在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

そうだ、箱根行こう 1

9/1(火)小雨がぱらつく東京下町から新宿小田急ロマンスカーで箱根を目指す。

時間の経過と共に、窓外の景色は絶望的に。

当初の予定では、箱根 彫刻の森美術館(野外)を散策し、早めに宿に入ってのんびり…の筈が、
箱根湯本に降り立った途端、滝のような土砂降り。
号(┬┬ω┬┬)泣 日頃の行いの報いですかえ?
IMG_2112_convert_20150902205735.jpg
とても野外美術館散策どころじゃないわと、急遽予定変更。

登山バス(東京で言えば都バス的路線バス)で一番早く発車するのが元箱根(芦ノ湖)行きだったので、
それに飛び乗り、まずは腹ごしらえ。

芦ノ湖畔に建つ小田急山のホテルでおっされーなホテルランチを張り込みました。
IMG_2117_convert_20150902205924.jpg

和食堂つつじの茶屋 限定30食の 彩り膳
IMG_2114_convert_20150902205842.jpg
胡麻豆腐 田楽味噌
箱根湯葉 べっ甲餡
焼ききのこ 水菜浸し
菊花蕪 菊花餡
しいたけ新丈アーモンド揚げ 公孫樹煎餅
季節のお造り
福子幽庵焼き 酢橘
無花果白和え
茶碗蒸し 銀杏 百合根 粟麩
きのこの炊き込みご飯 赤だし 新香

秋らしく、お造りのツマに薄くスライスした人参のウサギさんが飾ってあったり、
無花果の白和えを盛った小皿が無花果の葉を模した焼き物だったり、
色々意匠を工夫して、お味は勿論、目にも楽しい御膳でございました。
席も窓辺の奥に案内してもらい、雨も湯本に比べ小雨になっていたので、つつじで有名な(花期は既に終了)手入れの行き届いた庭園の緑と芦ノ湖を眺めながら、柄にもなく優雅な気分を満喫。
(反対側の奥で大盛り上がりに盛り上がってるばばあ集団が五月蝿かったけれど)
(せっかくの気心知れたお仲間うちの会食で)
(おささも幾分入ってることもあっただろうけれど)
(くっちゃべってる内容が全部筒抜けって、どんだけ大声だよ)
(ばばあはどこに行ってもばばあだな)
(ワタシの後ろに、静かに粛々とお食事されてる老夫婦が居られましたが)
(紳士淑女は幾つになっても何処に行っても紳士淑女)
(件のばばあ集団は会計を一人ずつしてくれとか言い出して、何食べただの何飲んだだのと暫くレジ周りが賑やかでしたわ)
(漸くばばあ集団がトイレに行こう行ってるからねーどこー?あっちー?こっちー?と大騒ぎで出て行って、初めて館内にゆったりした音楽が流れていることに気がついた)
(どちら様もマナーとエチケットを守って良い旅を)

話を戻しまして、
写真に入りきらなかったんですが、デザートは可愛い白玉が二つ入ったお汁粉でしたの。
イケメンのスタッフ君が熱いお茶差し替えてくれて、美味しゅう御座居ましてよ。
おーほほほのほ♪( ̄▽+ ̄*)

元箱根のバスターミナルからホテル間は日中でも10分間隔でシャトルバスが出ているので、宿泊客でなくとも施設利用者ということで行きも帰りも送迎して頂きますた。
湖沿いに歩いても10分くらいなんだけど、天気悪い時、シャトルバスって助かります。
(*´∀人)ありがとうございます♪

お正月の箱根駅伝で有名な、芦ノ湖の大鳥居。
IMG_2120_convert_20150902210405.png
食後、送って頂いた後は、バスターミナル向かい側に成川美術館があるので、そちらにも足を伸ばし、
日本画や工芸品のような万華鏡を見て楽しんでから芦ノ湖遊覧の海賊船に乗船。

北欧の獅子『バーサ号』
17世紀前半『北欧の獅子』と呼ばれ北欧に威をふるったスウェーデン国王グスタフ・アドルフが建造したバーサ号(初代スウェーデン国王)をモデルとした豪華な彫刻に飾られた船です。
IMG_2121_convert_20150902210519.jpg
30分ほど湖上を遊覧し、桃源台へ到着。
本来なら、ここから箱根ロープウェイで大涌谷の勇壮な風景を楽しみながら強羅に向かうのですが、現在大涌谷周辺は噴火警戒中につき立ち入り禁止。
強羅までは代行バスも出ていますが、必ずしも遊覧船と運行時間が連動していないので、
次のバスまで40分待ち、登山バスを乗り継いで行ったほうが到着が早いと案内の方に教えて頂き、路線バス乗り継いで今夜の宿へ。

ホテルマロウド箱根。
IMG_2127_convert_20150902210614.jpg
年季の入った建物ですが、こじんまりとした可愛いクラシカルなホテルで、ワタシは良かったです。
じゃらんでネット予約した際、ホテルへのメッセージ欄に、「在宅介護中で、義母がショートに行ってくれたので、静かでのんびり温泉で寛ぎたいです」と書いたからなのか、
フロントもレストランもスタッフ皆さんすごく親切で、色々声をかけて下さいました。
(単に一人で可哀想だと思われただけ?)
(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり 一人旅は大好きよぉ

お料理はフランス料理で、個室ではなく他の家族連れのお客様も周りにいたので、子供さんの手前、デザートの写真しか撮れませんでしたが、
前菜はフォアグラのパテ、
魚はスズキのグリル、
肉は鴨のハニーデミグラスソース、
デザート盛り合わせは左からアイスクリーム、早生の桃のゼリー、ココナッツプリンに、
コーヒーは一杯ずつ挽いたエスプレッソに近い濃厚な味わいのコーヒーでした。
IMG_2128_convert_20150902210703.jpg
口コミでは料理に対する評価はかなり辛い点数なんですが、うーん…皆さん、このお料理のどこに不満があるんですかー?
本格フランス料理と銘打ったものの所詮「なんちゃってフランス料理」だ、とか断言してる意見もあったけど、そーかぁ?
(どこのフランス料理と比べてるんだえ?)
(カンテサンス?ロブション?)
(でも、このホテルに泊まって他店を引き合いに出して評価するのって逆に野暮じゃないけ?)
ワタシは一品一品丁寧に仕事してる真面目なシェフの渾身の作品だと思うんだけど。
これじゃあ量が足りないとか書いてる人もいましたが、だったらそういう人はビュッフェスタイルのホテルか、和会席の、お櫃でご飯食べさしてくれる宿に泊まるべきだと思う。
ワタシなんか、自分で作らなくていい、座ってるだけで運んでもらえる、後片付けもしなくていいなんて(宿泊客だから当然だけど)それだけで幸せですけどね。

朝ごはんはクロックムッシュ(チーズハムトースト)に
温泉卵バルサミコソースがけ、
手作りソーセージ、
マッシュポテト、
フルーツ、
搾りたてオレンジジュースと牛乳とコーヒーはドリングバースタイルでお代わり自由。
IMG_2131_convert_20150902210800.jpg
いや、美味しかったすよー。

朝のドリングバーも種類少ないとかサラダもっと食べたいとか口コミで文句言ってる人いましたけど、
コーヒーの他に紅茶のティーバッグは6種類くらいあったし、努力してる方だと思うけどな。
サラダ食べたいって、だってそもそも5~6部屋くらいしか客いないんだから(噴火警報の影響もかなりあるらしい)、そんな山のように野菜出せないだろう。
余っちゃったら生ゴミになっちゃうんだから。
(アジア系の若い女性二人組はお口に合わなかったのか)
(ジュースとフルーツしか口つけなかった)
(後でテーブル片してるの見たら、皿に丸々料理残ってたぜ)
(お口に合わなかったすか?それにしても勿体無い)
(団体客はだいぶ減ったみたいだけど、中国人観光客の家族連れは相変わらずどこに行っても多かった)
(バスの運転手さんやホテルスタッフは英語より中国語で説明しなきゃいけない場面がしょっちゅう)


お風呂も強羅のにごり湯で内湯と露天があって、到着してすぐと、夕食後と、朝食前と暇さえあれば温泉に浸かってましたけど、夏休みも終わったからか、ほとんど貸切状態で温泉堪能しちゃいました。

続きます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

コメント

いやぁ夢の様な旅行ですね

西日本在住だし、嫁に来てからは倉敷と知覧しか行った事がありませぬ
(無論義両親と一緒)
義父が倒れてからは出掛けるのは用事のみ
の私にとっては羨ましい旅行です
普段自宅にて自分で料理店して自分で片付ける主婦にとっては配膳も片付けもスタッフがしてくれるだけでも至福です
料理にしたって食べきれない程供されるよりも
少量でもおいしく食べきれる料理が望ましいと思います
どれも美味しく写ってますし2日目の旅行記楽しみにしてますね
当初の土砂降りも 中止した人や早々に帰った人がいて
すっきり ゆっくりできたと思えば 露払いみたいなもんですネ

いい旅ですね お料理も癒しですよね
どうして 素人の口コミは点がからいんでしょね
グルメでもないのに

一方 旅行誌の高評価には何度もだまされてます*o_ _)oバタッ
“歴史ある” “伝統の” 旅館には二度と行きません(笑)
昔 結構張り込んで 母を連れて行ったら 
エレベーターない 廊下きしむ 寒い で 
文句だけ言われて 帰って来ましたから

第2報 待ってまーす
良い息抜きでしたね~

やっと自分の都合の良い日にちに出かけられるようになりましtが、
どっこい相続は面倒ですね~
母親のときは生きてる父親に変更するだけでしたが
今度は何でも相続で変更ですから、区役所で本籍やら除票やら
やたら届けがいります。もう、うんざりです。
たいした財産あるわけでもないのに手続きだけが山のようです。
お元気になられて良かった
自分の自由時間!元気になちゃいますよね。
1人温泉良いですね。
ランチも夕食も美味しそう
口コミは私も見ますが色々書いてますよね
思い思いですよね。

去年の暮のイルミネーションの旅が中止になってそれっきり
続き楽しみ
ツンデレさんだって、思い立ったら行けますよ。
お泊まりは無理でも、日帰りだって色々プランあると思います。
お嬢さんとたまにはのんびりお出かけなさってはいかがですか。
用事と時間に追われない外出って楽しいですよ。

コメントありがとうございました。
手軽なツールで発信しやすくなった分、国民皆評論家と化している昨今ですが、そのコメントもあまりに玉石混合すぎてねえ。
タイアップ雑誌は宣伝みたいなもんですから、これまた鵜呑みにすると現場で驚かされます。
何れにしても今は事前リサーチも可能ですし、せっかくの旅行、トラブルも面白がってしまえればブログネタ降臨で儲けもんくらいに考えてます。

コメントありがとうございました。
お忙しいようで、お疲れ様です。
そうなんですよ、男性が逝去すると色々煩雑な手続きが待ってるんです。
でも、一つずつ片付けていけばやがて終わります。
そして栄えある完全卒業です。
無理なさいませんようにご自愛ください。

コメントありがとうございました。
ご心配頂きありがとうございました。
もしかしたら、世間や周囲の人は「何あの人一人なの?やだー可哀想ー」と思っているかもしれませんが、「そんなの関係ねえ」
映画館もディズニーもファミレスも結構お一人の人って居るんですよ。
おかげさまでワタシは楽しく一人を満喫しとります。
そちらさまもまたどこかお出かけ出来るといいですね。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/1353-7296a26f
<< そうだ、箱根行こう 2 | TOP | のんびり湯治のはずが >>