WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

饒舌に語って地雷踏む

お世話になったご近所の方(ご主人様)の訃報が町会掲示板に貼られました。

最近、奥様の方しかお見かけしないな〜とは思っていたのですが、享年88才。
通夜・葬儀は7/9木10金、地元の葬儀店にて。

爺婆さまも老人会メンバーとして仲良くして頂きましたし、

爺さま葬儀の際もお香典を頂戴しております。

ワタクシも随分心配して頂いたり、気にかけて頂きましたので、

台風の進路を睨みつつ、お焼香に伺いたい所存。



で、そのことを今夕婆さまに報告相談しましたところ、

脈絡もなく(いや、本人的には葬儀出席繋がりなんだろうけど)何年も前に亡くなられたお向かいさんの話が始まり、


「お向かいの福山さん(仮名)が亡くなった時、地元の大熊葬儀店じゃなくてK岩の方の斎場だったのね。

行きは車出してもらえたんだけど、帰りはタクシー使えばいいわと思ってたら、

同じように焼香に来てた友達のタチバナさんからも、隣のオオミヤさんからも

「車で来てますから、うちの車に乗ってください」って言ってもらっちゃって、
(どっちからも乗ってください乗ってくださいって勧められちゃって困っちゃったわ 人気者はつらいわねえ うぷぷぷって感じ)

結局、オオミヤさんに乗せてもらって、あの時は助かったねえ」


その故福山さんの葬儀の話が今回の方の訃報とどう繋がって、何を言いたいのか、などと問うてはいけません。

そこに意味や意図は無く、単に「思い出した」から話してるだけなので。
(年寄りの茶飲話なんてそんなもの)









福山さん(仮名)の奥様が亡くなられた時のお通夜ですね。7~8年前でした。

ええ、ワタシもよく覚えていますよ。

で、
行きに車出して送ってくれた じゃっくさんのこととか、


通夜に同行した ワタクシの存在は、




キレイさっぱり

消去されてるって、

ねえ。il||li _| ̄|○ il||l
(爺さまはお留守番ですた)


帰りはタクシー呼んでと思ったら、その前に婆様がトイレに行きたがって、

既にその頃も、短時間で出てこれない、お小水でも時間のかかるお年頃なもんだから、

ずいぶん時間かかって、トイレから出て来たらもうほとんどの焼香客は帰ってしまっていたんだけど、

オオミヤさんがずっと待ってて下さって、

ワタシ達二人を乗せて下さったのを、ワタシも

よーーーーーっく覚えてます。



とは言ってませんが、

そうでしたか〜行きは誰かが送ってくださって、帰りはオオミヤさんが送ってくださって良かったですねえ〜ニコニコ(⌒∇⌒ ;)とは流せんかった…
(能面拝聴が精一杯ですた)



…は〜…

アレかな、自分一人で行った記憶になってんのか。

確かに脳梗塞で倒れる前だから、毎日整体だカラオケだ押し花だって忙しくしてた頃で、
一人で歩くことは出来たけど、方向オンチだからしょっちゅう迷子になって、
付き添いなしで不慣れな場所に辿り着くなんて、とっくに不可能だったんだけどなー。
il||li(つд-。)il||li 虚しいぜえ





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

良くある話 

そうなんですよ、年寄りって自分の都合のいいことばかり
思い出して話すすんですよね~

いろんな付随したことはきれいさっぱり忘れてるのか、話たくないのか。
どんなことにもいろんなことが付いてるし、回り回ってがあるのにきれいな自分、かっこいい自分、が先頭なのです。
物事の自慢が大好きな父親も、聞きたくないのに戦争での自慢話が大~~いすき。
徴兵されたとはいえ、人殺しなんて聞きたくないわ。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.07/06 11:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

わが家の某御仁、最近はめっきり口数が少なくなって、
リフレインしないので楽なのですが・・・
(1年前までは仕事に執着していて煩かった)

頭の体操がてら、毎日私の名前を聞いてみると
よく前職さんのお名前が登場しますv-293
しかしながら、その方が前職だとは分かっていない様子。
古い記憶は奥底にこびりついているのでしょうね。
私が現職だということだけは理解しているようなので、
笑って赦してあげてます(ぷ)

POTEさん、本当に尽くして差し上げてらっしゃるのに、
見事に忘却の彼方とは、何ともお気の毒でございます。
某御仁のお姉さまも、お母上に24時間ご奉仕中ですが、
娘であることも忘れて暴言三昧。
1言えば100返ってくるので、ひたすら忍耐。
本当に切ないですね・・・。
  • posted by miu 
  • URL 
  • 2015.07/06 21:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

>みかんさま 

盛りますよね〜。
え?何でアナタが主役になってんすか?って思うことはしょっちゅうです。
まあ、過去の栄光、麗しき追憶に浸ってるのに、無粋に訂正入れるのも意地が悪いんでスルーしてますけど、そのまま外の人が鵜呑みにしてるのかと思うと面白くないですねえ。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2015.07/08 19:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

>miuさま 

まあ、所詮他人、所詮超高齢者、期待するだけ無駄なんでしょうね。
頭では分かっていても、目の前で得意げに捏造話披露されると、へぇ〜〜〜と空々しい相槌しか打てません。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2015.07/08 19:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード