WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

お座敷小唄

今日のデイサービスには、ボランティアでハーモニカ演奏の方が来て下さったそうで、

年寄り連中が喜びそうな懐メロを何曲も吹奏して、皆を楽しませて下さったらしい。

音曲と聞けば、黙っていられない爺様は、ハーモニカ奏者さんの伴奏に合わせ、心ゆくまで得意の喉を披露して、帰宅してからも至極ご機嫌でした。

爺様「他の婆さん達は手拍子くらいはするけど、歌うのは俺くらいだ。あの人(ハーモニカ奏者さん)は昔の歌、何でも知ってて、何でも吹けるけど、俺だって全部歌えるから」
(何気に自慢?)( ̄▽ ̄ )

爺様「だから、あの人(ハーモニカ奏者さん)はいつも俺の所に来て、俺の好きな歌、吹いてくれるんで、俺も付き合って歌ってやるんだ」
(何気に上から目線?)( ̄▽ ̄;)

爺様「好きで好きで大好きで~♪死ぬほど好きなお方でも~妻という字にゃ勝てやせぬ~泣いて別れた隅田川ぁ~♪」

で、この後、一人で盛り上がって、夕飯そっちのけで、アンコール3回の運びとなりました。( ̄▽ ̄||| )

因みに、爺様が上機嫌で繰り返し歌った一節は「お座敷小唄」(松尾和子 和田弘とマヒナスターズ)の二番でして、締めの部分は隅田川ではなく、正しくは河原町(かわらまち)です。

一番は 富士の高嶺に降る雪は
    京都千斗町(ぽんとちょう)に降る雪も
    雪に変わりはないじゃなし
    とけて流れりゃ皆同じ
【 2009/12/04 (Fri) 】 爺様 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・91才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード