WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPそぞろ歩き ≫ 大人しく養生中

大人しく養生中

あまり、誰それのせいだとかいうのは憚られるところですが、

年末のインフル騒動で、一晩同室で見張ってた際、ばっちり貰っちまった気管支炎を、
後生大事に飼い住まわせ、
天候不順の体調不良に免疫低下が拍車をかけて、
かなり気道が傷んでいたことが判明。

いや〜なんだか息苦しいな〜とか、駅の階段普通に歩いて上っただけなのに、まるで全力疾走したみたいなこの動悸は何?とか、(その時点で自覚しろ)
歯磨きしてたらふらついたとか、食事ちゃんと摂ってんのにささくれとかひび割れが全然治んないな〜とか、
じゃっくさんからはお前物凄く息が臭い、胃ガンにでもなってんじゃないか?とまで言われたりしてましたが、
口臭については婆様からも指摘され、更にじゃっくさんに言わせると、ワタシ夜中呻いたり歯ぎしりしたりしてるそうで、全然安眠してないという衝撃の事実が。
(だって、いつもの更年期の不定愁訴かなーと)
(それにしちゃー随分しんどいような気もしたが)
(単に加齢のせいかと)

それもこれも、気道が腫れて充分に酸素が体内に取り込めていないが為の負の連鎖だった可能性が〜。
\(* ̄□\) ̄□\) ̄□\))))オォ~ット!!

レントゲンで肺の疑いはクリアされたので、再発の可能性は今回排除されたけど、咳と痰が絡む苦しさで(どうしても出ないのにずーっと喉の奥にへばりついてた)相当参って、

内心、爺様に伝言あったら聞いときますけど〜なんて気分でしたが、
(いや、ホント、次はワタシの葬式になるんじゃないかと思った)

結構強力目のステロイド処方して頂いたお陰で、漸く息苦しさも取れてきました。
明日辺り受診して、気道の音確認してもらわんと。

日頃の悪行が祟ったか、そんなこんなで今年はろくに桜も見ないうちに終わってしまい、
(婆様連れて行ったのは半分仕事みたいなもんだし)
(あの頃はまだ7部咲き位だった)

冬が戻ってきたようなとんでもない寒さで、ダウンにマフラーに手袋に暖房にと、到底遊びに行くどころではなく、

これはもう大人しく養生しろとの啓示と心得、
ステロイド飲んでは爆睡の日々。

でも、新聞屋さんがくれた割引券が使えたので、
IMG_1869_convert_20150416190702.jpg

無理せずちょこっとだけ六本木の新国立美術館に行って、
(かつての旧日本陸軍歩兵第3連隊駐屯地の跡地)
IMG_1867_convert_20150416190634.jpg

斬新な空間をちょこっとだけうろうろし、
IMG_1865_convert_20150416190520.jpg

地上階はカフェテリア(セルフ)
IMG_1863_convert_20150416190354.jpg

3Fはフランス料理、メインとパンにデザート、コーヒーで2,000円から。
この手前に2Fにもカフェがあって、そちらはも少し気軽な軽食が頂けます。
IMG_1864_convert_20150416190447.jpg

企画展のチケット半券提示で入場出来る展覧会もあったのでそちらもちょっとだけうろうろし、
IMG_1866_convert_20150416190949.jpg

六本木からお台場に出て
IMG_1873_convert_20150416194609.jpg

ちょこっとだけ
IMG_1871_convert_20150416190749.jpg

チューリップ祭りを見て回り、
IMG_1874_convert_20150416190820.jpg

汐留経由で帰って来たら
IMG_1876_convert_20150416190915.jpg

日テレの木原ちゃまと、くもジローがお天気コーナーのスタンバイ中ですた。
IMG_1875_convert_20150416190848.jpg

えー、病み上がりなので〜今日はこのくらいにして引き上げますぅ。
スタコラ スタコラε=ε=ε=ε=ε=(ノ ^ ^)ノ ウヒョヒョヒョ~~





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Comment

ゆっくり休んで下さい
編集
私も毎年気管支を患いまして
漢方のお世話になってます

やっぱり身体は正直でストレスや疲れがたまると体調は悪化します

ゆっくりと休まれてお体治して下さいませ
2015年04月16日(Thu) 22:11
編集
駅の階段を上がっただけで全力疾走の息とは
さぞきつかったことだと思います。
ゆっくり養生なさってください。
でも
ちょっとだけ 自分の時間を楽しめて
よかったですね^^
2015年04月17日(Fri) 06:39
編集
満身創痍ですね。
介護って、本当に介護者の体力気力を奪っていきます。
年数を重ねるほどに、ふんばりがきかなくなり、
想像以上に、ダメージくらっていたんですね。

私、25年以上前に長男の水疱瘡を次男と仲良くもらって、
治ったその後、またもや子供たちから夏風邪ももらって、
咳が1ヶ月以上続いたことがありました。
(その際、咳のしすぎで、またも子供と滲出性中耳炎に)

つらかったのはその後で、バス停まで早歩きして息が上がるだけで
30分以上激しい咳に襲われ、呼吸困難になったり、
今でも体力が落ちてくると、ゼロゼロすることもあります。
(後年、咳ぜんそくと診断されました)

当時は子育てに忙しくて(預けることもままならず)
自分の通院は、中耳炎の時だけでした。
早めに手当、養生すれば、ここまで引きずることもなかったのかと。

どうかご自愛くださいませね!
(でも、ちょっぴりでも気分転換できて、ようございました)

2015年04月17日(Fri) 07:11
編集
何をトチ狂ったのか
ここへのコメントを一つ前の記事にあげちゃいました
頭の体操で よろしく <(_ _)>
2015年04月17日(Fri) 19:02
>ツンデレさま
編集
爺さまのべんべんに振り回されっぱなしだったダブルMAX期に比べれば、どうも軽々に思ってしまうところが落とし穴でしょうか。
認知クリアでもその分要求は細かいし、体力あるからエンドレス昔話は終わらないし、それでいてやはり高齢者なので、折角頑張って要望に応えてもあっさり記憶から消去されているという(泣笑)。
ある意味爺さまよりも手強いかもしれんと今更ながらに思い知る同居15年目。
「大丈夫だよ、年寄りだからすぐ居なくなる」なんて見通し大甘のじゃっく信じた自分に腹が立ちますわ。

お見舞いコメントありがとうございました。
2015年04月17日(Fri) 20:04
>トルーディミミさま
編集
なんか変だな〜とは思ってたんですけどね。
でも、これでワタシが具合悪くして入院にでもなれば、もう介護しなくて済むかもなどとゆー身も蓋もない思いもちらちらと頭をよぎったのも確かです。
ここの家の人たちはヨメは転がしといても死にゃしないと本気で思ってますから。
まあ幸い、再発ではなさそうなので、取り敢えず気道の腫れを抑えて少しずつ復調していきたいです。

コメントありがとうございました。
2015年04月17日(Fri) 20:05
>miuさま
編集
子育て、介護中は自分のことは後回しになりがちですね。
運動不足で免疫低下なんて言われた日にゃあ、ワタシの生気奪ってんのはどこの誰だえ?と言いたかったです。
この家の人たちはワタシの体調悪化に自分達が関係してるなんて、これっぽっちも思ってませんから。
ああ〜、バカくさ。

コメントありがとうございました。
2015年04月17日(Fri) 20:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL