産経新聞より

法制審議会(法相の諮問機関)の民法(相続関係)部会は21日、
配偶者の遺産相続を拡大
するなどの民法改正について中間試案をまとめた。
遺産分割について、婚姻後に一定期間が経過した場合に配偶者の法定相続分を2分の1から3分の2に引き上げる案などが柱となっている。

法務省は今後、パブリックコメント(意見公募)を実施した上で、平成29年中に改正法案の国会提出を目指す。

相続に関する規定の見直しは27年2月、当時の上川陽子法相が法制審に諮問。

高齢化社会の進行で相続をめぐるトラブルの増加が予想されることから、国民の意識や実情に即して相続法制を見直す必要があると判断していた。

配偶者相続に関する民法改正は、昭和55年に3分の1から2分の1に引き上げられて以来、行われていない。

試案ではまず、婚姻期間が長く、財産形成に配偶者の貢献が大きいと考えられる場合は、配偶者の相続分を増やす見直しが盛り込まれた。
現行法では婚姻期間 の長短にかかわらず、法定相続分は一定だ。
試案には、
◦相続財産が婚姻後に一定割合以上増加した場合、配偶者の相続分を増やす
◦婚姻後一定期間(20年また は30年)が経過した場合、法定相続分を増やす

など複数案が記された。

また、相続人以外の人が介護などで献身的な貢献をした場合、相続人に金銭の請求ができる案も盛り込まれた。

現状では、例えば長男の妻が義父母の介護をしても妻は義父母の財産を相続する権利はない。

こうした場合、妻が


相続人である長男らに

対して


金銭の請求ができる

ようにする。



金額が協議で決まらない場合は 家庭裁判所が決める。

試案では、相続による権利の変動で、

配偶者がこれまで住んでいた建物から即時退去

を迫られるケースに対応
する方策も明記。


配偶者の居住権保護の観点から、遺産分割終了時まで(例えば6カ月)住み続けることができる「短期居住権」の設定や、終身・一定期間などの「長期居住権」を設け、遺産分割時の選択肢 の一つとした。


どれだけマスコミが騒ごうと、
ネットで盛り上がろうと、

結局は国会で審議、法案可決されて初めて「法」として適用されます。

長年の労に報いるどころか、

舅さん、旦那さんが逝去した途端、それまで寄り付きもしなかった直系親類縁者が挙って群がり、

介護に人生を尽くした嫁さんを丸裸で叩き出して平然としている厚顔な守銭奴どもがどれだけ居る(た)ことか。


権利は義務を果たして初めて得られるものであるべきです。

第三者を含めた協議の席で、親の尻も拭いたこともないくせに「自分が主介護者だ」と主張する人がざくざく居るんですよ。
臆面もなく、よう言えたもんだと思いますわ。
聞いた話ですが、自分のしている肩もみの方が老親が喜んで価値があって、嫁さんがしてるおむつ交換は誰にでもできる簡単なことだなんて


そんなわけねーだろ!!

(▼皿▼#)ユルサン!!

そもそも、どっちが上だとか下だとかっつー、短絡的な考え方がだなー。
真摯に向きあってた人ならどっちがどうだとか、子育ての方がーとか自分は会社員として働いて社会貢献してるからーとか焦点のズレた言い方はしない筈。

そーゆー話を漏れ聞く度に、そうやって人を天を欺いて得た金で本当に幸せになれるのか と思います。
寧ろ不幸になれぇえええ〜と呪う気持ちがふつふつと…(大笑)



全額かっさらおうなんて気は有りませんけど、散々苦労押し付けられて、いざ相続の段になって「アンタ他人やろ。さっさと出て行き」ってさー。

それが国が定めた法律だなんてさー。

爺さまのゆうちょ預金残務整理でうちに来てくださった金融担当者さんが、
雑談の中で、通帳と印鑑持って家から遁走して、遠く離れた土地で(無事)発見されたお嫁さんの話してくれたけど、

そりゃー、ぶんどってトンズラこきたくなるような家だったってことじゃないのー?
(金目当ての強欲嫁さんだった可能性もありますけど)
(介護はちゃんとしてたみたいだし、そうなるとやっぱり現行法律に直面すると共に婚家のあまりの人非人的対応がその背中を押したんじゃないかって気がします)
(相続で良く聞くのは兄弟間の血で血を洗う暗闘の次に、強欲嫁の策略よりも時代錯誤の法律を盾に取った婚家の卑劣なやり口の糾弾ばかりですから)
(中には法律に疎くて、悪気なく「法定通りで」って言っちゃう場合もあるかと思いますが)
(現行法定は介護に尽くした嫁を身ぐるみ剥いで叩き出す悪法ですから)
(稀に、一旦は兄弟たちが当分分割して相続して、然る後に感謝の言葉と共にほぼ全額(贈与税に引っかからないように工夫して 笑)お嫁さんに渡してくださった奇特な方達もおられますが)
(99.9%、一度懐に入れたものは絶対出さない人が大多数)
(まあ、皆さん、それぞれ金のかかる子供抱えてるとかローンが焦げ付いてるとか病人抱えて金が幾らあっても足りないとか事情はそれぞれ有りますでしょうから)


でも、頑張った人には相応のご褒美があって然るべき。

嫁だから当然 では済まされません。
他人に汚れ仕事押し付けておいて、正当な手当も払わず、美談で済まそうなんてぇ図々しさこそ無礼千万。
嫁さんが虚勢張って言うならともかく、婚家の人間が言うなって。
それじゃ、客側が『お客様は神様です』を逆手に取って「自分は神だからお前らは言うこと聞け」って言ってんのと同じ醜悪さでは。


そしてまた、兄弟の一人だけに丸投げしておいて、いざ相続となった途端「平等」を言い立てる連中の強欲をも阻止する手立てを是非考えてほしいものです。




>6/25 04:40 拍手からコメ下さったYさま
続きでお返事させていただいております。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝


>6/25 04:40 拍手からコメ下さったYさま

ダンナさまは一人っ子ですか。
そうなると、ダンナさまの財産は配偶者であるYさんが2/3、実父である舅さまが1/3相続となるようです。
埼玉の、舅さまの妹さんは直接相続には絡んで来なさそうですが、その夫や子供さん達の考え方によっては権利を主張されるかもしれません。

ひとたび相続となると、聞いたこともない顔も知らない親戚が増えるそうですから、充分ご注意ください。

本当はダンナさまに正式な遺言書を書いて頂くのが一番無駄もトラブルも無いんですが、ご病気人にそういう話はかえって言いにくいですよね(死ぬの待ってるようで)。
うちのダンナさんも自分が弱って置いていく現実がどうしても実感できないようで、「そのうちに」「その時は」と呑気なものです。
そういう呑気な頭上に唐突に団体で降りかかってくるのがトラブルなんですが。

死んだ人の意思を守るより生きている人の人生の方が優先されるべきですから、Yさまの思うように生きてよろしいと思いますが、悔しいけれどお金に関してはこちらからの手切れ金だと思い切り、すぱっと諦めた方が自由の身の近道かもしれません。
(ワタシはぶんどれるものは一銭たりとも諦めたくないゴウツク嫁ですが 笑)

拍手からコメントありがとうございました。
重ねて申しますが、選択肢は幾つも有ります。細かい状況も時節とともに変化します。
ワタシの意見は参考程度にお聞き流しください。
POTE
Posted byPOTE

Comments 4

There are no comments yet.
ツンデレ  

そーだ!そーだ!とおもいます
でもその法案を審議する議員も精査する厚生省のお役人の多くの人達の何人が親の介護経験してるでしょうか
あの例の前某都知事さんは
介護をしてきたと声高に言ってもましたが
その介護とは車椅子を押して話をしただけとか
はぁ!何それー!って思います

本当に介護に携わった者の権利が確保されます様にと願います

2016/06/22 (Wed) 12:31 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ツンデレさま

>本当に介護に携わった者の権利

これほどまでに高齢者問題が深刻化しているのに、介護者が蔑ろにされている現状は許せません。
待機児童も認可保育園も少子化も重要な案件ですが、企業から中堅社員がごっそり介護退職して定年間近の高齢社員と若手だけのドーナツ現象なのに、現状から目を背け、平均年齢にすると40代だから問題無し みたいな現状と数字のレトリックに誤魔化されてるところに役人の馬鹿さ加減を感じます。

そうやって先送り先送りにして、この国は一層問題を難解にし、最後に放逐して逃げるという悪癖がある。
いつやるの、今でしょう! と声を大にして言いたいです。

コメントありがとうございました。

2016/06/23 (Thu) 10:06 | EDIT | REPLY |   
ゆきよ  
長男の妻

わが家は90歳の舅がいて、いま60歳のダンナが築地にて治療予定です
もしダンナが先に逝った場合、舅と他人の私には住む権利が無さそうなので、1人で新しい人生を開いて良いのでしょうか?
(この舅つき家は不要です!)

2016/06/24 (Fri) 04:41 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ゆきよさま

そういう事態は避けたいと願いますし、細かな事情によってまた色々変わりますので、一般的な事例として申し上げますが、

万一、ご主人様が逝去された場合は血縁優先ですから、舅さまがご健在なら、ご主人の財産は舅(姑)さまと配偶者であるゆきよさんの二人で相続する筈です。

しかし、家付き舅さま又は舅さま付きの家なら要らない と言う場合はご主人に兄弟がおられればその人達が黙っていないでしょうし、何ももらえずともその分一人で自分の人生を求めるのはそれはそれで自由かと。
(ワタシは法律家ではないですし、繰り返しますが、家族構成等々によって事情は異なりますので、あくまでも参考程度に聞き流してくださればと思います 汗)

コメントありがとうございました。

2016/06/24 (Fri) 13:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply