在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

遥かなる風

5月も間もなく終わりとはいえ、

連日の30℃という真夏日に、皆様如何お過ごしでしょうか。

ワタクシは例によって、油断してたらまたもブログ絶賛放置状態で、
人( ̄ω ̄;) スマヌ

婆様の冬用羽毛布団をついに夏用薄がけに変えたり、
庭の生垣刈り込んだり、
寄せ植えのパンジーとビオラをバーベナと千日紅に替えたり、
グリーンカーテンのゴーヤ苗を買いに走ったり、

在宅介護専業主婦下町のちんちくりんオニヨメとして、それなりに忙しく無駄に動き回っております。

で、俳優 今井雅之さん 亡くなられましたね…

去年の年末に腸切除の話を聞いて、芸能ニュースの映像でも大分痩せておられたので、心配していましたが、

4月末の、舞台降板の説明と挨拶に出てこられた時の痩せっぷりから、正直これは厳しいとは思っておりました。

大腸のガン友も何人か送ってきましたが、勿論、寛解して元気に社会復帰される方もたくさん居られますけど、

やっぱりね…復活できるライン越しちゃうと難しいと思うんですよ。

勝手な想像ですが、当然、初発部位だけじゃなく、方々に転移している可能性もあったでしょうから、そうなるとね…

お若い頃はコメディやったり刑事ものの犯人役やったり筋肉バカみたいなポジション(失礼!)でしたけど、『THE WINDS OF GOD』は国内のみならずブロードウェイでも高い評価を得た作品ですし、演出にも脚本にも大変優れた資質を持った人でしたので、経験と年齢を重ねてもっともっと活躍していかれる俳優さんだと思っておりました。
本当に残念です。

名声優 中村秀利さん(ゴロリやブルース・ウィリスを挙げられる事が多いですがワタシは断然CS-I NYのマック・テイラー刑事)
司会者 愛川欽也さん(アド街2代目のイノッチも好きだけど、ラジオ世代だったワタシには、あのオープニングトークが聞けないのが寂しい)

皆、いなくなっていくなあ。

婆様の夕食のお茶注ぎながら、そんな物悲しい思いで、今井雅之さんの訃報を伝えるニュース番組の芸能コーナー見ていたら、

婆様「この人、飛猿さん?」
POTE「(;・∀・)ハッ?違う人です。(確かにゴツい系だけど)ワタシと同世代の俳優さんですよ。飛猿やってた人は10以上年上です。そちらはにしきのあきらとか天地真理とかの世代の人です」
婆様「ああ、そうなのね。そう、にしきのと同じなの。それで、歌歌えるの?」
POTE「…歌も歌えるというよりは、飛猿さんは元々は歌手なので」
婆様「あらやだ、歌、歌う人だったの」
(歌の特番でV6が出てきたら、当時大河ドラマ主演していた岡田准一君が居たもんだから、「特別ゲストで官兵衛さんが歌ってた」と興奮してた前科あり)
(ゲストじゃないの、お芝居もいっぱいやってるけど、アイドルグループが本職)
POTE「昔は歌手じゃないとTVに出られなかったですからね」
婆様「で、この人、飛猿さん?」

ちーがーいーまーすー。
(#^ω^)ピキピキ

振り出しに戻るようになったなー。

最初の問いに答えても、話が膨らんでいくうちに最初の問いを聞いた事を覚えていないから、

同じように同じ言い方で返答する事が増えてきた。


殊に、最近、本人も苦労してるのが今放送中の朝ドラで、

時代背景も2003年、多少過去に遡ってるけど現代劇なもんだから、

エリーちゃんや花子ちゃんやメイコちゃんみたいな昭和の頃の戦中戦後の「あった、あった、自分もやってた」みたいな食いつく要素が乏しくて、
(パティシエだのオーディションだのITだの、聞いててもさっぱりついていけないらしい)

しかも、主人公の女の子と幼馴染たちの群像劇的な作りなので、それが一層混乱を助長するらしく、

立て続けに登場していればまだしも、久々に出てきたり、服装変わったり、髪型変わったりすると、もう誰が誰だか、友達なのか兄弟なのかも分からなくなるらしく、

4月からずーっとワタシ、ドラマの解説させられてます。
今どういうシーンなのか、今出てる人は誰の親で、この子は◯◯って名前で、こっちの子は本当はあっちの子が気になってて とか、担々麺ってどういうものなのか とか。
ε-(;ーωーA フゥ…

でもその割に、

先日、デイに新しく配属された、若いイケメンスタッフ君の名前は
一発で覚えて、ヨメに嬉々として教えてくださったりする。
(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

こーの、イケメン好きがッッ



婆様「ご馳走様でした。で、さっきの人、飛猿さん?」
お( ̄o ̄)い

婆様「違うの、安心した。でも、この人飛猿さんにそっくりよね」

そーかぁ?(ー'`ー;)

とにかく、


飛猿こと野村将希さんは



死 ん で ま せ ん 。


お元気ですっっ。




今井雅之さんのご冥福をお祈り申し上げます。
(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

コメント

POTEさんはちゃんと答えてあげてますね~
お舅様は耳の方は大丈夫なんですね。

我が家はまったく、っと言っていいほど聞こえません。
補聴器のボリューム最大でやっとの状態です。
ですから、返事はおろか何も会話がないですわ。
父親は好きなテレビを見ながら一人で食事してます。
年寄り独特の咳と痰も凄く、食事中に聞かされたら
こっちは食欲無くなりますわ。
「そうか… で ○○なの?」w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
昔の悪夢がよみがえる!!

本人は 本気で分からないんだから(ピキピキ)と 
辛抱するのが 怒鳴られるよりストレスだったな
大分聞き取りにくくなってきてはいますが、茶飲話程度のその場凌ぎ会話は成立します。
ただ、記銘は格段に低下してますので、こちらの言った話を覚えてないのは当たり前、自分が言ったことすら覚えていませんから、デイから帰宅後に 、あのね報告1、一寝入りして読経前にあのね報告2、夕食後にあのね報告3、翌日朝食とりながらあのね報告4、調子がいいと5や6まで続くのが最近の日課です。(当然全部同じ内容 笑)

コメントありがとうございました。
高齢者は、常に「新鮮」「初めて」ですよね。
でも、こちらにしてみれば「昨日言った」「さっき言った」「今その話してる」ですから、苛つきもしようってもんです。
もう最近では達観できるようになったのか、平然スルーと平然おつきあいができるようになってしまいました。
ただ、もーえーっちゅうに!という限界数越えると、こちらもあからさまにてけとーな態度になって、口だけ相槌打ちながら全身テレビに集中しまうので、その辺りが、それが人の話を聞く態度かとあちらにはご不満のようです(笑)。
(所々忘れて話に詰まると、教えたろかと思うくらい何10回と聞かされた昔話 大笑)

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/1295-44c23271
<< 揺れたけど | TOP | 震度4 >>