オーストラリアの鉄道会社Metro Trainsの事故防止啓発ムービーだそうです。

すごく可愛いキャラ達が可愛い音楽に乗って無残に死んでいきます。

「Dumb Ways to Die」(訳:おバカな死に方)
広告が入りますのでお手数ですが消してご視聴ください。

自己責任と言ってしまえばそれまでですが、事前に知っていれば命を落とさずに済んだかもしれない、防げたであろう過失の事例がこれだけあるということでしょう。
怖っ。

「ギャシュリークラムのちびっ子達」
アルファベットの名前順に幼い子供達が無残に命を落としていく、ただそれだけの救いようのないダークな絵本 を彷彿とさせますが、


少なくとも「Dumb Ways to Die」は安全の為に無自覚、無分別な行為は慎みましょうという明確な意図があるので、教育的と言えば言えるのか。

…でも、ちょっとシャレにならんわ。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply