WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 雨に思う

雨に思う

地震は災害の中でも防ぎようのない天災ですが、

地震による建造物倒壊、避難経路寸断もさることながら、

地震による火災の恐ろしさは古くは関東大震災(地震発生時が丁度昼時で調理火を使用している時間帯だった 
この時の反省から「地震だ火を消せ」の標語は何年も遵守されるように)、

近年では阪神淡路大震災、東日本大震災でも改めて被害拡大に繋がるとして、避難時には電気ブレーカーを落として避難するようにと指導されておるようですが(地震による停電の後、通電した際ショートや転倒したままの暖房機からの出火が顕著)、

震度5以上の揺れの後、そこまで気が回る人がどれだけ居るかというとねえ…

そして、ここに来て今までとは明らかに違う台風対策の時代到来。

「50年に一度の豪雨」「避難準備情報」「命を守ることを最優先に」なんて文言が頻々に聞かれる事態が連発し、

水害による激甚災害指定も止まるところを知りません。

元々、当方の住まう東京下町は水害に見舞われることが多く、
IMG_0663_convert_20130510184705.jpg

強力な排水ポンプ施設が区内に幾つも設置され、大雨の度に稼働してくれていますが、
komatugawaponpu.png

何ぶん、地下水汲み上げによる地盤沈下が著しい当地は立派な堤防が守ってくれているとはいえ、川水面より地盤の方が低いという、万が一堤防決壊や想定以上の降雨量による河川氾濫、なんらかのトラブルによる排水ポンプ停止等々が起きれば、
+choi_convert_20130510191734.png

あっけなく水没が予想される恐怖の江東三角州。
高層マンションや3階建て戸建は上階避難という手もありますが、うち2階屋なんで下手すると満潮時屋根まで水没します。
IMG_0662_convert_20130510184608.jpg

ですから、有事の際は避難が間に合わなくて焼かれて死ぬか、溺れて死ぬか、人でなしの所業ですが例えばば様見捨てて一人遁走しても生き残るのは極めて厳しいとこっそり覚悟しております。
(川に囲まれてるから橋が落ちたらもう逃げ場なし)
(東京大空襲の時もそうだったらしいよ)

そうやって、過去繰り返し水害に見舞われて、江戸時代の頃から治水事業に鋭意努力してきた都市部ですら、昨今の想定外の気象に翻弄されっぱなしなんですから、

梅雨がない
夏でも涼しい
台風なんて滅多に来ない

と長年信じてきた北海道がいきなり強大台風の直撃受けて壊滅状態になったのも無理らしからぬことかと。

空知川も札内川、利別川、猿別川。
どこも悠々と流れる穏やかな自然のままの河川でしたから。

河川の氾濫、土砂崩れ、道路損壊等々地元の方にとっては悪夢のような事態でありましょう。

「北海道で水害?何かの間違いじゃないの?」
「国内最大の農耕地が全滅?まさか、そんなことが」

そんな虚しい自問自答がワタシの中でも返されています。

それでも、これは現実で、その苛酷で残酷な今日から、少しずつ明日と未来に向かって踏み出すしかありません。

報道が少なく(被害状況の統括が完了していないということもあるようですが、熊本地震の時と比べて明らかに扱いが少ない)(岩手の視察に来た政務官が長靴持ってなくて水たまり渡るのに地元の役所の人におんぶされたとかって話題は繰り返しやってるけどね)詳しい状況がわからないのは相変わらずですが、それでも状況は少しずつ変化してきているようです。

勤務医開業つれづれ日記・3(最新記事)→

岩手の龍泉洞もまだ水が引ききっていないとかで、→鍾乳洞内の被害については全容が掌握できていないということです。

備えあれば憂いはないけれど、それはコトが起きる前の杞憂を減らすことができると言う意味で、災害から逃れられるという訳じゃありません。

真の危機管理は有事にどれだけ被害を最小限に抑えられるか です。
今日の東京下町は朝から雨が降り続いています。

被災された方
復旧に奮闘されている方
皆様が1日も早く落ち着いて笑顔が取り戻せる日が来ますように。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

編集
相変わらずマスコミの偏重報道には飽きれておりますが
流通は過剰に反応しているのか西日本でも野菜が高騰しています
熊本や東北の震災では医療からも特別部隊が派遣されて出発するときにはニュースになったのに
今回は有りません

何故に?何かあるの?うーん
兎に角高くても有れば北海道産の野菜買ったり募金に協力しか手が無い

政治家が長靴忘れたとか二重国籍とか重箱の隅っこつつくよりすることがあるだろうにと本当に日本のマスコミの低能度に呆れます

伊勢神宮の遷宮では今回の遷宮は景気が上向きになる方の遷宮だと言われてまして
その分荒れるとは言われてます
まさか此処まで荒れるとは思いもしませんでしたが
ただの偶然であって欲しいと思います

雨の時は近くのマンション等が緊急避難場所になっていると聞きます
でも車椅子での避難なんてどうすれば良いのか、行政は考えてるんでしょうか
足腰立たない者は⚪んじまえって事ですか?黒くてすみませんでした
2016年09月13日(Tue) 12:12
>ツンデレさま
編集
景気は上向くが世は荒れる のですかー。
劇薬な分、効果は顕著だけれど副作用も決して小さくない みたいな、
景気も世情もどっちもと欲張ってはいけないのでしょうね。

病院受診ですら「気軽く言うなよー、天気見て、混雑状況見て、車椅子押して、トイレ気にしながら受診するのって凄ーーーーく大変なんだぞ」と思ってるのに、まかり間違って避難しろって言われても要介護3車椅子超高齢者連れてじゃそうそう気安く応じられませんわ。

その一方で、関空周辺や千葉ではしか患者が急増中とか。
こういう注意喚起の方が二重国籍や長靴不備より重要だと思うんですが。

コメントありがとうございました。
2016年09月13日(Tue) 15:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL