WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP婆様 ≫ 善良なるが故に(泣笑)

善良なるが故に(泣笑)

術後2週間も経たずに在宅介護に復帰したわけですから、

まあ、無理なことをしている自覚もありますし、

要介護者本人も無理をさせている自覚はあるのだと思います。


ワタシが自分の身体のことだけ考え、じゃっくさんの帰宅(大体21時くらい)までのんびり養生できれば理想ですが、

入院手術で13泊ステイげと出来ただけでもう破格の協力体制だったので、

後はできることだけ細々とやっていけばと考えてました。

確かに、要介護者が在宅してるのとデイやステイで留守なのでは、精神的負担も格段に違いますが、


そこはそれ、爺さま存命中は地獄のようなワンオペダブル介護を切り抜けた経験上、

あの、トイレ通り過ぎてBen器の中で生活してたようなMAX期に比べれば、気持ちの余裕が全然違いますし、

常に有る痛みを生きてる証と実感しつつ、

ゆるゆるやっていこうと思っています…









が、




寝しなに言われる

婆さま「家事が辛かったら、私は別に三食食べなくったって構わないんだからね」










こういう、傷病ヨメに配慮してるアタシって遠慮深い優しい姑♪ と思っておられるのでしたら、


違 い ま す か ら 。




せいぜい、風邪引き込まず、元気で週3のデイに行ってくださればそれで充分です。

だからお願い、尿パッドのズレ防止テープ剥がして使いものにならなくするのはやめてください〜〜〜〜。
(何故だか、剥がすべきものだと思ったらしく)
(ベリベリになったパッド提示されて「綺麗に剥がれないんだけど」って)
(いや、これ、剥がすもんじゃありませんから)
(つか、剥がしちゃいけないものですからーーーー!!!)
(ライ◯リー ズレずに安心紙パンツ専用尿とりパッドなんで、剥離紙剥がすタイプじゃないくて、テープ部分がザラザラになってて、リハパン内側にフィット貼付するタイプ)
(区からの助成で一部負担で頂いているんですが、最初は別の、剥離紙剥がして装着するタイプだったんですけど、一箇所しか止めるテープが付いてなくて結局トイレの度にズレまくり、サイズも大きすぎるだの周囲のギャザー部分が当たって痛いだの散々文句言われましたので変更)
(ズレ防止テープについては説明しましたが、そこはそれ90の記憶力ですからそんな説明聞いてないと言われりゃそれまでよ)
(そもそも、未だにリハパン拒否で綿パンツにパッド当ててるからズレやすくしょっちゅう失敗してんのに)
(四の五の言ってないでリハパン履けや。それで解決する問題なんだから)

(そういや昔、爺さまの介護おむつ(テープ式 横漏れ防止の立体ギャザー構造)のギャザー部分全部引きちぎった前科あったわー)
(“ワタシの手間を減らそうと思って”先に剥がしておいたって言い分でしたけど)
(剥 が さ な い の !)
(これは緩いBenBenが外に漏れてこないように防いでくれる大事な堤防ですので、毟ったら ダメなんですー!!!)


善意が結果に結びつかない婚家の皆様ですが、筆頭原点ここにあり。

お願いですから、邪魔しないで、仕事増やさないで。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016年10月20日(Thu) 20:36
>10/20 Nさま
編集
はじめましてPOTEと申します。
そうなんですよ、「大したことないですよ」って言っちゃえばそれで済むことなんですけれど、やっぱり体力は相当落ちてますし、そうなると気持ちの余裕もなくなりがちで。
ヨメもいちおー人間ですし、全身麻酔に硬膜外麻酔で腹切ってますから、全然大丈夫とか有りえないでしょーが とか、それらを勘案して、それでも何とか婆さまをステイだけで帰宅できるように取り計らってんですから、余計なこと言ってイラつかせてほしくないんだけどなーというのがこちらの本音です。

次のショートは11月1週目。
楽しみです。

コメントありがとうございました。
2016年10月21日(Fri) 09:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL