WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

あなたがね

  1. 2016/09/22(木)
いよいよ最終章突入の朝ドラ「とと姉ちゃん」

先日はガンに侵された かか(母)に告知せず(昭和40年くらいって、家族は知ってても本人告知しなかったよね)、自宅療養を選択し、

ささやかだけど家族水入らずの和やかな夕飯の後、

告知されていなくても実は余命もそう長くはないと委細承知している かかが、

「あと何回、こうして皆とご飯が食べられるかしら…」と静かに呟き、

常子が殊更明るく「何を仰っているんですか、かか。そんなの数えてたらきりがありませんよ」と敢えて否定する、

死を間近にした母子の葛藤を滲ませる、涙腺ギリギリの名シーンでしたが、

そこに能天気に

婆さま「お母さん、ご飯食べたの忘れるくらいボケちゃったの?」の一言が。
(;・∀・)ハッ?






ひっそりと話すシーンだったので、よく聞こえなかったみたいなんですけどね。
(ニュースとかハッキリ話すセリフ以外最近ほとんど聞き取れていない)

感動シーンなのに、ボケシーンに認知されちゃうってさー。(ノ_-;)ハア…


耳は随分聞こえなくなりました。

東京下町は昨夜から雨で、今朝もかなり音を立てて本降りなんですが、

婆さま「雨の音も聞こえなくなったし、あとでお墓詣りに行けるかしら」
(; ̄Д ̄)なんじゃと?






土砂降りですっっ!!
( ̄ε=‥=з ̄) フンガー

(窓を閉めていても屋根にも地面にも叩きつける雨音がハッキリと)
(雨雲レーダーで見ると、赤と黄色の雨量ですがな)
(だけど、婆さまには聞こえないし、見えないんだなー)
(窓が濡れてるのはわかるけど、雨筋は見えてないらすい)
(明日は訪看と訪問歯科だし、土曜はデイだから、日曜に久しぶりに王子一家が来てくれるそうなので、お墓詣りはその日にでもね)
(お墓の掃除は月曜日に嫁が行って済ませてあります)

(国賓は王子の一升餅イベント以来音沙汰無し)
(だんだん話が通じなくなってきてますから、なるべく来てやってくださいって言ったら、「でも、いっつもそう言うけど、来てみると元気そうじゃない。ちょっと大袈裟なんじゃないの?」って言われた)
(だったら、息引き取るまで教えたらんわー!)
きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
  • 婆様 / コメント:4

  • <<まだ言うか | BLOG TOP | シン・ゴジラ : 語れども尽きぬ>>

    comment

    お疲れ様です

    1. 2016/09/22(木) 10:50:26 |
    2. URL |
    3. かたくり
    4. [ 編集 ]
    先日義母が亡くなり、10数年に及ぶ介護生活もようやく卒業となりました。

    義母は骨折以来施設にお世話になっておりましたが、その2年ほどの間に実子様が面会されたのは。。。。。
    5回です。

    7月、8月と体調がぐんと落ちて、施設での見取り体制に入りました、元気に反応できるうちに面会に行ってくださいと連絡しましたが、スルー。なんとか最期の立ち合いには間に合いましたが、ヨメの胸中はフクザツです。

    そしてそして、義祖母、義父、夫の葬儀後と同様に、七日ごとのお経あげには、いつもご夫婦でおいでになる。

    どうして「生きてるうちに」の面会は「忙しくて」行けなかった人が、「死んだ後には」夫婦揃ってやってきて、「ゆっくり」お茶やらお菓子やらいただいていけるのか、私にはさっぱり理解できません。

    他の皆様のところではどうなのでしょうか?

    >かたくりさま

    1. 2016/09/22(木) 13:23:44 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    まずは、長のお勤め誠にお疲れ様でした。
    義母さまのご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、無事介護生活からの卒業おめでとうございます

    >どうして「生きてるうちに」の面会は「忙しくて」行けなかった人が、
    >「死んだ後には」夫婦揃ってやってきて、
    >「ゆっくり」お茶やらお菓子やらいただいていけるのか、
    >私にはさっぱり理解できません。

    はいはいはいはいはいはい(いかん、首振り過ぎて目眩来た)。
    来ますよねー。
    今来るなら、生きてるうちに孝行してはー?とか、
    死んでから日参されても正直迷惑なだけー!とか。

    もー、その手の話は両手両足の指全部使うくらい知ってますー。
    そういう人に限って、葬儀で棺にすがって大泣きしたりしてね。
    キツい言い方かもしれませんが、うまいことばっくれた人達の後ろめたさというか、言い訳と保身にしか思えません。

    我々は生きている要介護者専属介護人ではありますが、仏様になってからは実子の皆さんで全部やっていただいて構いませんけどねえ。
    平然とやってきて、のんびりくっちゃべっていくって、恥知らずにもほどがありますわ〜。

    コメントありがとうございました。

    1. 2016/09/23(金) 14:33:15 |
    2. URL |
    3. 農家の嫁
    4. [ 編集 ]
    我が家は2人の実娘
    葬儀の後49日までお友達の香典返し取りに2回来ただけ
    新盆にもお出でになりませんでした
    (徒歩5分の義姉(もうすぐ70才なのよ)も)
    (不思議!としか言いようがない)
    家は嫁いだ娘夫婦と孫、他県に住んでいる息子夫婦が来るので
    きっと、多分、絶対・・・?
    遠慮なさったのでしょう・・・?
    (そんな訳ないわ~!)
    きっと天罰が・・・

    >農家の嫁さま

    1. 2016/09/23(金) 19:34:38 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    ああ〜、遠慮ねえ。
    都合のいい言葉ですよね。
    うちも遠慮深い方なんで、汚れ仕事や出費に絡むことには決して弟ヨメを差し置いて なんてことはありませんわ。おほほ〜〜〜。

    娘さまや息子さまたちと水入らずでお過ごし下さい。
    せっかく遠慮してくださったんですもの。ね。ぷぷぷ。

    コメントありがとうございました。

     管理者にだけ表示を許可する
     


    trackback