WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

認知症事故 2 司法の見解

どのような事故だったかという概要をおさらいした上で、

N地裁による一審、及びN高裁における二審は次の通り。




ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝




【参考】認知症患者の鉄道事故は家族の責任なのか 「妻子の損害賠償責任」の判断問われる最高裁 より抜粋

    小島好己:東京神谷町綜合法律事務所弁護士




JRは、父の遺族(妻と子4人)に対して

事故により発生した振替輸送等の費用相当の719万7740円の損害賠償を求め、

N地方裁判所に提訴。

父は当時要介護4、認知症高齢者自立度Ⅳという重度のアルツハイマー型認知症に罹患していたが、施設に入らず在宅で介護されていた。

一審のN地裁は、父には判断能力はなく責任能力がなかったとしたうえで、長男が父の介護方針を主導していたとして、長男に父を監督する義務を認めるとともにこの義務を怠ったとした。

さらに、母についても父の動静を注意し父が徘徊などをしないようにする注意義務があったのに、目を離してしまった過失があるとした。

そのことが本件事故につながったとして、N地裁は、母と長男に対しJRの請求額全額の支払いを命じた。

当然のことながら、家族側はこれを不服とし、上告。

地裁から高裁に審理が移される。



二審のN高裁は、一審とは異なり長男の責任を認めず母の責任のみを認めた。

かつ、JRへの支払額を359万8870円に減額をした。

N高裁の、母と長男の責任に対する判断内容は以下のとおりである。

まず責任を負う主体に関して、長男については父とは別居しており、
介護に関与していたといっても介護を引き受けていたものとはいえず、
父の監護義務者などの地位にあったとはいえない としてその責任を否定した。

一方、母については
(1)妻の立場で父の見守りや介護を行う身上監護の義務がある

(2)母は事故当時85歳の高齢者であり要介護1の身障者であったが、子らの援助を受けて父の監護をすることは可能であった

(3)本件の事故前も父は徘徊をしたことがあった

(4)父が駅構内への進入など他者に迷惑をかけることも予想できた

(5)自宅には父が出入りする場所に父の徘徊防止のために、人が通過した場合に鳴動するセンサーがあったのに、父が徘徊するたびに鳴るのでうるさくて切ってしまっていた

(6)母には自宅の外部に開放されている場所に父と二人でいるような場合には、父の動きに注意し、父が徘徊しそうなときには制止するか付き添うべきなどの対応をとるべき注意義務があった

(7)それにもかかわらず、母は父と二人だけになっていたときにまどろんで目を離してしまい、それが本件事故につながっているから、(6)の注意義務を怠った過失がある
などとして、損害賠償責任を認めたのである。

一方、母らは、「駅係員の監視が不十分であった」「父が線路に下りたとされる駅ホーム先端のフェンス扉が施錠されていなかった」として、JRに安全確保義務違反があったという主張をしていた。

これがJRの過失と認められれば賠償額の減額もしくは支払義務の不存在につながることになる。

しかし、N高裁はJRに安全確保義務の違反はなかったと判断した。

改札口の通過や駅構内での具体的な父の行動が証拠上明らかでないということ加えて、フェンス扉は施錠されていなかったとはいえ閉じられてはいたから、JRの安全確保義務違反があったまでは認められない、としたのである。


続きます

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード