WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

整列乗車

今日は暑かったですねー。

婆さまがデイに出かけた後、ワタクシも外出し、
帰宅途中の、某オタクの聖地のターミナル駅でのことなんですが、

時刻は午後2時過ぎ。

駅構内もホームも割と空いてる状態で、
乗車列の白線に従って、↓の形で、暑さに半ば朦朧としながら電車待ってたんですよ。
隣の白線内にはリーマン風の男性が数名、いずれも単独でグループではなし。
home1.png
そしたらですねー。

電車が入線してきた途端、向かい側に居たリーマン1が
home2.png
何故か、ワタシの前に移動して、ワタシの前に立ちはだかり、は?と思う間もなく、

ドアが開き、降車の人達がどっと車両から吐き出され、先頭のリーマン1に続いて車両に乗り込んだんですが、
(平日の東京の電車の乗降ってほんと皆さん素早い)
(新宿なんか駅構内の人の流れそのものがめっさ早いんだぜ)








ちょっと待てー!

ワタシだってちゃんと最前列に並んでたのに、なんでオメーの後の2番手乗車になるんだよっっ!!!

電車の停止位置が白線位置の半分以上ズレてたというわけでもないんですよ。
(そういうのは首都圏の運転士さんは凄い正確に停車する)
(たまに例外もあるけど)

リーマン1はふつーに、白線の右側列からの最前列乗車で何も問題ないのに、

なんでわざわざワタシの前に横入りする必要があった?
どう考えても理由不明。

紙袋に重そうな資料冊子いっぱい持ってたリーマン1は結局座席に座りもせず、(だからしんどくてどうしても座りたかったというわけでもないらしい)ドア脇で平然とスマホ弄ってて、国技館のある駅で足早に下車していきますた。


ワタシも別に座りたかったわけじゃないし、

車内も4割程度の乗車率で、立っててもゆったり乗れましたから、どおってことないんですけどね。


でも、1番乗車のはずが2番て、微妙にイラっとくるじゃないですかー。
(大人気ない)
(前に立ちふさがられた時点で「並んでます!」って突き飛ばしてやればよかったとか(をい))
(突き飛ばさずとも言ってやればよかったのに、暑さで朦朧呆然としてた自分の鈍間さにも腹がたつ)
(それで帰る道すがらずっとムカムカイライラして、階段踏み外して捻挫しちゃえとか仕事で赤っ恥かいちゃえとか、リーマン1のささやかな不幸を願ってました 笑)
(それ呪いやん)

今回、午後の空いてる車内だったからまだいいですけど、これ、通勤や帰宅ラッシュの座れるか座れないかで気が立ってるホームで同じことやったら絶対ケンカになると思う。
(だから、整列乗車のルールとマナー守れや)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

こうお考えになってはいかがでしょう 

いつも楽しく拝読しております。
たぶん偶然でしょうが、そのサラリーマン氏はPOTEさんが悪い運気に見つからないよう、盾になって隠してくれたのかもしれません。
  • posted by 草枕 
  • URL 
  • 2016.05/24 16:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

>草枕さま 

はじめまして POTEと申します。
おおー、そうですね。
邪魔された、押しのけられたと思わず、庇ってくれた、何かから守ってくれたと考えたら腹も立ちませんね。
目から鱗のアドバイスありがとうございます。
これからもどうぞよろしく。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2016.05/24 21:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード