WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

出発までの顛末

噂はかねがね耳にしていたんですよ。

若い大将がご夫婦で腰を据えてやっている、注目の京料理のお店があるって。

出来ればスポンサーじゃっくさんと一緒に行けたらいいなーと思ってたんですけど、

京都ってじゃっくさんにとっては仕事(修学旅行随行)で毎年何度も行ってる所なもんで、プライベートでは行きたがらないんですよ。

だから、行くとなったらワタシ一人でと考えていましたし、死ぬまでに京都のそういう高級なランチ食べたいとは常々思っていましたので、まさに好機到来。

で、聞くところによると、カウンター9席のみで、基本予約のお店だとかで、

取り敢えず予約、先ずはランチ、ランチがダメならいっそディナーでもと、とにかく予約を入れさせてもらわねばと、
万一15、16の席が全日満席なら京都そのものをさっくり諦めて目的地変更の意気込みで、ドキドキしながら番号を押す。


暫くコールした後、元気な声の女性(奥さん)が出てくださって、15又は16のランチ1名の予約を申し出たところ、無事席を押さえる事が出来ました。
YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!


となれば今度は足と宿の確保。

何せ、日本を代表する観光地ですから、正直新幹線も宿も拘り過ぎなければ選び放題。
(それもまた京都の良い所)

色々料金比較しましたところ、N本旅行の「新幹線パック」が往復新幹線とビジネスホテルのセットで一番格安でしたので、

じゃっくさんの希望に沿う時間帯の往復新幹線指定席とM井ガーデンホテル系シングルルームコミコミで31,800円(安!)。

後はクレジット決済で、10(金)には新幹線チケットとホテル宿泊クーポンが自宅に配送され、見事なくらいのトントン拍子。

8(水)〜10(金)の出張を終え帰宅したじゃっくさんにざっくりと予定行程を伝え、

後は、13(月)からの婆さまのショート準備に勤しむ傍ら、曼殊院以外に観光出来そうな所や夕食、2日目のランチ情報を収集。

無事、13(月)午前に婆さまがショートに出発し、京都市内のMapをプリントしたりして改めて自分の旅行準備に本腰入れ始めた矢先ですよ。

帰るコールには早過ぎる時間に、じゃっくさんからメールが来て、



「POTEへ 


※※小の出張日程

間違ってました。


一ヶ月後でした」





Σ(゚Д゚;)ハァ?
ちょっ…アンタ、今更何言ってんの?


果たしてPOTEは無事京都に行けるのか?
無駄に引っ張り、申し訳ない。

続く





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード