WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ ユマニチュード

ユマニチュード

某公共放送の情報番組で認知症高齢者に対するアプローチについて色々紹介されてました。

ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

割と現実的な症例と実践的な対策の提案がなされていて良かったと思います。
(なんか偉そうやな、おまい)

番組最後に視聴者さんからの質問で、


「長年、良い関係ではなかった義親への介護 どうすれば優しく接することができますか」



…もうね、

そう思い悩むだけで、

この質問者さんはとっても優しい方だと思います。



嫁にとって義親なんてさー、ほんとにさー、一晩あっても言い尽くせないあれやこれやが有るじゃないすかー。

なのに、介護の時だけそれが「嫁の務め」とかって言われるんだよなー。

良くして当然、ちょっとでもうまくいかないと外野から好き勝手に責められるしさー。
(責めたつもりは一つもないって?)
(言う方の問題じゃないんだよ、イジメと同じ、種々のハラスメント同様)
(言われた側がどう感じたか、だっつーの)


で、質問に戻りますが、

番組ではユマニチュードに詳しい看護師さんが、

「高齢認知症の方に変わってもらうのは難しいので、自分(嫁側)が一線を引いて、思い切ってこちらから先方に歩み寄ることで受け入れられること、今迄とは違った新しい関係性が生まれる場合もある」

って、回答でした。


まー、生放送だし、短い時間で回答しなきゃいけないので、これで精一杯だろうとも思います。


ワタシ的には

優しくなくても介護はできる

が持論ですので、


餓死寸前の放置や傷害沙汰に至るくらいなら、別に仏頂面で介護したって、やることやってんだから、それで充分立派だと思いますけど。


うまくやらなければ、
きちんとやらなければ、
孝行娘、良いお嫁さん、良いお孫さんでいなければ、

と思い詰めすぎると無理が祟ります。


無理は禁物。

うまくできた方が良いですし、うまくできるよう努力することも大切ですが、
番組内で看護師さんも言及しておられましたが、

できないことはできないでしょうがないと一旦諦める

のも重要な切り替えです。

ああ〜、そういや、昔、国賓様がワタシに向かって
「POTEちゃんは完璧主義だから良くないんだよ。もっと、今日はここまで出来たからそれでいいってした方がいいよ」と言われ、
じゃあ、深夜トイレコールされても今日はもう終わりですって断れっていうんですか?と内心逆ギレしたことがありましたが、もしかしたらあの時の国賓はそういう切り替えのことを言いたかったのかもしれません。

でも、日中2~3時間来て、一度もオムツ交換もせず、肩揉んだり腰さすったりしてるだけの人に言われ、仰る通りと従うにはじじばば二人抱え、疲労困憊し狭量でひねくれたヨメにはハードルが高かった。




ともあれ、自分を偽る苦しさに心身損なうくらいなら、薄情娘、オニヨメ宣言しちゃった方がいいという考えは変わりません。

頑張れ、介護中のお嫁さん、娘さん、息子さん、姪御さんたち。
(いや、おまいはもうちょっと優しくしたれや)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

編集
いやいやPOTEさんは充分優しいと思いますよ

本当の鬼嫁だったら自宅看取りなんてしてないです

私も病院に寝泊まりはしましたけど何か有ればナースコールが押せると言うだけでどれ程心強かったか
(戦力にもならない実子さんがワサワサとするよりどれ程気が楽か)
でも嫌なら介護しなきゃ良いんです
先日母親を看取った近所の息子さん
介護許否して離婚した元妻さんの所へ元サヤとして行かれました
御近所の御高齢者は何だかんだと言ってますがそれもありじゃない?とツンデレは思います
いやー出来た旦那だわとツンデレは爪の垢が欲しいAさん宅のTさんの爪の垢とセットで売りますか?(笑)
2016年04月11日(Mon) 13:22
No title
編集
初めてお便りいたします。いつも楽しく拝読させていただいています。
優しくできないのは、義理親だけではありません。当方、72の母が91の父を老老介護する実家に、2ヶ月に2週間程海外から帰るだけですが、この2週間ですら、実父、実母に優しくなれません。昔からです。歯を食いしばって、顔に笑顔を貼り付け、母の終わりなき愚痴を聞いています。介護と言えるほどの事もしていないのに…。今朝の番組見ましたが、介護の最中にいらっしゃらない出演者の方々に、甘い事を囁かれても、心がざわつくばかりでした…。こんな素直じゃない自分も嫌…。皆さん、どうされてるんでしょうね………
2016年04月11日(Mon) 15:49
No title
編集
こんにちわ。
わたくしもこれ、見ておりました。
はっきり言って、肉親と他人(いっそ他人ならいいが)は違いますよね。その前の20年30年の積み重ねがありますからね、肉親はいい意味の積み重ねですけど、義理のほうはね…。全く違いますものね。まあ考えてみれば私もまさかオット母に今のように接する日があるなんて、想像もしなかったですけど、それは、オット母がいい意味の変化をしたからなんとか、やってますけどねえ。前のままの義母なら、無理でしたね。そういう人のほうが多いと思うんですよね。むしろ悪いところがもっと悪くなるのでね、一旦スタートラインに戻るといってもねえ。できませんわ。
今は、義母というよりも、「他人」と割り切り、むしろ、実母のガンガン頑固にいらだつ毎日です。いやあ、全否定しちゃってますね。できないですわ、正直ね。
2016年04月11日(Mon) 17:52
No title
編集
優しくなくても介護はできます
いや なまじ情に溺れない方がいいのかも

実母は 祖母に子らしいことをせず
娘には 親としてすべき事もせず
してはならない事ばかりした人でした

そんな母の介護に直面した時の
私の原動力は肉親の情というより
“私は 母とは違う事を証明してやる 
 人としてするべきことはやり通す” 
という 意地でしたね 
それってくじけそうになる時 結構力になりましたよ
ここで 投げたら母と同じだ! ってね
多分 お母さん大好き な人より
状況判断も冷静に的確に出来たと思うし
それもまた 介護には有効な事だと思います 
2016年04月12日(Tue) 00:18
見てましたっ
編集
イイ質問ですね~
もしかしたら葛藤のなかでも、一生懸命に介護なさってる方なのかも思います
2016年04月12日(Tue) 04:24
No title
編集
介護2人目3か月前卒業しましたが(後実親2人夫1人)
自分も完璧大好きのA型、初めは手抜き出来ませんでした
と言うか手抜きが分からない
だから思い悩んだ
毎日泣いた
叫んだ
W介護はつらかった
2016年04月12日(Tue) 18:21
>ツンデレさま
編集
「最も警戒すべきは強敵よりも無能な味方である」
「明日の為に今を生きろ」
人生の先駆者の御覚え目出度きは宜しきことではございますが、己の立脚点を失うと傀儡でしかない人生となりそうです。

コメントありがとうございました。
2016年04月13日(Wed) 23:07
>あんなさま
編集
初めまして POTEともうします。

実親とのご関係も苦労の多いことと思います。
ワタクシ自身、実母とは何から何までソリが合わない関係ですので、義親介護で疎遠でいられることは全くもって僥倖であると密かに安堵しております。
親子は仲が良くて当たり前。
嫁は姑に仕えて当たり前。
誰にとって都合のいい「美談」なのかと思ってしまいます。
皆さん、苦労なさっておられると思いますよ。
仲のいい家族って、勿論中にはおられるんでしょうけれど、ワタシには都市伝説に近い感覚があります。

コメントありがとうございました。
2016年04月13日(Wed) 23:07
>よしこさま
編集
「奢る平家は久からず」
「ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」
時の移り変わりとともにかつて強大に君臨していた者はやがて老いさらばえ権力の座から転げ落ちる。
それを待って雌伏に耐え、好機を待つもよし。
でも、まあ、独善俺様気質だった舅が足が弱り、廊下を横切ることができず、壁にすがりついたままおどおどしているのを見た途端、慌てて駆け寄って手を差し伸べちゃったんですよね。
何やってんだか、自分(でも、知らんぷりしなかった自分をちょっとだけ褒めたいとも思います)。

コメントありがとうございました。
2016年04月13日(Wed) 23:08
>TOMAMAさま
編集
そう、ワタシも「あの人(実母)とは違う生き方で成功してやる」とどこかで執念を抱いてきた様な気がします。
お母さん大好き な人はそれはそれでいいですよ。
人それぞれの幸せがありますから。
でも、ワタシにとって母親は決して相容れない存在だし、永遠に主導権を争う仇敵にも匹敵する存在です。
だからこそ、気力を奮い立たせる存在となり、ひいては義親との同居にも自分の病気罹患にも介護にも負けない気概につながったことは否めません。

コメントありがとうございました。
2016年04月13日(Wed) 23:09
>ゆきよさま
編集
葛藤するというだけで大変情愛にあふれた人だと思いました。
平気な人は聞こえのいいことばかり吹聴しておいて、実際には安全圏から決して出てきませんから。

コメントありがとうございました。
2016年04月13日(Wed) 23:10
>農家の嫁さま
編集
一生懸命やるって結構簡単なんですよ。
ひたすら頑張ればいいだけですから。
でも、適切に息継ぎするとか緩急つける極意って結構経験値、度量、覚悟が要ります。
賢人は聞いただけでわかり、凡人はやってみてわかり、馬鹿者はやっても学習しないそうですよ(笑 俺か?)

コメントありがとうございました。
2016年04月13日(Wed) 23:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL