要介護2に下げられた認定調査では、

「着替えお一人でできるんですね、素晴らしい!」とか言われて、

あっさり調査票に 「できる」 記入されたようですが、
着衣_convert_20150508140833
↑の どこが 「着替えができている」 のか?

「できている」って介護者の手を煩わさないことだけを指すんですか。

外に出しても恥ずかしくないだけの整容ができていて、初めて「できている」解釈が成り立つと思うんですが。

そういえば、最初の調査員「寝返り打てますか?」

婆様「掴まれば何とか向こう向けます」

調査員「凄いですねー、お一人でできるんですね、大したものです」

その代わり、反対側向いたまま元に戻れなくてレスキューコールするけどねっっ。
(ホント、3に戻せてよかったわ〜)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 4

There are no comments yet.
山田あしゅら  
そうかっ!!

義父のショートでの転倒事故は
要介護1の判定が原因かも。

担当者会議で「この人はここまでしか出来ません」と
各方面(デイ担当やら、訪問看護担当やら、ケアマネやら)や
家族(ヨメ)から提言があっても
全て、関わるショートスタッフに周到するとは限らない。
『要介護1』の御旗が意識に油断を呼んだと言えなくないかもと
この記事を拝読して気がつきました。

見合ってない介護度は危険なことも。

この記事、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

2016/10/09 (Sun) 15:54 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>10/9 山田あしゅらさま

「できる」も「完全自立」「ほぼ自立」「できるけど不安定」「やる気はあるけど成功率低い」「たまたま成功(失敗)」まで種々ありますから。
施設を責めるのは酷な気もしますが、何より本人の過信もしくは自覚がないというのが最も大きな問題ですので対応する方も難しい。
(かくゆうワタクシも入院患者の自覚に乏しく、どーも看護師間でそーとー問題視されてたようです 笑)

リンクはどうぞご自由にー。

コメントありがとうございました。

2016/10/15 (Sat) 16:42 | EDIT | REPLY |   
山田あしゅら  
ありがとうございます

遅ればせながら、ご退院おめでとうございます。

POTEさんのブログ復活
心待ちにしておりました。
(でも、無理しないでね。)

当人の「イケちゃうかも~」は
介護側からしたら迷惑この上ないことですが
自覚がないだけにその迷惑の意味すら分からない。
家族ですらそうですので
責任の重さが加わる施設側の気苦労たるや・・・。


リンクご了承くださいましてありがとうございました。

当該記事については後日。

2016/10/16 (Sun) 21:37 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>山田あしゅらさま

三歩進んで二日休養…くらいのペースでいければいいかな〜と思っております。
動くのはさほど苦ではないんですが、立ち上がりや座る時の動き始めがやはり痛みを伴いますし、トイレがねー、いや、トイレ自体は極めて快調なんですが(笑)、Ben意Nyou意がこんなに痛いのかー?という鈍痛があってちょっと難儀しとります。
誰かに代わってもらいこともできない、自分の身体の疼痛ってしんどいなあと。
それでも、薄紙剥ぐように出来ることは随分増えてきました。
まー気長にいきます。

コメントありがとうございました。

2016/10/18 (Tue) 08:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply