WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

我もまた老いて行く道程

先日、ばば様のヘアカットでお世話になった理髪店のご夫婦は、

じじ様健在の頃からひとかたならぬお世話になっており、
(^人^)感謝♪

当時はあちらにもダンナさんのご両親(我が家とおっつかっつの大正〜昭和ひと桁の老夫婦)がおられ、

認知症老人あるあるの、上から下までのあーんなことやこーんなこと、

凡そ、実体験している者でなければ理解出来ない苦労と怒りと嘆きと笑いを語り合い、慰め合い、励まし合ってきた同志で、(/TДT)/あうぅ・・・・
(うちと同様、子供が居ないという環境も同じだったので、共通の話題が多かった)
(Ben器の中で暮らしてるような壮絶さは言うに及ばず)
(一つ間違えばガス爆発?とか感電死?とか)
(ホンに在宅介護は波乱満載)

うちのじじ様のお葬式にもコーちゃん(ダンナ)は参列してくださり、
(。´Д人)

その半年後にコーちゃんのばば様が天に召され、一年後には関西の長女さま(コーちゃんは次男坊の末っ子)が引き取っておられたじじ様も亡くなられ、
(コーちゃんばば様の時は地元の葬祭場だったので弔問に伺いましたが、じじ様は関西だったので後日お花を持参いたしました)

気がついてみれば、我が家のばば様は押しも押されぬ地元町会の長老の一人ですが、
(でも、まだまだ年上の御仁姐御は幾らでも要るという恐るべき超高齢者揃いの下町界隈)

コーちゃん夫婦にはいつも優しくして頂き、楽しいおしゃべりでばば様を笑わせてくださったりして、そーゆー楽しい傾聴が一番苦手のオニヨメは感謝してもし足りません。
(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)

とはいえ、

老親二人を無事送り、今後は自分たちの行く末だけ考えていけばいい筈のコーちゃん夫婦は

まだ50と45という若さ(若いよー!)ながら、介護後遺症なのか、あちこち身体の不具合が続き、

まきちゃん(コーちゃん奥様)は先日、急に足が腫れて歩けなくなってしまい、整形で検査したものの結局原因は分からず、そのうち何となーく治ってしまったり、

コーちゃんは顎下に気になる痼りが出来、大きい病院で精密検査受けるか迷っているとか(おできだと思うけど、心配ならきちんと検査してハッキリさせんと)、

コーちゃん&まきちゃん「もう若くないんですよー」
ばば様「何言ってるの、あんた達うちの子(POTE)よりずっと若いのに」

ホントですよねー。

でも、かくいう『うちの子(ワシ)』も、このところ折角ばば様が毎月順調にショート行って下さってるのに、

何の罰ゲームか、ほぼ毎回体調不良で寝込み、鼻カメラされるわ、吸入薬処方されるわで、

最近は連休中、左手首を痛め(どこぞに打ち付けたとか変に捻ったとか全然思い当たる節がないんだけど)、痛くて動かせないほどではなく、動かせば動くんだけどその都度妙に痛い。

特に瓶開けようと捻ったりすると親指の付け根から手首のラインがすんごく痛くて、冷湿布「モーラスパップ」貼りっぱなし。
アイタタターッ(ノд≦*)ゞ

(調べると、どうも母指CM関節症という軟骨がすり減る老化現象(笑)らしく)
(固定して消炎するくらいしか治療法が無い)
(手術で軟骨除去するとかもあるようだけど、そこまでじゃないしねえ)

年取るって、原因不明の痛い部分が増えることなんだな〜。
( = =)トオイメ... ...

痛みがあると気力が萎えるし体力も疲弊するし、そうそうポジティブにはなれない。
(´・ω・`#)ショボーン

遠出も趣味も新しい計画も、気力体力が充実してこそ為せるもの。

時々、痛みが薄れて、「あ、治った?」と思うんだけど、忘れて使って「ぎええ!」と悶える繰り返し(笑)

まあ、MAX時はトイレでジーパン上げ下ろしするのも難儀だったけど、それは普通にできるようになってきたし、このまま痛みが薄れていってくれればと気長に構えとります。
(;´∀`)・・・いたいなぁ・・・



>Aさん

急いてはことを仕損じる。
一切にケリがつき、自由に解放されてから好きなことを好きなように好きなだけ始めたい というお考えも理解できますが、

光陰人を待たず。

高齢者同様我々とて、ひと月み月半年先も現在と変わらず健在かどうかは分かりません。
気づいたら、あちこちガタが来たお年頃で、全面的リフォームに臨むというのはかなり厳しいかも。

業者を探し、図面を引き、仮住まいを探し、不用品を廃棄、保管荷物の選別、引越し等々様々な段取りを組むのには相当なエネルギーが必要です。
(うちはじじ様の大腿骨骨折を契機に今の家を建てましたが、まだ40、30代だったからできたとも思います)
(送り出しも葬儀も葬儀後も大変だけど)
(家建てるって金額も大きいし覚悟も手間も大仕事です)
(先日、15年ぶりに冷蔵庫を買い換えたんですが、冷蔵庫の中身の出し入れだけでワタクシ二日間使い物になりませんでした 大笑)

トレース台のお婿入りが良い契機となりますことを祈っております。
ガンバ!o( ̄へ ̄o)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

年くうことは忘れていたいけど 

そうなんですよねぇ。
万人に時間は平等に過ぎていく。
私たちだっていつまでも若いままでいるワケにはいきません。

ただ今
どういう方向に持っていきたいのか
夫婦で話し合い中。
とりあえず来週には業者さんに来てもらって
見積もりを出してもらうことになりました。
トレース台が発端となり
意外な早さでことが動き始めています。
それでもおそらくギリギリのタイミングだったかも。

ノンキな夫婦の歯車がガタピシ動き始めた感じです。
さて。今後の行方やいかに!?

POTEさんも左手首どうかお大事に。
  • posted by 山田あしゅら 
  • URL 
  • 2015.05/16 23:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

>山田あしゅらさま 

物事は無理に動かそうとすると擦れたり引っかかったりするものですが、「時」が至れば驚くほどにするすると流れに乗って、あれよあれよと変化変幻するものです。
好機の尻尾をがっちりつかんで頑張って下さい。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2015.05/18 11:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード