからダメだからね、って言ったけど意味通じてんのかな)

自分の荷造りしながら、
手術の不安とか、
病気のこととか より、家を留守にすることの方がずーっと心配でした。
(アタシって変?)
(でも、世の中の主婦の人ってそういうもんだよね)
(手術や病気のことは今更考えてもどうにもならんし)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL