WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

告白

梅ノ花大学病院(仮名)での入院手術を前提とした初診予約という大まかな予定が決まったとなれば、

流石に扶養者たるじゃっくさんにいつまで伏せておくわけにはいかず、

その夜、夕食が済み、食器を洗い、

じゃっくさんがいつもの王様の席でTV見てる横に座し、

POTE「おとーちゃん、大事な話があります」と切り出し、

ここ数ヶ月微量な不正出血が続いていたこと、
子宮筋腫のフォローアップで受診している地元**婦人科で細胞診検査を受け、悪性腫瘍の判定が出たこと、
梅ノ花大学病院(仮名)宛てに紹介状を書いてもらったので、来月初診し、CT、MRI検査で正確な状況をつかんだ後、おそらく切除手術になるだろうこと、
今回は開腹手術になるだろうし、10年前の乳ガン内視鏡手術のように術後4~5日で退院というわけにはいかないので、既にケアマネクラリッサ(仮名)に話を通し、10月前半の2週間ステイを抑えられるようお願いしてあること、
お婆ちゃんには梅ノ花(仮名)での検査が全部終わり、諸々確定するまで伏せておくつもりだということを話し、

POTE「ごめんね。またお金かかっちゃうけど」

じゃっく「いや、それはいい。それより、子宮ガンってことは、乳ガンからの再発ってことなのか」

それは違うと思う。
確実なことは手術で摘出した子宮を病理解剖で詳しく検査しないと分からないけれど、乳ガンの再発転移は肺と骨が主流だから、乳ガンから子宮っていうのは滅多に聞かない。

だから、これは単独のガン発生だと思う。
(そんなあっちもこっちもガンになる体質ってのも正直嫌なんだけど)
(でも、実父は肺ガンで死んだし、その上の代の人たちも父方母方みんなガンで死んでるからなー)

じゃっく「そうか。…わかった、まあ、しょうがないな。俺も心臓に弱点があったし(先天性の心房中隔欠損 2000に欠損部閉鎖手術するもずっと不整脈発作があり(頻脈による救急搬送2回)2014にカテーテルアブレーション治療で入院)、お前も前の手術からずっとセーフでいたけど、俺たちもそういう年代になってきたってことだろう」

もうこうなると、89の婆さまが一番健康上は良好かもしれないねえ(苦笑)

じゃっく「まあ、婆さんを預かってもらうところのアテがあるのが一番の救いだな。俺たちだけなら正直どうとでもなるし」

という感じで、夫婦の告知完了。

いやー、我が家の場合、淡々としたもんすよ。
(やっぱり2度目っていうのがなー)
(初めて乳ガンになったって告げた時の方がワタシもじゃっくも動揺と混乱があったもんさ)
(うちは子供も居ないし、50代と60代ってそういう意味でも、終活世代よね)

それにしても、

ワタシが告知を受け、
ケアマネのところに駆け込み、
大学病院に渡りをつけ、
亭主に告白するとゆー、

これ全部7/25の出来事でして、多彩な?アドレナリン出っ放しの、実にドラスティックな1日でございました。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

頑張ってとしか言えなくて 

先日の日記で微量の出血、と書かれておられたので
心配しておりました。
閉経後の出血は何事も不正ですよね。
60を過ぎれば誰しも何が起きても不思議はないですね。
私ももう遺言も書いて残してます。
遅くに親を送ると自分の人生は短いですが、それでもできるだけ
心静かに毎日を送りたいですね。
医学も相当進んでいると確信してます。どうぞ頑張って戻ってきてください、待ってます。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2016.11/24 08:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

>みかんさま 

ご無沙汰してます。お元気でしたか。
心静かとは到底かけ離れた生活を送っております。
どうもねー、平穏となる頃には瀕死にでもなってんじゃないかというくらい、無駄に騒がしい人生です。

子宮ガン記録は実況ではなく、3ヶ月遡っての忘備録で、ようやく7月が終わったところです。
今後怒涛の入院手術と術後退院の記事が控えてますが、以前より疲れやすくなってしまい亀更新の予想。
ともあれ、現在は治療完了し、今後は再発を警戒しつつ経過観察です。
早期発見早期治療。みかんさんもどうぞご自愛くださいね。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.11/24 10:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード