せっかく、婆さまがショートで不在なのに、何の因果かじゃっくさんの出張と見事に一週ずつズレ、

お泊まり弾丸突発の夢が虚しく掻き消えた1月末。

馴染みのイタリアンは閉店するわ、
一緒に頑張ってきた介護友は卒業するわ(いや、いいことなんだけど)、
暖冬と言ってたのに、急に冷え込むわで、

置いてきぼり感満載(自分勝手ですが)で、すっかり気が塞いでいたので、近場でうろつき回ってました。

名付けて、「でぃすかばりーディープなTOKYO」

先ずは東京 上野公園内にある会席料理「上野の杜 韻松亭」→■

豆腐料理を中心に提供する料理店。

歴史を感じられる日本家屋の一軒家で、季節によって変わる景色を眺めながら拘りの料理を堪能できます。

会席料理というと敷居が高そうですが、ランチのお弁当でしたら1,680-.

銀座のイタリアン同様、普段使いには苦しいですが(笑)、

大掛かりな同窓会未満、ファミレス以上の、大人女子会や、特別ランチで使うのにはオススメです。
(ただ、昭和初期の造りの木造建物ゆえ、靴ぬぎで先ず階段、その先も段差が多く、足元に自信がない方には残念ながら難しいかと)
(景色と雰囲気はいいんですけど)

「お久しぶりねえ」
「お元気だった?」
「アナタ変わらないわねえ」
「スイミングいいわよ、泳がなくて歩くだけでいいのよ」
なんて会話が襖や衝立の向こうから聞こえて来る座敷で、

全身ユニクロで一人で堂々と訪れたワタクシのこの日のオーダーは、

茶つぼ弁当。
IMG_2230_convert_20160131141555.jpg

お刺身湯葉とか、煮物、吹き寄せで美しく盛り付けられた三段弁当でございます。
IMG_2231_convert_20160131141629.jpg


食事を済ませ、その後向かったのは東京都美術館→

特別企画展でボッティチェリ展が開催中ですが、ディープな「通」の楽しみ方は公募団体・学校教育展でして、

いけばなや書、絵画、彫刻といったグループごとの展覧会が無料で観覧できる場合が多いんです。
(有料の展覧会もあるので、会場ブースごとに受付で要確認)
(HPのスケジュール一覧でも確認できます)

丁度、この時期は東京藝術大学 美術学部の卒業・修了作品展が開催中で、
IMG_2232_convert_20160131141713.jpg

未来の巨匠の日本画、油彩画、彫刻、立体、工芸等々、古典的なものから前衛的なものまで非常に興味深い作品の数々が陳列され、
IMG_2233_convert_20160131141744.jpg

大変楽しゅうございました。
IMG_2234_convert_20160131141908.png

喫茶室、レストランもありますが、ソファ・テーブルで自由に休めるアートラウンジもあって、都内美術館のパンフレットを見たり、読書、常識的な時間内でしたら小休止お昼寝もできます。
(クロスワードパズルしてらした年配のご夫婦はもうちょっと小声でお願いしたかった)

日も暮れたので、その後は徒歩で上野から浅草を目指し、
(スカイツリー方向に20分程度)
IMG_2235_convert_20160131142012.png

夜の仲見世
IMG_2237_convert_20160131142107.png

浅草寺山門
IMG_2239_convert_20160131142218.png

日中は外国人観光客でごった返す仲見世も夜(18:30前後)はこんな感じ
IMG_2240_convert_20160131142310.jpg

じゃっくさん帰宅は20時過ぎなので、まだ余裕はあるし、渋い珈琲屋でも入ろうかと思ったんですが、

流石に歩き疲れてしまったので、丁度最寄駅行きの都バスが見えたので、SUICAかざして駆け込んで乗車しちゃいました。



「でぃすかばりーディープなTOKYO」も少し続きます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply