2016. 05. 25  
5月とはいえ、

記録的な高温で、そこここで熱中症の警戒が呼びかけられ、

それでもマラソン大会や運動会の練習中、搬送される生徒さんが居たりして、

要介護高齢者を抱える家庭、施設、病院等々が、

早くも命がけの夏越えに危機感を募らせる今日この頃。



にもかかわらず、

こちらが半袖、七分袖で、汗で額テカらせて駆けずり回っているっつーのに、

当のお年寄りは常に足腰の冷えを訴え、
(血管細いし、運動量は微々たるもんだし)

うちの婆さまも例に漏れず、常にもこもこズボン下(ももひき)、ふわもこハイソックスが手放せないのですが、


先日の東京でも30℃を超えた真夏日、お気に入りの地元デイ フラワーカントリー(仮名)さんから帰宅して、

夕食時に憤懣やるかたない様子で話すのを聞いてみると、


入浴後の着衣を手伝ってくれた女性スタッフが

「POTE村婆さん、(今日あたりは)もうこんなに暑いんだから、こんな温かい下着着なくていいんじゃないの?」と言ったそうで、

婆さま「私は真夏だって足が冷えて眠れないくらいだし、今日暑い暑いって言うけど、私達(デイ利用者)は誰も暑がっていなかったし、私の席はキッチンの近くだから換気扇がずっと回ってて寒いくらいなのに、誰が何着ようか、こっちの勝手だろうに、あの人にあんなこと言われる筋合い無いよっっ」
ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!





…(=n=;)ムムゥ

はは〜、そーすねえ。

でも、デイのスタッフさんって時間中とにかくずっと動き回ってるから、この季節暑いんですよ。
ワタシもそういう時ありますから分かります。

お爺ちゃんが居た頃、体位変換だってあんなに協力的だったけど、夏のオムツ替えのひと仕事終わると水被ったみたいに上半身自分の汗でずぶぬれでしたから。

そんな派手な大立ち回りしてるわけじゃ無いけど、トイレ介助とか誘導とかって汗かくんですよ。
足先冷えるのも辛いでしょうけど、体温上がるのって結構苦しくて大変なんです。
ましてや、この時期の浴室や脱衣所の担当って暑さと湿度で相当きつい筈です。
そういう時って、スエットとかふわもこのひざ掛けとか目に入るだけで暑苦しくて腹立って来るんですよ。
暑いぞバカヤロー!って言いたくなるんですよ。

そのスタッフさんもきっと暑かったんでしょう。
だから、あったかそうな下着見て、ついそう言っちゃったんですよ。

だから、そのくらいでもう勘弁したれ。


つか、

その話、ワタシ今日でもう10回くらい聞かされてるから、

お願い、もう勘弁して。
(。´Д人)

以前にも増して怒りっぽくなってきたよー。
年相応に気難しくなってきたよー。
相変わらず自分はその辺の耄碌年寄りとは違うって思ってるみたいだけど、いやいや同類項同類項






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
NEXT Entry
男って
NEW Topics
結果は己に返ってくる
火中の栗は掃除トングで
YellCard
術後半年
距離事情
Comment
No title
私も「お風呂なんか一人で入ると言って入ってたら 
ドアのすき間からじっと見てる奴がいた 二度と風呂は入らない!!」
ってお怒り話 何ヶ月間 聞いたかなあ 
見守りは 義務だけどねえ

実習で入浴介助を手伝った時は 脱衣所で
脱衣・着衣・ドライヤー を担当
蒸気と熱気と臭気(笑)で 汗ボタボタでした

その状態で 湯上りの利用者さんにパッチはかせるのは
抵抗あるの分かります 熱中症になりそうですもんね

自分の視野でしか見られない
その視野がドンドン狭まって
そのせいで怒りが増す… うちもそうでしたが
自分も回りもしんどいことですね
> TOMAMAさま
自分は職員からも信頼されているクリアな利用者で、勝手に動き回ろうとする人が居れば職員を呼んで一緒に見守り業務に参加してるしっかり者 という自負が未だ強いようですが、自立歩行できる◯さんはすっかり呆けちゃって、一度トイレに立つと自分の席が分からなくなってフロアをぐるぐる歩き回るとか、△さんは車椅子なのに拒否が強くて入浴の度に自宅で入ってるのになんでここで入らないといけないんだと文句ばかり言うとか、□さんは夕方になると落ち着きがなくなってどうすれば家に帰れるのか分からないと心配するので、その都度自宅の玄関までちゃんと送ってくれるから大丈夫と説明してるとかの話を、

ワタシは毎日聞いてます。
(話す側は常に新鮮 笑)
(人が話してるのに態度悪いって思われてるみたいっすよ)

トイレの失敗も格段に増えてきたし…そういう時期に来たということのようです。

コメントありがとうございました。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9に95才で逝去 要介護4の車椅子)
子供なし
生来のずぼら・てけとー・スーダラ人間オニヨメにつき、こまめなレスや相互訪問を求められましても、お応えできぬ場合がしばしばございます。
基本きまぐれ更新、きまぐれコメレスの大雑把。
ここはそうゆうところなのね…と生温ーく受け入れて下さる方歓迎。

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード