WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

今年もお盆がやってきた

爺さまを送って4回目の夏が来ました。
bon2016.png

菩提寺の若住職も今では2児のお父さん。
(夏用僧衣とはいえ暑い中ホントにお疲れ様でございます)
(読経中、こっそり冷房27℃に設定したのが精一杯のワタクシのおもてなしでございます)
jusyokutya.png

近所の酒屋が閉店し、
商店街の蕎麦屋が廃業し、
東Den用地跡に14階建て357戸の大型マンションが建ったり、
JR駅舎が改良工事中だったり、

人も街も目まぐるしく移ろいつつありますが、

我が家は不動の昭和スタイルです。


明日は婆さまがデイに行ったら、
婆さま用のひんやり枕カバーと、お迎え団子(おはぎにしちゃおっかなー)買って、

夕方になったら、雨らしいのでおがら炊きはパス、
とうもろこし茹でて、ぐい飲み複数にお茶入れて(ご先祖さまは大勢だから)、
煮物おかず差し上げて ってかんじです。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

重ね重ね 

お疲れさんです。

他の方のブログ巡ってましてね
http://sawamuramurako.blog.jp/archives/63368644.html

おそらく昭和のヨメが抱える理不尽の数々のお陰で
何とか世の中回ってるんじゃないか
そんな気にさえなってまいりました。

ああ。昭和は遠くなりにけり。

これから誰がこの国を支えるんだ。
  • posted by 山田あしゅら 
  • URL 
  • 2016.07/13 21:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

こんにちわ。
我が家も「昭和」ですなあ。
今年は自分の「入院」という大義名分があったので、すべてオット中心に支度は済んでいるはずが、……でして。
結局今朝になって早い時間からやっているスーパーに買い出しに行くという。もちろん、迎え火も、どうやるかわからずというより、まず第一すぐ目に付くところに置いてあったお盆用のものが、見つけられず、できなかったというのが本音らしく、おっさんの方が仏さんより先にお見えになるつう具合でしたが…。とにかく男というものの「うん」の当てにならないこと、「わかった」が「わかっていない」という意味であることをさらにさらに実感したんでありますよ。
ところで、もしかして平成という年号は変わるってことだよね。と娘に言われて初めて気が付きました。今に昭和=明治時代を語るみたいになるってことでしょうかあ~~(恐ろしやあ)
  • posted by よしこ 
  • URL 
  • 2016.07/14 17:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

地方で違うのですね、此方では初盆のおたくにお参りに行くのですが、飾り付けが違うのです

これも綺麗だなぁと拝見させてもらいました
神道は基本榊しか飾らないので
(まぁお部屋に花は生けますけど)
大体白木の三宝だし、霊示も白木だし
華やかさも提灯でこれも白木だし

写真ありがとうございました盆棚初めて拝見させて頂きました
  • posted by ツンデレ 
  • URL 
  • 2016.07/15 08:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>山田あしゅらさま

嫁、
PTA役員、
マンション組合役員、
町会役員等々、
無償で負うのが当然という概念は今後(既に?)通用しにくくなっていくと思われます。
「やって当然」という外野の無責任意識から、少額でも報酬が出る形にしていかないと、理念と心意気だけでは続きますまい。

とりあえず、年寄り一人看取ったら年金割増とかならんものかと。
(ならないだろーなー ため息)

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.07/16 22:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>よしこさま

不慣れそうにスーパーの通路うろうろしている男性よく見かけます。
キャンペーンやセールものはフロントエンドとかに陳列されているのもご存知ないんでしょう。
明治大正昭和平成次は何になるんでしょうね。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.07/16 22:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ツンデレさま

宗派、地方、家庭、間取り毎にかなり異なりますね。
うちも随分割愛したクチですが。
(本当は仏壇周りに笹立てて、提灯もお対で飾るそうですが、んなことしたら婆さまが車椅子で移動できません)
今回、ネットでも7月お盆の写真を拝見する機会が随分ありましたが、皆さん、綺麗に精霊棚整えられて、お水やお茶もこまめに変えられて偉いなー凄いなーと感心頻りのズボラ鬼嫁です。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.07/16 22:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード