WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPそぞろ歩き ≫ ぶらり西伊豆の旅 ・2

ぶらり西伊豆の旅 ・2

6時に女将さんが運んで来てくださった、ワタシの今夜の一人飯が
↓これでございます。
IMG_1953_convert_20150521215250.jpg
お造りは分かっただけでも伊勢エビにアワビに有頭エビにイサキにマグロにイカに白身2種、(スズキとタイかも汗)。
伊勢エビは活で、運んで来られた段階では触覚が動いてました。

カワハギの肝煮付け、ズワイガニ、酢の物、焼き筍、
サザエのつぼ焼き、前菜皿はエビのピリ辛焼き、えのきと海藻の煮こごり、自家製塩辛、白身の揚げ煮、照り焼き、伊勢エビのマヨ焼き(チーズかも)、イサキの塩焼き、
これにご飯とお吸い物が付いて、デザートはズワイのかに足の下に隠れてるサマーオレンジ。
IMG_1954_convert_20150521215335.jpg
で、この後喰って喰って喰いまくりましたわよ。
さすがに完食は無理でしたけれど、とりあえず全皿箸をつけました。
サザエまいう〜。

思わず伊勢エビ持ってご満悦のワタクシ。
iseebiyoru_convert_20150521195823.jpg

しかし、驚くなかれ、第二幕の翌朝は、自分で焼くアジの干物、ハート型の目玉焼き、鶏肉のゴボウ巻き、ひじき、しらす乗せ木綿豆腐、イカ刺し、まぐろ、焼き海苔、カニ棒肉、ポテトサラダ、肉味噌、かまぼこ、納豆、昨夜触覚動かしてた伊勢エビの半身(エビの頭もズワイの関節も入ってました)の味噌汁、ご飯。
IMG_1970_convert_20150521222155.jpg

これぞホントの神の味噌汁的豪勢なお椀片手にデジカメで自撮り。
(外の方が明るくて逆光になってしまった)
iseebiasa_convert_20150521195754.jpg
これで一泊9,000円ですよ。
布団敷きがセルフだとか、トイレが階下だとか、それをさっ引いてもお釣りが来るラグジュアリー感(当社比)。

トイレもシャワートイレだし、お風呂は結局3回入って、たま〜に他のお客さんとすれ違った際に挨拶して、

極楽です。

ここのご主人はホテルのレストランで板前さんだった経歴の持ち主だそうで、素材も良いけど、技術も相当なもんです。

女将さんも優しくて明るくて、建物自体は老朽ですが、掃除は行き届いてますし、あちこちに心づくしの飾り物やお花があって、「お・も・て・な・し」の精神に満ち溢れている素晴らしいお宿でした。

9時半に宿をチェックアウトし、雲見大橋から見えた天草を広げる作業。
これがところてんの寒天になります。
IMG_1943_convert_20150521214835.jpg
この日は肉眼では富士山が見えたんですが、コンデジだと殆ど分からず。
IMG_1941_convert_20150521214752.jpg
限界までズームして、

…牛着岩の奥にほの白くそびえる夏の富士山が…見えない。
IMG_1974_convert_20150521215614.jpg

この日は松崎に向かいます。
IMG_1977_convert_20150521215710.jpg
雲見の次の石部温泉の凪いだ入江と美しい水の青をご覧ください。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

ご一緒したかったわぁ
編集
ネットも無事つながりました。

二十数年前に行った当地近くの民宿は
ロケーション、設備等は最悪ながら
(窓を開ければ廃墟とゴミ捨て場っつう)
同様に海が近く海鮮料理は今でも忘れられないほど最高に美味でした。

今は少しは整備されているかな?
…てか、まだ現存してるかな?

全て現状打開の暁には
当地の海の幸も味わいに
弾丸突撃を是非ご一緒に!
2015年05月24日(Sun) 11:32
>先ほど交渉終了さま
編集
お疲れ様でした。
次回はワタクシの完全卒業か、はたまたそちら様の状況変化かと思っておりましたが…

事態硬直状態〜。
(良いんだか悪いんだか 汗)

でも、いつか、いつかまた是非。

コメントありがとうございました。
2015年05月24日(Sun) 15:31
満喫!
編集
一人旅満喫ですね~

私の場合は必ず旦那さんが付いてくるので
一人旅はまず無理!
定年もとっくに過ぎてただ今デイトレ中。
 
それにしても民宿のお料理、食べ切れましたか?
年と共に食べられる量が減ってきてごちそうが出ても
食べきれない~
2015年05月25日(Mon) 07:29
No title
編集
やっぱり 旅のスキルが違うなあ
ツアーに乗っかった一人旅と
直接交渉&単独突貫する旅じゃ
天と地ほどの差だわ

叩けよさらば 開かれん
今年は 普通のツアーに単独参加をクリア
次は…  
poteさんの影を追いかけてみたいぞ うん!(^^) 
2015年05月25日(Mon) 23:11
>みかんさま
編集
ワタシだってじゃっくさんが一緒なら、車出してもらって、道の駅でしこたま買い込んで、ソフトクリーム食べて、宿到着まで助手席で大いびきですよ。
でも、じゃっくさんは土日しか休めないし、これから運動会シーズンなので毎土出勤で撮影です。

食事、全部平らげるのは無理です。でも、頑張って全皿、一口でも堪能しました。
民宿の料理の量が凄いのは承知してましたけど、徹底的に魚介一色で、その分中途半端な天ぷらや肉系が無かったのも良かったです。
(よく山の方の宿で、この程度のお造りならいっそ無くても…というのがありますよね)

コメントありがとうございました。
2015年05月26日(Tue) 20:23
>TOMAMAさま
編集
まあ、昨今は昔ほどお一人様が奇異の目で見られなくなったので助かってます(笑)
独身の頃、ツアーに一人参加したら9割がご夫婦で、男漁りに来た変な小娘みたいな言われ方しましたっけ。
奥様がお土産買うのに夢中で、ほったらかしで待たされてるご主人と、集合場所で世間話してただけなんですけど、奥様的には相当不愉快だったらすい。

一人旅は自由ですけど、リスクもあります。
あらかじめ充分リサーチしているのに、いざその場になったらバス乗り間違えるとか、乗り場違いで乗り遅れて、次のバスは2時間後とか色々ありますから、そうなっても対処できる時間とお金と気持ちの余裕が肝心です。

治安、防犯のことも多少考えておく必要もありますから、部屋の出入りや貴重品の管理、暗くなってからの散歩もコース選択が重要です。

それらをクリアできれば、これほど自由な旅はありません。
ルールとマナーを守って、安全で楽しい旅を。

コメントありがとうございました。
2015年05月26日(Tue) 20:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL