2016. 10. 04  
「頑張れ」という言葉が嫌いだ。

これ以上どう頑張れというのかと腹立たしくなるだけだから。

「頑張れ」という言葉が嫌いだ。

まだ頑張りが足りないと責められているような気がするから。

「頑張れ」という言葉が嫌いだ。

応援しているというポーズに隠れ、責任と実務を丸投げされているような気がするから。

「頑張れ」という言葉が嫌いだ。

もうこれ以上頑張れない、頑張ったところで残りの命も時間も増えやしないという人を前にした時、この言葉がいかに薄っぺらく無責任で卑怯な言葉かを思い知ってしまったから。

「頑張れ」という言葉が嫌いだ。

その言葉を使わずに、人に寄り添い、励まし、慰め、いたわることができる、そんな人間でありたいと思う。
(でも、実際には結構言ってます)
(どうもすんません)


つか、そーゆー殊勝な人間じゃないからなー。
得意なのは無神経に人傷つけるほうだし。
はい、自覚はあります。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
NEXT Entry
勘違
NEW Topics
更に傾聴
20分×2の傾聴
結果は己に返ってくる
火中の栗は掃除トングで
YellCard
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
もうすぐ、台風が来る北陸地方です

そうですね
精一杯頑張っていますよ
それと、介護の経験のない人に良く言われた事は『誰でも通る路なんだから!』って
えぇ~?
(あんた!私の苦労わかるの~?って感じ)

最近近所の80才近いおばさん、ご主人の介護が始まって
とても大変そうで「大丈夫?元気なさそうだよ?」って声かけたら
『あの時大変だね!って言ってたけどあなたの(私)大変が今分かった』って言われ涙ぐまれました
何もお役には立てないかもですが
年は若いですが介護の先輩、苦労話聞いてあげようと思っています
>10/5 鍵コメのTさま
頑張りますた!
これからも、頑張るのはワタシなのでてけとーにゆるゆるといきたい所存です。

コメントありがとうございました。
>10/5 農家の嫁さま
その立場になってみないとわからないことって、たーーーーーーくさんありますね。
だから安易に「頑張れ」とか「わかる」って言うのって、結構危険だと思うんですよ。
まあ、言ってる方はただ善意で言ってくださってるのに、いちいち重箱の隅突ついてひねくれるのも大人の対応としてどうかとも思いますし(笑)
謙虚と余裕って大事ですね。

コメントありがとうございました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9に95才で逝去 要介護4の車椅子)
子供なし
生来のずぼら・てけとー・スーダラ人間オニヨメにつき、こまめなレスや相互訪問を求められましても、お応えできぬ場合がしばしばございます。
基本きまぐれ更新、きまぐれコメレスの大雑把。
ここはそうゆうところなのね…と生温ーく受け入れて下さる方歓迎。

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード