WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

河津桜

早春宴会にて


王子王子王子でお座り出来るようになった王子がまたしても全部攫っている傍ら、

テーブル席の方で、姪子ちゃんと久しぶりに語らっていた大婆さま。

大婆さま「亡くなったお爺ちゃんとはお見合い結婚だったんだけどね。

戦後で生活の方が大変で、そうこうしているうちに私が婚期逃しちゃいそうな年頃になっちゃったもんだから、親達が心配して、

それで、間に立ってくれた人が良い人が居るからって紹介してくれて、

それがお爺ちゃんだったのね。

とにかく一度会ってみたらってことになって、お見合いってそんな形式ばった席じゃなかったんだけど、

その帰り道、土手歩きながら、その日初めて会ったばかりなのにお爺ちゃんが「うちには母親がいますけれど、良かったら来てくれますか」って言ってくれて、

それが今でいうプロポーズだったのね」


姪子ちゃん「(キュンキュンしながら)そんな話、初めて聞いたー」

大婆さま「(嬉しそう)だって人に話すの、初めてだもの

姪子ちゃん「(キュンキュン最高潮)わー!♡」

と、大いに盛り上がる80代と20代の女子会トーク。






… 初 め て ?



鬼嫁、500回くらい聞いてますけどね。

気分的には1,000回くらい聞いてる気がするっすよー。


初めてだそうです。

初めて。

何でも新鮮っていいすよねぇー。



暖かい日に近所の河津桜見に行ってきました。
IMG_2257_convert_20160218144546.png
土手の芝生って、冬でも車椅子押す難易度半端なくキツイっすよねえ…
帰宅後、ワタクシ爆睡でした。

車椅子重量12キロに、本体が56キロあるんで。
(婆さま、運動しましょうかぁ?)
(押してる係は、下っ腹とか出てますが、50キロありませんからっっ)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード