2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

本来、月→老健デイケア、水・土→デイ の婆さまですが、

先週15火からの咳き込みと痰が思いの外、長引いております。

結果、下記カレンダーの通り、我が家のシルバーウィークは、今年最大のビックイベントひ孫君登場を頂点に、

21月のデイケアにはかろうじて出席したものの、

水土のデイサービス フラワーカントリー(仮名)は咳が治らず、2週続けて欠席(平熱だし完食してるけど)。
calender_convert_20150925153319.png


カレンダー通りの休暇だったじゃっくさんは、21月は映画見に出かけられたものの、
以後は婆さま自宅療養で当てが外れ、
週末26土のデイも婆さま行く気なしで、泣いております。
(咳がすっかり出なくなって、長時間の外出に自信が持てるようになったら、行くんだって)
(…それだと、当分先っすよねー)
休日散歩して、ピザの美味しい店でランチ食べて、映画ももう1本くらい見たかったのに〜(泣) だそうです。

そのくせ、俺たち遊びに行きたいんだからデイ行ってくれとは、老母に面と向かって言えない卑怯者小心者。

何とか行かせろって言うけど、ワタシだって、おかげで連勤だし2回も風呂介助する羽目になったけど、そんな、「遊べないからデイに行け」なんてキツイこと言う役負うのヤダよ(本音はそれ、まんまだけどさっ)。



で、連休明けの今日、(昨日木曜日は休診日だった)往診のN医師に電話で症状を説明し相談したところ、

去痰薬ムコダインと、呼吸器官拡張効果のあるホクナリンテープを7日分処方していただき、

更に、訪看リハビリの後、ケアマネ、老健リハビリ担当者とのリハビリプラン担当者会議があったので、

最後、ご家族から何かありますかと?聞かれたので、

現在の状況を説明し、明日のデイも本人は咳き込みを警戒し、出席を躊躇っているようだと話したところ、

ケアマネ、リハビリ担当者、訪看全員から、

「行った方が良い」
「大事にし過ぎても回復が遅くなる」
「お友達と会って、お話しした方が気も紛れるし、家に居るより楽しいですよ」
「和室からリビングの歩行訓練も2周出来たじゃないですか」
「大丈夫ですよ。行きましょうよ。疲れて大変なら、早めの便で帰して貰えば良いんだし」

と、行きましょう、行きましょう、ワッショイ!総攻撃で(別に打ち合わせしてません)、

婆さま「…そうかねえ…じゃあ、行って来ようかねえ」


YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!


じゃっくさんにその旨メールしたら、レスが泣き笑いの顔文字ですた。
涙の使い処、間違ってないすか?

いや、ホント、有難や有難や。人( ̄ω ̄;) スマヌ





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

【】
どっこも実子さんは良い子でありたいんでしょうねー(笑)

我が家も結局義父の入所することを伝えたのは嫁の私だしね
実子さんたちは結局
ツンデレの体が限界で入所するんだからと丸投げ状態だし
未だに旦那は面会に行かないし(オィッ!)
やれやれですよ
味方はケアマネージャーや訪問看護さんです
って他人じゃん!

でもジャックさんの泣き笑いは判る気もします(笑)

何はともあれPOTEさんもお出かけ出来た様でメデタシメデタシですね

【素敵なご夫婦】
はじめましてかもしれなくてスミマセン

義父母の介護は、ご主人の態度しだいで変わりますね
ご夫婦が仲良くて羨ましいです
【>ツンデレさま】
アーハハー。
うちも、言い難いことはワタシが言う役が多かったですねー。
手伝いますって言ってた人は、それ手伝いちゃうわー!で、本当に手伝ってくれた人達はブログを通して知り合った人だったり、近所の人や看護師さんやケアマネ氏、施設スタッフさん達でした。
(いや、口だけの人も手伝いたい気持ちは確かにあったと思うんですよ)
(でも、気持ちだけじゃあねえ)

あらら、ダンナ様、麺買いに行ってないんですか。
まあ、どのツラ下げて行けばいいんだと、自分を責める気持ちから足が遠のいてしまうんでしょうかねえ。
でも、それを敢えて耐えるのも実子の勤めのような気もしますが。

コメントありがとうございました。
ヨメはツライですねー。
【>ゆきよさま】
はじめまして POTEと申します。
仲良いんですかねー。
昔は、大好きだったんですよ。
いや、今も好きですけど、多分。
でも今は、要介護者(婆さま)に、要支援者(じゃっくさん)抱えてるような気が〜(笑)
7学年上の筈なんですけど、時々小学生の息子みたいになります。
いつか、婆さまを送った後、どういう関係で生きていくのか、時々ちょっと考えます。
(当分先になりそうで〜 怖)

コメントありがとうございました。
この記事へコメントする















POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30