WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

術後12日目

昨日、18火午後、婆さま13泊のステイから無事帰宅。

今日は地元デイに出かけて行きました。

ワタシは14金の退院後、15土16日じゃっくさんが連休だったので、


15土の朝一で婆さまのステイ先に面会に行き、無事退院をアピールし、
(やっぱり本体見せるのが一番 笑)

リハビリ兼ねて近所のイタリアンや回転寿司にランチ食べに行き、
(少し遠い店の時はじゃっくさんが車出してくれました)
(え?それ当たり前?)

17月は雨の中、血圧フォローの循環器内科の外来受診で週末退院したばかりの大学病院へ。
(入院中の受診に変更できないかって聞いたんですけど)
(退院後の受診に意味があるとかで、変更不可)
(入院中受診で済むものだったら最初からその日程で予約が入れられるので、頑張って外来に来てくださいだって)
(ふーん)

18火婆さま迎え入れ、

19水婆さまデイ送り出し 

で、


さすがに疲れて、今日は昼寝してました。


思うに、


世間の人って、親切だよね(笑)。

最初の頃は、やっぱり歩き方が前傾姿勢だったり、妙にのろのろよちよち歩いてるもんだから、

見る人はすぐわかるらしく、壁際に寄って通路を広く開けてくださったり、入り口のドア抑えて待っててくださったりして本当に助かりました。

え?

じゃっくさんは何してるかって?

そりゃー、遅いなーって顔して少し先行って待ってるんですよ、おほほほーーーーー!!!


幸い明日は何も予定がない日なので、婆さまと二人でのんびりゴロゴロして、
(退院したばかりはちょっと横になるのも起き上がるのも呻きながら大変でしたが、漸くゆっくりやれば横になれるようになりました)
(2階の階段も上り下りできますし)
(洗濯物干しもできます)

21金は午前に訪看さん、午後に往診内科、その後訪問歯科と予定が目白押し。

術後腹帯巻いて、ゆるゆるやってます。
(ま、そりゃ、痛いことは痛いですけどね)
(でも、ちょっと動いてすぐ休むより5~6分続けて歩いてた方がかえって楽になるんです)
(行きに比べて帰りの方が姿勢も良く、早く歩けるようになってるし)
(だから、重たいものはお届け便活用してますが、食パンやお惣菜くらいなら買い物にも行ってます)
(さすがに自転車は封印中)





>10/19 拍手からコメ下さったOさま
続きでお返事させていただいております。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

>10/19 拍手からコメ下さったOさま

うふふ(謎の微笑み)
特定の方に向けての場合もありますが、分かっていただけたら嬉しいな〜、感じていただけたらそれで充分だな〜な感じで書いたりもしてます。
そう、辛く切なく悲しい時もありましたよ。
でも、それもまた必要な試練だったり、反省材料だったかもしれません。
10年ぶりの大学病院の病棟は色々な患者さんがおられましたし、ご家族の悲喜こもごもの表情を垣間見る機会にも恵まれ、医療従事者の皆さんの戦いの日々にも感銘を受けました。

人生無駄なことは一つもない。
そして、女は心も身体も元気でなくっちゃね。

拍手からコメントありがとうございました。

Comment

日にち薬とは言うものの 

大きな手術だったんですものね。
一昔前だったら考えられない退院の早さです。
(母の退院時もその早さにびっくりしました。)
医学の進歩なんでしょうね。

とは言え
痛いもんは痛い。
動いた方が回復は早いそうですが
くれぐれもご無理されないようお大事に。

じゃっくさま
大事な大事な奥さまよ。

どうか
いたわって差し上げて~(´;ω;`)

  • posted by 山田あしゅら 
  • URL 
  • 2016.10/19 22:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

術後は癒着防止の為に歩かないとダメと言われますけど

痛い物は痛い!
痛みは我慢せずに痛いと訴えてください
いや、姉から聞きましたが当分痛いとの事
トイレ介助や、立ちあがりの介助等
身体に治からを入れるのはなるべく避けて(と言ってもじゃっくさんや国賓さんが代わりをやってくれる筈もないでしょうが)
御自愛ください
もう日日が薬です、無理だけは為さらないでくださいませ
  • posted by ツンデレ 
  • URL 
  • 2016.10/20 06:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

なんだかな~ 

ブログを読ませて貰ってますが・・・その範囲での感想なんですが私は無理だわ。
夫婦の絆?poteさんとじゃっくさんて大変仲が良いから出来るのだろうなと思ってます。
じゃっくさんや国賓さんのpoteさん手術決定後どうしてたのかな?今迄の雰囲気から
余り良い想像はしませんが(;´Д`A ```
  • posted by ひらめ 
  • URL 
  • 2016.10/20 08:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

>山田あしゅらさま 

「ボク、一人でお留守番できた!(えっへん)」で終わっているような感じですよ。
まあ、脚立乗らないと仕舞えないものはいつの間にか入れてくれてますし、相変わらず早出の仕事もありますし、そういう時は一人でバナナと青汁で済ませてますから。
ただ、入院中同室になった方のご主人は皆さん70代くらいの、もう現役引退されてる様子の方ばかりでしだが、毎日面会においでになって、新しい着替えを棚に入れたり伏せってる奥さんの身体の向き変えたり、足まくら差し込んだり、看護師にこれまでの経緯説明するの全部詳しく話されたり、他所ん家のダンナさんって皆さん、こんなに優しいのー?って目からうろこですた。

その姿に、太郎じじ様の花子ばあちゃんに対する想いに通じるものを感じずにはおれませんでしたよ。
あの世代って、口で言うほど亭主関白じゃないすねー。
優しいダンナさんでお幸せだなーってカーテン越しに思ってましただ。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.10/20 10:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ツンデレさま 

家事代行は難しいし、介護代行はもっとできないでしょうからねー(笑)。
まあ、「お前、◯◯共済に電話して入院給付金貰いな」って証書出してくれただけで上出来ですわ。
(早速自分で電話して、送られてきた書式に記入して返送しました)
(元乳ガン患者なのでガン保険や率の良い疾病保険には入れんかった)
(申し訳程度の共済保険)
(婆さま送ったら、今度こそ自分のための保険をと思ってましたのに、新しいの入る前にまたガン罹患しちまった)

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.10/20 10:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ひらめさま 

おっしゃる通り、世間一般的には「それで労ってることになるんですか?」ということになるとは思います。
まあ、親の尻だって一度も拭かなかった実子姉弟ですから。
邪魔しちゃいけないとか妙な理屈で遠慮なさってましたわよ。
うまい言い訳セリフですよね。
それでも、待望の孫誕生時には、嫁子ちゃんの両親が既に亡くなっているので鼻息荒く「アタシがやるしかないから!」と宣言して長男宅に泊まり込んだ時は親より孫だと気合が違うってかーと思いましたが、蓋開けたら結局殆ど猫と遊んでたっつー実績の方ですから。
(「やることなくって」っておっしゃるんですけどー)
(初子ですよ。産院から退院してきて直ぐって、24時間営業の筈じゃないんですか?)
(やることないなんてありますぅ?)
(やらなきゃと思ってるし、やる気もあるんだけど、じゃあやるのかっていうと結局やらない人なんですよねー)
だから、どうぞお構いなくってことになっちゃうんですよ。
全部手配済んでんのに「何か手伝うことあれば」って今更言われましても、もう遅いですわ。
余計なことされてイラつくくらいなら、ねえ。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.10/20 10:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード