WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

万華鏡キラキラ

先日、某施設の(すいません、元々仮名ですが、それでも敢えて施設名は伏せます 汗)レクで
万華鏡を作ってきたんですが、

POTE「万華鏡なんて凝ったもの作るなんて凄い、頑張りましたね〜」と早速覗かせてもらったところ、
IMG_2001_convert_20150603154009.jpg







ん、んんー?( ̄- ̄;)

中、暗くね?

婆様「何か思ってたのと違うんだよねえ。万華鏡ってもっとキラキラした綺麗なのが見られるんでしょう」

POTE「そ…そうですねえ、でも、まあ、レク担当さんも一生懸命材料揃えて下さったみたいだから」
(苦し紛れすぎて、どこもフォロー出来てない)
(中身のビーズ、ファンシーキラキラビーズだけど透明じゃないから光を通さず暗いんだと思われ)

で、前々回の大きな地震があった日(緊急地震速報が鳴りまくった方)に、紙問屋や手芸専門店街でもある浅草橋に出かけて行って、

万華鏡工作セットを買って来ました。

パーツが全部揃ってるので、用意するのはセロテープと工作のりとカッターとハサミくらい。

小学校低学年でも出来るそうですが、いざやってみたら案外難しかった。
ε~( ̄、 ̄;)ゞフー
(単にワタシの読解力に難が有るだけかもしれんが)
(組み立て説明書って苦手だす)

丁度じゃっくさんがまた出張で留守だったんで、昨夜あーでもないこーでもないと悩みながら、小一時間奮闘し、何とか完成したのが↓の右。
左が施設で婆様が作ってきた力作(おい)。
IMG_2000_convert_20150603113508.jpg

やっぱり
万華鏡1_convert_20150603112430

このくらいじゃないと
万華鏡2_convert_20150603112451

ねえ。
万華鏡3_convert_20150603112511
中身に入れる色アクリル板(赤・オレンジ・黄)とレースリボンの端切れもパーツとして予め入ってましたが、青が足りないのでてきとーに湿布の薄紙の青字で印刷されてる部分を切ったり、透けるビーズ入れたりして、何度か入れては覗き、繰り返し調節し、今朝、婆様に進呈。
グッ!! ( ̄ε ̄〃)b

レク担当の方も限られた予算の中で色々発案しないといけないのでご苦労だとは思いますが、

ぶっつけ本番で作ったみたいなので、まあ、またもや4月からの改正介護法でベテランスタッフはごっそり離職する、仕事は増えるで、忙しくて休む時間も無いんでしょうけれど、

せっかく作るなら、そこそこ利用者さんたちが喜ぶものじゃないとね〜。

やっぱり予習、試作は大事。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード