WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ お盆もてなし

お盆もてなし

よそ様のブログ拝見してますと、他にも7月お盆のお宅があったようで、

いやー、皆様綺麗に飾られて、丁寧にお迎えなさってて、

ホント凄いと思いました。

ワタクシのような不心得で不信心な俗物が言うのもどうかと思いますが、

きっと皆様のご先祖様達は喜ばれておられることでしょう。
だって、こんなに大切に迎えてくれる家族がいるなんて、とてもお幸せなことですから。

我が家の場合は、
迎え盆にはお茶(ぐい飲み複数)に、茹でトウモロコシ、煮物、浅漬け。
2016bon713.png

お中日のお昼はそうめん。
2016bon714.png

送り盆の朝は、「仏様たちがお施餓鬼に出かける」ので、そのお弁当に小さいおにぎりを用意したそうですが、
今は菓子パンで。
(ずんだアンパンやトトロメロンパン)

そして、夕刻、アロマキャンドルの灯を掲げ、玄関扉を開け、ご先祖様達にお帰り頂き、
今年のお盆終了。

(その後、捧げ物を下げ)
(精霊棚を片付け)
(盆提灯を分解し)
(今年も無事お盆が終わりました)
(この後は18祝・月に菩提寺にてお施餓鬼法要)
(完全終了まではあともうちょい)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

編集
お盆飾をアップされてらっしゃる他のblogも巡って来ました

何よりは御先祖様を敬う気持ちが表れた飾でした

大雨やら地震やら知事選やら大変でしょうがお身体はお気をつけください

2016年07月17日(Sun) 18:45
>ツンデレさま
編集
精霊棚だけ整えればそれで良い ということでもないんですけどね。
でも、拝見したお盆飾りはどちらもお気持ちのこもった、今はいない人への想いが感じられる設えで、きっと諸般の事情でお仏壇も神棚も持てない人もきっとお盆の時期は心の中で遠い人を思い出し、語りかけているんだろうと思います。
それが信仰と供養のあるべき形ですね。

コメントありがとうございました。
2016年07月17日(Sun) 23:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL