かつて
「世界一になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃダメなんでしょうか?」と切って捨てた?必殺仕分け人が居られましたが、
そらー研究開発競争でしのぎを削ってる人たちにしてみれば、1番になることが何より大事で、それ以下の次点なんか十把一絡げだろーよ。


細胞が不要になったたんぱく質などを分解し、栄養源としてリサイクルする「オートファジー(自食作用)」という仕組みを明らかにしたことが評価され、
ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった東京工業大学の大隅良典栄誉教授に対し、

「先生の研究は何の役に立つんですか?」

という質問は 無粋ではありますまいか。


役に立つ研究だけが有益なんですか。

しかし、研究成果を基盤に、技術転用、産業化、製品化していくのは各分野各業界であって、
研究者本人ではないと思うのですが。

取材陣や質問している人は視聴者にわかりやすく説明するために、そういう質問の言葉を用いるんでしょうけれど、

…なんかちょっと違うよね…

以前、ips細胞研究の山中教授がノーベル賞メダル授与された折、

「(写真撮影用に)メダル噛んでください」って言ったカメラマンがいて、
「それはできません。大切なものですから」ってやんわりと断ってらしたけど、


マスコミって奴ぁよぉ〜




日本人がノーベル賞受賞する度に俄か支持者やらマスコミやらが研究者の先生や奥様追っかけ回してますけど、

いくらお祝いの気持ちを込めて取材してるって言っても、

そのバラエティー的切り口はどうなんでしょう。

前述の山中先生以外は結構ご高齢の方が多いので、対応でお疲れになってしまわれないかと心配です。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply