WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

うろうろ歴史民俗博物館

こちらは千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館。
IMG_2377_convert_20160401201123.jpg


太古の昔、人類発祥から現代に至るまでの人類の歩みが6つの展示ゾーンに分類されています。
IMG_2384_convert_20160404194353.jpg


どの時代も見ごたえのある展示内容で、1日居ても飽きません。
飽きませんが、見ごたえありすぎで、足腰丈夫じゃないと途中で脱落します(笑)
↓こういうジオラマは鬼怒川の東武ワールドスクエアや両国の江戸東京博物館でも見られますが、
ここのは更に詳細にしてレベル高。
IMG_2386_convert_20160404194458.jpg


折角だからと、ワタシ企画展のチケットも買ったんですが、
入館の際、案内の方に「館内がとても広いので」と企画展の方を先に回るよう勧められました。
(途中で力尽きて見ないで帰っちゃう人がいるんじゃない?)
(要所要所にベンチもソファもトイレもありますが、まずは歩きやすい服装と靴で来ることをお勧めします)
(当然ワタクシはジーンズにスニーカー)
(不祝儀以外でここ数年ヒール履いてない)
IMG_2387_convert_20160404194547.jpg

女性のからくり人形
IMG_2388_convert_20160404194638.jpg


2分おきに、右の女性が妖怪化します。
IMG_2389_convert_20160404194728.jpg


近世から現代に移り、昔懐かし昭和初期の街。
IMG_2397_convert_20160404194842.jpg


出征兵士の無事帰還を祈って縫われた千人針。
虎の絵は「虎は千里を行って千里を帰る」と言われ、それにあやかるようにとの思いから人気の絵柄だったようです。
IMG_2399_convert_20160404194933.jpg

因みに、うちの婆さまは寅年だったので(戦時中まさに青春時代の16~19才)、「朝から晩までひたすら千人針縫ったそうです。
普通は一人一針なんだけど、寅年の人が縫うとご利益があるからと言われ、一列とか一枚とかどんどん縫う量が増やされて大変だったそうな。
 
昭和40年頃の「憧れ」の団地住まい(爆)
 IMG_2400_convert_20160404195021.jpg


農村地帯の暮らしとの対比。
 IMG_2401_convert_20160404195104.jpg


ワタシの頃の給食はこんなんでした。
IMG_2404_convert_20160404195153.jpg







続きます。





ランキング参加中


よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード