WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 そこに自分の発病・実母との関わりという新たな局面が 荒野に俺は一人だけ(笑)
TOP日々のたわ言 ≫ 押し付けないで アナタだけの「善意」

押し付けないで アナタだけの「善意」

Tweetより

“ ヤマト運輸で働いてる友達が困ってます&悲しんでます。
熊本宛ての支援物資を持った人が営業所にどんどんやってきてるそうです。
荷受けを断られ「善意を踏みにじられた」と従業員に心無い言葉を浴びせて帰っていく人もいるそうです。
まずは電話で確認を!! ”









( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
善意が聞いて呆れるわ。

今の被災地で「物が無い」と「届けられない」を区別しないと…未開の地じゃないんだから。

九州内に物資はある
→でも道路断裂や列車休止や飛行機欠航してる
→運ぶ部分に問題があるんだな…と想像しないと。

「やらない善よりやる偽善」に「ひとりよがりの善は無能な働き者と同じ」も付け加えたい。


善意と自己満足を履き違えている人なんて、救援に奮闘している方々や被災者の人々の迷惑になるだけです!!

あるよねー、介護の現場でも、子育てでも、親戚付き合いでも。
いいことしたつもりで、実は相手の仕事増やしてるだけって。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

No title
編集
そうです 阪神大震災の時 総ての運送会社のトラックは契約の有無に関わらず
国(県?)が押さえ その認証シールのある車以外は 一切国道が走れませんでした
上りも下りもトラックだけが走っている異様な光景を思い出します

まして あれ程に分断された道路を見ながら
誰に 何を どこに どうやって
運べというのでしょうか?
自分に酔って 何も見ていない
被災 という事を理解していない
きっと 中身は夏物の古着ですよ 
2016年04月17日(Sun) 17:25
>TOMAMAさま
編集
「何かしたい」
「何かしなければ」
「何かしよう」
そう思う気持ちは大変立派ですが、時と場合と相手の事情を考えて行動しなければ、それは単なる迷惑千万なスタンドプレー。

寄贈と言いながら体の良い断捨離とかねー、ふざけんなって言いたいですよ。

ああ〜、そういや、「古くなって使わないから」って仕様期限とっくに切れたカイロ持って来られたり、「今日は暇だからそちらに行きます」って電話受ける度にイラっとしましたわ〜(笑)
言いかたってあると思うんですけどね。
それでいて、こっちの感謝の態度がなってないってお叱り頂きましても、うん、そう、バレたぁ?だってちっとも嬉しくないの。
正直すぎるって子供じゃあるまいし、人としてどうなんでしょう。

コメントありがとうございました。
2016年04月18日(Mon) 11:00
辛いですね~
編集
熊本へ飛んで行って避難所のお手伝いをしたいですが、今はただ見守るだけですね。
現場は大混乱してるのに、余計な事で煩わせられないですものね。
こちらにも援助物資のはずが、着古した衣類をまとめて送ってくるような人がいるようです。何を考えてるんだか、「バカタレ」です。それでも大半は善意の物資なので救われますね。
まだ東北の復興もままならないのに、どうしてこんな天災がふってくるのでしょうね。
2016年04月18日(Mon) 15:16
>みかんさま
編集
お久しぶりです。

道路寸断による流通停滞が一番のネックですね。
国もコンビニ業界もできるだけ物資を届けたいと努力しているのに、現実には高齢夫婦が2時間待って、寸前で配布分が終わって何ももらえないって…ほんとにどうにかならんもんでしょうか。

歯がゆいばかりですが、それに耐えなければならないのも傍観者の責任なのかもしれません。

ああ、あのご夫婦が温かい食事を摂ることができていますように。

コメントありがとうございました。
2016年04月18日(Mon) 19:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL