WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ でぃすかばりーディープなTOKYO ・2

でぃすかばりーディープなTOKYO ・2

当方の住まいからスカイツリーはチャリ圏内(片道約20分)ですが、

浅草はスカイツリーの目と鼻の先にありまして、チャリなら5分、徒歩でも充分お散歩圏内の縄張りなので、

次の日もまた浅草に出張り、有名な浅草むぎとろでランチしてきました。
mugitoro.png

立派な錦鯉が悠然と泳いでお客様をお出迎え。
(鯉が病気になってしまいますので、勝手にスナック菓子など与えてはいけません)
IMG_2243_convert_20160131142348.jpg

開店は11:00で、基本、外で待つのですが、あらかじめ早めに伺って、名前を記入しておけば、暫く他を散策していても大丈夫です。
(但し、開店5分前には必ず集合のこと)
(ワタクシ、10:40位に着いてしまい、店の奥にいたスタッフの方に出てきていただいて記名しましたが、それでも2番目でした)
(上には上がいる)

1Fは1,000-.むぎとろバイキング(混雑時は相席)。
2Fは2,000-.〜のミニ懐石、定食セット。

10:55に店前に戻ってくると、店前の緋毛氈ベンチには20人前後の待ち客が。

濃紺の法被姿の店員さんが出てらして、

「お待たせいたしました。お一人様のイトウ様(仮名)、お一人様のPOTE村様、どうぞお入りください。

と、先陣切って店内に入り、1Fむぎとろバイキング用のフロア手前の笊に1,000円札を投入。
(あらかじめ1,000円札持って入るとスムーズです)

テーブルに案内され、いざバイキングコーナーへ。

麦飯、とろろ、煮物、卵焼き、お新香、お味噌汁、お茶(冷水)の順番で、
tororo.png

全品おかわり自由なので、コツは最初の麦飯をかっさり軽盛りにしておくこと。

ご年配の方はどうしても先にご飯をてんこ盛りになさいがちですが、それだとすぐお腹いっぱいになってしまいます。

で、ワタクシの膳はかなり控えめなこんな感じ。
おかずも良い感じに煮汁が沁みた根菜煮物で、卵焼きも美味しかったです。
他のテーブルではおかずをピラミッド状山盛りにしている人も随分おられましたが、残すんじゃないよ、全部食べきれよ、それが作ってくださった人のみならず食材に対する礼儀だろーよ。
IMG_2244_convert_20160131142424.jpg
青のりと醤油差しは各テーブルに置いてあります。
青のり振るとかなり風味が増しますし、とろろの味は薄めなので物足りない方は少しずつ醤油垂らして調整してください。

これで、ワタクシとろろだけお代わり繰り返して、3杯飲んできました。
(充分元取ったどー!)

相席になった女子二人組みさんは観光客のようで、「朝ごはんに丁度良いね〜」とスマホで写真撮っておられました。
そうねー、前の晩どんちゃん飲み明かした翌朝頂くのにはヘルシーで良い朝食かも。

で、とろろの何が凄いって、

翌日のお通じがですねー(笑)。
元々、ワタシ快食快便なタチですが、

先ず、最初のがとろろ色で出たんですけど、その次のがとろろ色にマーブル模様のが出てきまして、

これって、宿便

色々、ジム行ったりサプリ摂ったり断食ツアーに参加するのも良いですが、麦とろデトックスっつーのも結構美味しくて効果大かもしれませぬ。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL