WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

お疲れGoddamn Week

IMG_1900_convert_20150505201807.jpg
元ネタはコミックエッセイ「百姓貴族」by荒川弘。

農作業繁忙期突入の農家の方にとって連休(ゴールデン・ウィーク)なんぞ無縁のモノという自虐ネタ(荒川氏ご実家は連載当時農業)だったのですが、

農家さんに限らず、

サービス業(販売、物流、商業等々)の方、
家族サービスや冠婚葬祭で貴重な休みを費やす方、
(渋滞から無事帰宅なさいましたでしょうか)
(関越20キロだ中央道30キロだって、それもー全然動いてないってことだべさ)

そして、忘れちゃならない介護関係。
施設のかたも在宅の方もお疲れさまです。


不肖オニヨメも、

三食に、10時のお茶、3時のおやつ、デイの支度に勤しむ拘束生活とは言いながら、

婆様は週3、ご機嫌よくデイに通ってくださるので、

連休中のじゃっくさんと4時間「も」外出出来るようになり、

かつてのMAX期のように、トイレの中どころかBen器の中で暮らしているような状況に比べれば、極めて人間的な生活環境に落ち着いている身の上は、

前日夕刻、いきなり国賓が「家族で、明日行きます」と言って来ても、それほどブチ切れずお土産も用意して接待出来る余裕も戻って、

ワタクシにもそれなりに経験値もスキルも上がったおかげだとは思いますが、

正直、今は 天国 です。
(トイレ自立って素晴らしい)
(脳内クリアな分、嫁姑バトルは勃発しやすいけど)

それでも、連休の楽しそうな行楽地のニュース情景が恨めしいとか、

もうどこか別世界の無縁の話題にしか聞こえないような、

睡眠時間も満足に取れず、髪振り乱し、排泄汚れにまみれ、徘徊や妄言、興奮、Ben失禁の対応に追われ、

疲労困憊し、痛みに呻吟し、精神的にも肉体的にも追い詰められてる昨日のワタシがきっとたくさん居られる筈で。

どうか、土俵際ぎりぎりで懸命に踏ん張っている人の解放と卒業が1日も早く訪れますように。
(ワタシも早いとこ卒業してぇ)

そんな今年のGoddamn Weekも残すところ、あと1日。

介護に無縁な人も、
介護の真っ最中の方も、

何事もなく平常運転に回帰されますようお祈り申し上げます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

連休終了 

3泊4日だの4泊だのって全くの他人事ですよね。
それでもサービス業とか介護関係なんかは同じく
休めない。
世の中色々なんでしょうけれど、私達に連泊が
出来る日がくるのはいつなんでしょうね。
自分がまだ元気だからいいけれど、何かあっても
助けてくれる人もままならず、このまま年老いて行くのが
寂しいですわ。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.05/07 09:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

>みかんさま 

そうそ、世の中色々。
連泊先でもてなしに奮闘する親御さんや本家の女子衆、宿泊先、食事先、レジャー先の従業員、配達、整備、運輸関係、農業等々繁忙期で働いてる人だっておられますから。
ただ、ワタシ達は行ける条件を持ちながら、行けない環境にあるだけです。
再来週のばば様ショートには今度こそ止まりでどっか行きてぇ〜。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2015.05/07 20:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード