WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

うろうろ1 昭和記念公園&萩尾望都SF展

熊本応援やら支援のあり方やら考え、

upするタイミングに迷ってたら、あっという間に

goddamn week(笑)になってしまうので、慌てて上げます。




立川 昭和記念公園
入場料(410円 15歳以下の子供80円 65歳以上210円)
有料の国営公園ですが、東京ドーム40個分の敷地面積で、手入れも充分、食事トイレ休憩設備も完備ですから、決して高くはないかと。

西口から入場すると、ハナミズキが鮮やかに咲いてました。
(実際には花びらのように見えているのは苞葉であって、本当の花は中心のメシベみたいな小さいのが花だそうです)
IMG_2440_convert_20160422194828.jpg

年々拡張されつつあるチューリップガーデン。
IMG_2450+のコピー_convert_20160422195114

人気のフォトポイントは“アナタも童話の主人公〜”なコンセプトが大人気。
IMG_2447_convert_20160423100918.jpg


みんなの広場。
手前が咲き始めたポピー 奥に並ぶのは終わりを迎えた桜の園のソメイヨシノ。
IMG_2451_convert_20160422195553.jpg

桜の最盛期にはまるで松竹の映画のシーンのような情景になります。
ベンチに腰掛けるじゃっくさん。
IMG_2458-2_convert_20160422200031.png

桜の園以外にも様々な里桜があり、まだまだ充分見頃な華やかさ
IMG_2459_convert_20160422200143.jpg

昨今の都内観光地の例に漏れず、
ここ昭和記念公園にもアジア観光客が相当数訪れておられましたが、

皇居周りの桜見に行った時も感じたことですが、あの人たちって、
禁止事項が分からないのか、表記があっても順守する気がないのか、

立ち入り禁止の所に平気で入っていきますね。

昭和記念公園内はレンタサイクルも利用できますが、散策者と自転車走行者は完全にゾーン分けされてまして、自転車は予め決められたサイクル専用道路しか走れません。
同時に、サイクル専用道路を歩行者が通ることも原則禁止されています。
(各人の穴場ポイントで花を見たりレジャーシート敷いてランチ食べたり写真を撮る為にサイクル道路を横切ることまでは禁止されていませんが、基本それは自己責任で充分安全に気をつけて横断しなければなりません)

で す が 、

堂々とサイクル道路を散策してる人が居まして、自転車の方が慌てて避けてましたけど、
あの人、最後まで自分(歩行者)が進入禁止を冒してる意識無かったみたい。
何せ、本来自転車だけしか通れない専用道路で、歩行者や横断者は想定外ですから、結構皆さん速度出して走ってるんですよ。
衝突したら、どちらも負傷しかねません。
でも、全然、「自分、もしかしてマズイことしてる?」という気づきが微塵も感じられない所を見ると、多分、Cのお国の人じゃないかと。

前に皇居一周した時、乾門に堂々と入り(桜の通り抜けのような特別日以外は立ち入り禁止。KeepOutってあちこちに貼ってあるし他の人は誰も入っていない)平然と門の写真撮ってたC系の女子が警備員に注意されてたけど、あれも全然悪びれてなかったなー。

外国人観光客の増加で爆買いやら景気上昇やらは結構ですが、ルールとマナーの順守はネットでもリアルでも基本中の基本。
ただ、日本語表記だけだと理解できない場合もあるので、そこはある程度受け入れるこちら側も鷹揚に対応しないといけないのかもしれません。
とはいえ、「Keep Out」って書いてあんだから、それは守って欲しいと思う。


こちらは別の日に一人で出かけた吉祥寺美術館で開催中の萩尾望都SF展
IMG_2542+のコピー_convert_20160423100322

館内は撮影NGでしたので、入口にあったあしゅらおう(「百億の昼と千億の夜」原作 光瀬龍)
IMG_2461+のコピー_convert_20160422200338
「百億の昼と千億の夜」のあしゅらおうとシッタータの出会いのシーンや、
「11人いる!」の「一人多いぞ!」「何!?」
「スターレッド」のコマンドの追憶の中のラーダ・テトラへの想い
「ユニコーンの夢」ラモンとリマノの再会 等々の原画がワタクシ的にはツボでございました。

会期は5月末までですが、途中展示内容の入れ替えもあるようです。

うろうろ 続きます




ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード