WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

京都こぼれ話・3・だったら、もう話さない

16木18:30に帰宅して、

20:00にじゃっくさんが帰宅して、

婆さまがショートから帰ってくるのは翌日17金の午後なので、

まだ夫婦水入らずの夕餉を囲みながら、

早速、祇園つじやさんで頂いた 落としはも の話をしてたら、

それよりサッカー中継の方が気になって、ワタシの話なんかうるさかったらしく、

じゃっく「どうせ、不味い店だろ」





…(;・∀・)ハッ?

それでも気を取り直し、中国人観光客がすごく多かったとか、京都市バスの1日乗車券利用したんだけど、最後の宿泊ホテル至近の烏丸四条で下車する際、

1日乗車券の表側↓を提示して降りようとしたら、
kyoutobus1.png

運転士さんに呼び止められて、↓裏の日付けの提示を求められた と言ったら、
kyoutobus2.png

じゃっく「そんなの当たり前だろ。修学旅行生や団体客は旅行会社から一律で発行されてるんだから、表だけ確認すれば済むけど、個人客は当日限定有効なのにしらばっくれて二日目も使おうとするのが居るんだから、俺が運転士でもそう言うよ」








うん、まあ、言ってることは間違っちゃいませんけど、
(#^ω^)ピキピキ



けど、

( ; ||| ∇ )o〃プルプル


話甲斐が無いっつーか、
無礼っつーか、
(特に、行ったことも無いくせに つじやさんに対するその評価は言語道断)



おまー、それって


人の話聞く態度として


どうなのよ!!!


きーーーーーっ

ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆





ヒッジョーに不愉快でしたので、帰朝報告はおろか、その晩は口利きませんでした。
(でも、じゃっくは気づいてない)
(ワタシがどれだけ腹ん中煮えくり返ってたか)
(だから、ベトナム料理屋さんで聞いたロールスロイスの件も帰りの新幹線のゴミ放置の件も、じゃっくさんには話してません)
(ワタシの旅行なんか何一つ興味無さそうだし、どうせ碌な反応しか返って来ないなら話すのも無駄)
(だから、皆さんと、婆さまにはお話ししました)
(一人でTV見てても、制作側の狙い通りに反応する方ですが、傾聴技術は天下一品)
(こういう美点が皆さんに愛され慕われる所以なんだと、改めて尊敬)
(そうそう、唯一、じゃっくさんが言及したのは「お土産にお菓子とかは?」でしたわ (笑))
(あんた、年間何回京都出張行って、何回お土産買ってきたよ)
(婆さまにはタオルハンカチ買ってきたけど、あんたなんかに買って来るもんかー!!!)
(18時までに帰って来いっつーから、一泊しかしてないのに2時半には観光切り上げて京都駅に向かったんですよ)
(買い物する暇なんか有りますかい)
(駅で如何にもな土産買っていったら絶対四の五の注釈垂れるんだから)
(じゃっくが要介護になっても絶対面倒見ないで金持ってトンズラこいてやるー!!!)
(紙切れ一枚で繋がってる婚姻関係と違って、姉弟は介護義務が有るそうですから、どうぞ後はよろしくねっっ)



そうそう、業務連絡ですがー、

王子の一升餅背負いですけど、お赤飯とか仕出し弁当とか引き出物とか、どうするんだって大婆さまが心配してますよー。
どうなさるのか、どうなさりたいのか、そちらで費用持ってくださるのか、こちらで手配するのか(はあー?だったら大婆さま持ちだけどな)、餅だけ背負って即解散なのか。

出来れば今月中、最悪でも一週間前までにご返答頂けると助かります。

え?誰にって?さああてねえ(笑)。
(嫁子ちゃんのメール以外、一言も何の連絡も無いんですよ)
(よろしくお願いしますの一言も無いってのは、うちが主会場になることに何の遠慮も無いってことなんでしょうな)
(だって、実家だから)
(○`∇´)Ψケッケッケ



皆様、ワタクシのような者の与太話にいつもお付き合いくださり本当に本当に有難うございます。
らぶ。
(^人^)感謝♪





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

 

判ります!男って本当に嫌!
夫婦じゃないですか!仕事の業務連絡じゃないんですよ
我が家の坊ちゃん旦那もそんな感じです

だから今は娘と息子と3人でつるみますが
旦那はハネ

一人蚊帳のそと

Ψ(`∀´)Ψケケケ子どもは私に文句言ったり喧嘩もするけど旦那はほとんど無視されてます

お墓だってだんなと同じ墓には入りたくないから散骨してー!って云うと反対されながらも娘から判るよとは言われてます

こうやって男は孤立するのです
老後は別居だな我が家は
  • posted by ツンデレ 
  • URL 
  • 2016.06/25 09:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ツンデレさま 

奥様方の「話し相手」として上位は友達、次いで娘、姉妹、お嫁さん…と同性が続き、旦那さんはかーなーりー下位か圏外だそうですが、まさに然り。

ワタシも一人でとっとと施設に行かせてもらって、死んだら夜中にその辺の河川に撒いて貰えば充分です。

爺さま送って、婆さま送って、ダンナまで送るってねえ。
最後の一人はのしつけてお身内に贈呈ってことで。
親の尻拭かなかったんだから配偶者と弟引き受けてくれれば、これで公平ってやつですわ。
(それだって、相続は圧倒的にあちらの取り分が多いんだから)

コメント有難うございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.06/25 10:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

終わり良ければ総て良しなのに 

なんつーか。
共感が欲しいわけですよ。
同意とか感想を期待してるでもなく共感。
相づちひとつのニュアンスで変わるっていうかさ。
男の人ってその辺の配慮がいまいち足んないのねん。
終わりまで続く永遠のテーマかも。

京都探訪、実に面白かったです。
袖振り合うも他生の縁。
色んな出会いがあるのもまた旅のだいご味ですね。

私もPOTEさんに刺激され
只今秘かに計画準備中(いしし)
  • posted by 山田あしゅら 
  • URL 
  • 2016.06/25 14:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

>山田あしゅらさま 

まあ、でも男性脳はそういうことが出来にくいものらしいので、無理なものは無理なんでしょう(笑)

おお、お出かけですか。
行きなはれ行きなはれ。
自分の予定だとこれがびっくりするくらい疲れないんですよ。
あれもこれも出来ちゃうんですよ。
そうして自由を満喫すると、気持ちの余裕が取り戻せて、爺婆さま達にも優しくなれるんですよ。ですから、どうぞ、是非。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.06/25 16:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード