皆さんは外灯(門灯)をいつ消されますか。

防犯上は 外灯は終夜点灯が望ましい そうで、現在はLED電球もかなり普及してきましたし、

暗くなると自動でほのかに点灯、人が門内(玄関付近)に入るとセンサーが働いて明るく点灯というのもありますし、

そもそもLED以前でも外灯の電気代は微々たるもので、少額を節約して真っ暗な家にして、わざわざ空き巣に「寝てます」「留守です」アピールすることもないでしょう ということのようです。

因みに、うちは前述の、暗くなるとほのかに点灯、人が玄関前に立つとセンサーが働いて明るく点灯のタイプなんですが、


新築(同居)したばかりの頃は、ワタクシも社会経験も足らず、町会活動は婆さまに任せっきりということもあり、

町会防犯にはとんと疎く、

外灯点灯は自動にしていましたが、じゃっくさんが帰宅したらその都度消灯してましたし、

日曜で休みの日は、夕食前後には外灯消してました。


「じゃっくさんが帰ってきたから、もう外灯つけてなくていいだろう」
「もう誰もこない休みの日の夜だから、もう消していいだろう」
という考え方です。

で、同居以前から、うちの駐車スペースの一角を近所の方に駐車場としてお貸ししており、

きちんと契約も交わしてはありますが、

徒歩数分のご近所で、長年のお馴染みさんということもあり、

月末支払い(直接持参)ということにはなってますが、この借主さんがわりかし緩〜い方で、

ついうっかり、翌月になってから、悪びれもせず支払いに来ることも珍しくなく、

まあ、それでも、賃貸関係は爺婆さまの管轄なので、我々息子夫婦は関与してなかったんですが、


その借主さんがまた忘れたらしく、前払い契約なのに月末に駐車場代の支払いに来なかった。

「(借主)はしょうがねえなあ」なんてじじ様がぼやいてるのは聞こえてました。

そのまま月が変わり、数日が過ぎ、日曜の朝(午前中)、ワタシが玄関前を掃いてたら、借主さんがにこやかに「おはようございまーす」と挨拶され、これから土手に散歩に行くところだとか。
お( ̄o ̄)い

(散歩行く前にうちに持ってくるもん、あるんじゃねーのか?)と正直思ったけど、

婆様たちの手前、「駐車場代が未納云々」の催促は言えませなんだ。
( ̄" ̄;)

でも、お散歩から帰ってきたら持ってくるかも とか、かすかに期待したんですが、

その後、夕方、借主一家が家族で車で外出して行った際も、支払いには立ち寄らず、

これ、呑気通り越して、怠慢なんじゃね?と思いつつ、
(=n=;)ムムゥ

そのうち我が家も夕食時間となり、嫁はおさんどんで忙しく、それでもいつもの習慣で外灯を消して、

夕食後の片付けと風呂の準備に忙しく動き回っていたら、


夜9時近くにチャイムが鳴って、いきなり借主さん支払いに登場。
ヽ(`Д´)ノ遅くね?

借主「ごぉめんなさいねぇえ、うっかりしちゃってぇ、あたしったら〜あははは〜〜〜」

爺さま「いやいや、とんでもない、あんな狭い駐車場なのに申し訳ないです」

で、無事、その月の駐車場代はお支払い頂けたんですが、


借主さんがお帰りあそばした後、爺さまがワタシに烈火のごとく激怒っとる。

σ(;・∀・)ハッ?
何故にワタシ?

怒り過ぎてて、始めは何を怒ってるのがさっぱり分からなかったんだけど、

折角、長年の付き合いの借主さんが駐車場代持ってわざわざ夜来てくれたのに、外灯が消えて外が真っ暗だった。
何たる無礼、何たる怠慢、許し難い所業ゆえ成敗してくれよう、ええい、そこになおれ、なおらぬか。

つーことらしいよ ぷぷぷ 誰がなおるか


爺さま「なんで、電気消した。
なんで、そんな恥ずかしい真似しやがった!!!」







…はあ?( ̄Д ̄;)


誰も来ないのに、外灯つけてる意味がないからです。

今夜駐車場代持ってくるって知ってたら消しませんよ。

それに、借主さんが来た時点で外灯も玄関灯もつけたじゃないですか。

外灯ついてなくったって、角の電柱には立派な防犯灯がついてるし、和室の明かりはついてるし、真っ暗闇に立たせたわけじゃないじゃないですか。

そもそも、格段の事情でもないのに、夕食が終わってそろそろ寝ようかって時刻にのこのこ駐車場代持ってくる方が非常識ですよ。

今日だって何度もうちの前通ったり、車出したりしてるのに、支払い忘れてる側の方がよっぽど恥ずかしい真似だと思いますけど。


とは、言ってません。
(まだ立場の弱い若輩者でしたから〜笑)

結局、じゃっくさんが間に入って、以後は防犯の意味からも外灯は消さず、終夜点灯することで落ち着いたんですが、


どれだけ長い付き合いだか知りませんけど、そんなに持ち上げてへいこらするほどの、有難いご近所さんなんですか。

狭い駐車場ですみませんって、言う言葉間違ってません?

貸してるのはこっちですよ。どっちにいい顔してるんです。相手間違ってませんか。

そんなに大事なご近所さんならせいぜい仲良くして、困った時も全部あちらに助けてもらえばいいじゃないですか。
きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

とムカムカエンドレスループが治まらなかった夜。


それから数年後、爺さまは要介護状態になり、
大切なご近所借主さんに無礼千万働いた不心得な恥嫁に
おシモの世話から髭剃り、着替え、食介に至るまで全介助される日々が始まるわけです。
il||li _| ̄|○ il||l どっちも勝者とはならない理不尽な現実…

まー、言った方はそんなことこれっぽっちも覚えちゃいませんけど、

言われた方はねー、死ぬまで覚えてます(笑)

爺さま逝去後、爺さまに関わる記憶はかなり美化され浄化されましたが、
それでも忘れられない罵詈雑言は決して忘れません。

介護中、大好きなご近所借主さんが何か手伝ってくださることもなく(当たり前)、

その後、あちらのご主人が亡くなったり、色々あって、数年後、駐車場契約は解約されました。

今は借主さんもデイ利用しているとかいないとか、近所でももうお付き合いは切れてしまったので、はっきりしたことは分かりません。


うん、つまり、防犯上外灯は終夜点灯いたしましょう というお話でございました。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 6

There are no comments yet.
ツンデレ  
得手勝手

何ですかねー嫁ってカースト制度の底辺なんでしょうか?

まぁ我が家だって嫁いで何年も底辺味合わせていただきましたから
もう表面だけで良いやと匙を投げました

外面の良さを保つ為に嫁は底辺を這いつくばるなんて…そんな理不尽は20年続きました

そんな鬼嫁に義父は認知と言う忘却の彼方でやったことを忘れて介護を受けている
でも私も忘れてませんよー
お世話になったけど…やられた事も結構ありますから

そうは言えどまだ在宅続けてる嫁って…
なんなんでしょうね

2015/07/01 (Wed) 07:23 | EDIT | REPLY |   
みかん  
許せない言葉

忘れちゃいませんよ、私も。

「なんで俺だけこんな苦労するんだ、他の人は老後を楽しく過ごしてるのに」と母親が認知症の真っ最中に放った言葉。
これを忘れられなくて、父親に優しく出来ません。
この言葉を今の父親にそっくり返したい、もうすっかり忘れてるでしょうけど。
ろくに介護もしなかったのに、偉そうに言うのが許せませんでした。
言った方はすっかり忘れてるけど、言われた方は一生物ですね。

2015/07/01 (Wed) 14:34 | EDIT | REPLY |   
農家の嫁  

外灯が消えていても全然恥ずかしくないですよ!
家は主人が帰宅したら消します
帰ってても8時過ぎには、消しますよ
9時に訪問は遅いです(電話も緊急以外)

嫁いで31年何年経っても嫁ですよね
今世話している婆様も姑になる前は嫁
介護手続きをして8年目家の事自由にできるようになったのは爺さんが、あちらにおいでになった4年前かな?
それまで色々ありましたね
辛かった事の方が多いかも・・
後何年自分で居られるのだろうか?(認知になるまで)

2015/07/01 (Wed) 16:58 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ツンデレさま

底辺扱いしてるつもりはないんでしょうけれど、受ける側からすると立派な底辺扱いですよね。
うちの年寄りはそういう点では言葉を惜しまない人なので、褒められたり感謝されたりもしましたが、褒められる女中、感謝される小間使いみたいな感覚が拭えないのも事実です。
何でやってるんだろうな、ワタシ…と自問自答しつつ、でも他に適任者がいないしとか、ご親戚の方に頭下げてお願いされたしなとか思ってます。
あ、あとカネ目当て(笑)

コメントありがとうございました。

2015/07/02 (Thu) 20:09 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>みかんさま

足踏んだ方はすぐ忘れても、踏まれた方は決して忘れませんね。
それを「その程度のことで執念深い」とか「いつまでもそんなことに拘って」と気軽く言う人は決して他者の気持ちには寄り添えないのだと思います。
親だから年長者だから、無条件に敬い、尊敬し、大事にしろって言われても、そんな簡単にはいきませんね。

コメントありがとうございました。

2015/07/02 (Thu) 20:10 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>農家の嫁さま

よくしていただいたことも沢山有るはずなんですが、忘れられないのは「されたこと」「してもらえなかったこと」ばかりです。
「◯◯しやがった」なんて親にも言われたことがなかったので、こんな人とは暮らせないと離婚届用紙役所に取りに行ったのも良い思い出です(笑)
手続き手順の説明してもらって、あまりの煩雑さに断念。
(離婚するのって大変なのねー)
そういや、あの離婚届どこにやったかな。

コメントありがとうございました。

2015/07/02 (Thu) 20:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply