WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ ココロの均衡と安寧の為に

ココロの均衡と安寧の為に

ワタシの縄張り圏内にJRの高架橋があります。
IMG_1806_convert_20150314210707.jpg

電車通過時の橋下の大音響といったら、護岸コンクリ壁に反響して、もーそれは凄まじい轟音です。
IMG_1805_convert_20150314210624.jpg
ちょっとやそっとの怒号も歓声も聞こえません。
(*^ー゚)b グッジョブ♪

なので、ダブル介護MAX期にはチャリで往復する度、わざわざ電車通過を待って橋下に突入し、何度も罵詈雑言喚いてますた。
(* ̄m ̄)ぷぷぷ

色々ご批判も有ろうかと思います。

確かに喚いたって、何が変わる訳もなく、結局こちらが折れて、煮える腹をなだめつつ、誰もやりたがらない役をやるしかない現実を受け入れるしかないので。

それでも、声の限り喚いて罵りたいと思う本音を秘し隠し、とことん取り繕うにはあまりに苦しく、頭では納得しても身体が拒否って、動悸はするわ、眩暈はするわ、関節は痛むわ、不機嫌にはなるわで、

年寄り送る前にこっちが再発して頓死しそうだと本気で思ってたので、

せめて怒鳴って気持ちを発散させることくらいしないと保たなかったと思います。

皆様、良い介護者である事は素晴らしい、尊敬に値する偉業ですが、

無理は禁物です。

直接的な虐待や暴力は差し障りがありますが、

要介護者が死なない程度に放置して、ご自身を労わり尊重し甘やかしてあげないと。

介護で人生棒に振るくらいなら、不孝者不義理者の誹りなんざばっちオーライですわよ。
(大体、やらなかった外野が一番難癖つけてくる)
(手ぇ出さなかった奴はすっこんでな!





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

ホントだよ
編集
こんにちは。
ご無沙汰しております。
何やバタバタと気忙しい年度末。
別になにするワケでもないのに。
と、先ほど実家詣でから帰って来ました。

POTEさんのココロ均衡の拠り所は高架下。
私は運転中のカーステレオ大音響だったワ。
時にはじじを乗せた車内で
じじの存在を消すがごとく。

危険なので皆さまにはお勧めしませんけどね。
2015年03月26日(Thu) 16:07
同じ思い
編集
ホント。たま~に怒鳴りたくなりますわ。
住宅地高架橋はないので、部屋の壁に壊れないもの
スカーフ丸めたやつ、とか、靴下とかを壁めがけて投げつけてます(笑)
頑固ではなかったはずの父親も年とともに言うことを聞いてくれません。
もう、自分勝手とは彼のためにある言葉、というほどですわ。
冬用のやわらかい靴下ほど投げつけるのに便利~エヘ
ポテさん、腹から声を出して発散してくださいませ。
2015年03月27日(Fri) 09:03
共感!
編集
ボケた実母の存在が受け入れ難く、些細なことにイラつく自分が不甲斐なくて
自己嫌悪の刃から逃れたくても、なかなか放してはくれません

皆さんの経験に勇気をもらいます
気持ちは一枚ではないのですね
何枚も何枚も折り重なってるんですよね
みんな、さりげなく折り畳みながら
懸命に生きているんですね

今日も淡々とお世話をしています
こんな日もあり、どんな日もあり・・・
ありがとう♪
2015年03月27日(Fri) 09:41
確かに
編集
我が家の回りは山と田圃しか無いので絶叫するときは車の中

ガンガンにロックを大音量に掛けてドライブしながら思いっきり罵詈雑言

たまに私の車に乗る旦那はなんでロックがかかってるか不思議でしょうね(笑)
でもガス抜きは大事
本当に
手を出さない人に限って口を出す…何処も一緒です
やんなっちゃう

POTEさんのblog読んでガス抜きするのが絶叫と同じくらい生き返ります

楽しみにしてます
2015年03月27日(Fri) 10:23
No title
編集
私も2人介護の22年暮れまでは・・・
高架橋は、残念ないので自分は川に行って大声で泣いてました。
飛び込んだら絶対助からない・・・
入りませんでしたけど(汗)
その時は今は居ない老犬が居て散歩の途中です
更年期も重なって,一期にアレ終わってしまいましたよ
(検診の時いつまででしたか?って聞かれますが覚えてない。笑)
2015年03月27日(Fri) 19:25
>山田あしゅらさま
編集
どこかで発散しないとね〜。
やってられまへんわよね〜。
清く正しく運動や趣味で発散できればいいんですけど、地獄の釜が噴いてくると、お上品なことはやってられません、おほほ。

コメントありがとうございました。
2015年03月28日(Sat) 21:29
>みかんさま
編集
自己中、自意識過剰も認知症のなせるワザなんでしょうけれど、身近で世話してるものはたまったものじゃありません。
「介護は愛情ある家族の手で」って、愛情なんか3日で枯渇ですよ。
冬用のフワモコ靴下ならうちにもあります。メモメモ。

コメントありがとうございました。
2015年03月28日(Sat) 21:30
>i-yonさま
編集
たまの晴れの日、強風の日、土砂降りの日、暴風雨の日。
在宅介護は荒天続きです。
負けるなー。自分に負けるなー。
負けたふりしてネガティブ波をやり過ごして、隙を見て駆け抜けるのです。

コメントありがとうございました。
2015年03月28日(Sat) 21:31
>ツンデレさま
編集
罵詈雑言は人の耳に入ると醜く聞き捨てならないものですが、吐いてる本人のカタルシス(精神浄化)効果は絶大ですね。
間違っても書籍化されないであろう、毒気と瞋恚に彩られた拙ブログですが、場末の飲み屋の妖しい女将よろしく、お立ち寄り下さった方が少しでも息抜きして頂ければと思っております。

コメントありがとうございました。
2015年03月28日(Sat) 21:32
>農家の嫁さま
編集
「疲れてる」自覚って分かりにくいですね。
どうにも気が塞いで、苦しくて、辛くて、意を決して心療内科を受診して、なかなか合った薬に出会えず、ドクターを変え、そこで「鬱ではないと思います。疲労です」
ああ、ワタシ疲れてるんだ、疲れてるだけなんだ、抗鬱剤飲むより頑張るのをやめよう!オニヨメ宣言して抜けるだけ手を抜こうと決意して、現在に至ってます(てへ)
介護を全うすることは素晴らしい。しかし、その為に健康を損ない、人生を棒に振ってはならないと思います。

コメントありがとうございました。
2015年03月28日(Sat) 21:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL