WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 家族ボランティア・後編

家族ボランティア・後編

デイ夏祭りのゲームも終盤に差し掛かった頃、

ケータイに続けてコールとメールがあり、

一段落してフロアの隅っこで発信人を確認すると

今朝、6泊の出張に出かけて行ったじゃっくさんから。


嫌な予感を抱きつつ、cメールの本文を開くと、

「カメラ三脚忘れた」

なんですとー!?
Σ(゚Д゚;マジデ!?


アンタ、以前も長期出張で夜逃げみたいな着替え大荷物積んで、自家用車で出発したら、肝心の撮影機材バッグ忘れてったことあったよね。
(その時は途中で気づいて会社に立ち寄ることができたので、社に居合わせた人から有り合わせの機材借りて事なきを得た)

カレー作りやフォークダンスのような活動描写の撮影は手持ちカメラで充分だけど、

専属撮影者が随行するという事は集合写真を複数撮影し、それを購入して頂くという事情があるので、

手ぶれや整列調整の為にもカメラ三脚はなくてはならない必需品です。


今、デイの夏祭りのボランティア中だからゲームが全部終了するまで動けない旨と、どうしたいか尋ねたら、
(まさか、明日婆様がショートに行った後、持って来てくれなんて言われたらどうしようと一瞬本気で思った)

「明日の午前着で宿泊施設にクロネコで送ってほしい」
(だよね)
(それが一番早くて確実)


で、ホントは午後のスイカ割りや盆踊りも参加予定だったけど、婆様にも事情説明して、

縁日料理一皿だけ頂いて、500円払って帰宅。

2階の部屋に残されてたカメラ三脚をビニールで梱包し、クロネコ営業所へチャリでダッシュ。

無事、翌日午前中配送出来るという事で、しかも更に丈夫そうなプチプチシートで包んで頂き、配送料は872円。
(*´∀人)ありがたやありがたや♪

翌朝、婆様のショート送り出し準備しながら、ずっと配送状況チェックしてたんだけど、

8時過ぎに配達中となって、婆様が10時30分に出発して、結局、荷物受け取ったとじゃっくさんからメールきたのが11時30分だった。

まあ、現地も台風接近でハイキングができず、今日はカレー作りだそうだから仕事には支障なかった模様。

それにしても、大丈夫か、うちのじゃっく。
ボケるのはまだ早いぞー。
ヽ(`Д´)ノ

いつまでもワタシがフォローできるわけじゃないんだから、しっかりしてくれ。
o><)oモォォォォ〜ッ!!

そんなわけで、婆様もじゃっくさんも不在 だけど台風接近してるので、
船橋のららぽーとでMX4D(椅子が振動したり水しぶきが飛んでくる奴)のシン・ゴジラ見てきました。

前回は普通の映画館でじゃっくさんと夫婦50割で見たんですけど、今回も超絶面白かったですー。
「はたらくくるま」って いいよね!!
帰りの電車で、沿線の工事現場のポンプ作業者車見て、思わずウルウルしそうになったわ。

ネタバレ感想はまた改めて。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL