がさつ、ずぼら、ぐうたら たれ。

一生懸命頑張ることは素晴らしい。
更なる高みを目指し、粉骨砕身努力し、切磋琢磨する姿は気高く尊い。

だけど、忘れないで。

それは、成功した人が振り返った時、そこに至るまでの行程がそうだったというだけで、

不眠不休で命削って尽くした人の努力が全て実を結ぶとは限らないのだということを。


美談は麗しい。

しかし、美談を目指してはいけません。

結果的に美談であった という場合を除いては、美談とは押し付けられた苦行の取り繕いでしか無いのだから。

頑張るのはあくまで「心意気」。

限界を超えて強要される頑張りは、それはもう叱咤激励では無くハラスメント。

人生に本当に大切なのは、勝つ(成し遂げる)より
負け続ける(決して諦めないへこたれない潰れない)ことだということを。


忘れないで。

勝とうが負けようが、誰だって人生いずれ老いさらばえて弱って終わるだけ。
病気だっていつまでも無縁じゃいられない。
頑張った自分を褒めてあげられる、その境界をしっかり見極めて、生き甲斐のある人生を送らにゃ損損。


今話題のマンガ→
最初の登録画面は右上のバツをクリックして消してからご覧ください。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/05 (Sat) 15:50 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>11/05 15:50の内緒の方

仰られてる意味がよくわかりませんが(笑)、お役に立てたなら幸いです。
煮るなり焼くなりご自由に。

コメントありがとうございました。

2016/11/05 (Sat) 16:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply