WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ GW始まりましたね

GW始まりましたね

大方の人にとっては楽しい楽しい Golden Week。
ある種の人にとっては God damn you Week。

うん。

まあ。

うちに関して言えば、

王子一家はGWはじーじ(笑 義姉上ご夫君)の父上である大爺さまが関西在住で、はるばるそちらに行くそうなので、
(元旦、2月宴会と続いたので)
(今後、王子一家3と国賓一家3と婆さまとじゃっくさんの総勢8人が毎月うちで宴会すんのかと思わず震え上がったんですが)
(爺さま健在中はお見舞いと称して皆さんひと月おきに来てたしさぁ)
(でも、流石に、じゃっくさんから少し控えてくれって言われたのが効いたみたい)
(多分、「実家なのに遠慮しなきゃいけないなんて情けないったらありゃしない」なーんて気分害してんだろーなーとは思います)
(思いますが〜)
(2000夏の同居以来、爺さま存命中はこれも嫁の仕事と、乳がん治療中、心療内科通院中、足指骨折中ですら死に物狂いでやってきたんですから、そーろーそーろー加減してもらわんと)
(ワタシが保ちませんっっ)

ともあれ、王子一家は片道だけで新幹線3時間の長旅だから、それが無事終わってからじゃないと他の予定が組めないっていうし、

今のところ、国賓さまからも「これから行きます」コールはないんですけどね。

でも、あの方のことだから、前夜とかにいきなり「明日行きます」って平気で言ってくる方なんで一応地味に警戒中。


で、

婆さまのショートも5・6月と抑えられ、
(7月はワタクシ苦渋のショートなし 涙)
(何故なら、東京下町は7月お盆で、菩提寺住職お迎えしての棚経やら送り盆後の施餓鬼法要やら)
(「私がいなくちゃ始まらないよッッ」っと一年で最も婆さまの鼻息が荒くなる月なので 笑)
(8月のじゃっくさんとの旅行成立の為にも、ここはショートなしで我慢のヨメ業務)
(多分、お墓まいりと称した宴会もあるんだろうし)
(ワタシの実家は8月お盆なんですけど、そっちは正直どなたも思い出しすらしてないようで)
(もっとも、実家そのものが不信心で不心得で、ワタシとは完璧ソリの合わない実母だから、正直どうでもいいんですけど)

じゃっくさんの出張予定も上半期分が判明したんですが、




今回も
見事に全敗でした。
号(┬┬ω┬┬)泣

ショートと出張が被れば、その瞬間、泊まり弾丸決定なんですが、

キレーに婆さまのショートとじゃっくさんの出張が一週間ずつずれておる…
(つд⊂)エーン
施設の都合と、じゃっくさんの担当学校の予定と、ワタシの希望が噛み合わない。
(まあ、そら、仕方ないことなんだけど)


くっそー、それなら日帰りで行けるプラン探したるわー!
(年度切り替え期みたいな超繁忙期じゃないから、じゃっくさんに留守番してもらって泊まりに行ったっていいんですけどね)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

一周忌
編集
こんにちわ~
時間が好きにできるようになったら、私の体調不良でひと月に二回も救急車のお世話になっちゃいました。あ~恥ずかしい。
八月に父親の一周忌があるのですが、旦那さんの兄弟が突然出席したいなんて言い出して、断るのに頭を使いましたよ(笑)
兄妹2人で質素にやるのが我が家の定番。
派手にやるのは残った人の見得でしかないですよね。
亡くなっても簡単に事が運ばないって面倒ですね~
2016年05月01日(Sun) 09:21
>みかんさま
編集
おお〜、ご無沙汰しております。
救急車ですか。大変でしたね。
やっぱりそれだけ介護の負担が大きかったということなんでしょう。
ワタシも爺さまを送って2~3年経ってからの方が寝込む回数が多かったです。
今でも季節の変わり目に妙な息苦しさに悩まされています。
デトックス儀礼というか、同じような介護後遺症に悩む方は少なくありません。
どうぞお大事になさってください。

法要は亡くなった方の為というより、生きている人たちの気持ちの区切りの為に行うものでもあります。
ご主人のご兄弟達も世間体上、一周忌にも顔を出さないのは不義理不人情かと思ってのお申し出だったのだと思いますが、質素にこじんまりという施主の意向をご理解頂くのは難しいですね。

コメントありがとうございました。
2016年05月01日(Sun) 20:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL